毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

工房日記

続続挽きものオルゴール

蓋の裏側から挽きます。
これだけ大きい物を挽く時は厚みが薄くても外周を挽くと大きな力が掛かって振動するのでセンターを押して挽きます。外周部分が挽き終わってからセンターを外して中心部を挽きます。
IMG_2267

この後外側を挽くともうこの方向では掴めませんからこの段階で最終仕上まで研磨しておきます。
中心部も挽いたので直接センターを押さえると傷が付くので木の当て板をかませてセンターを押さえています。
IMG_2269

裏返して表側を滑らかに挽きます。
IMG_2271

旋削加工が終わったのでハンドルを取付ける溝をフライスで彫りました。
IMG_2273

こんな形になりました!
ここ連日の暑さで氷が恋しくなったのかも?(笑)
IMG_2274
 

続挽きものオルゴール

挽きものシリーズの最後はいよいよ72弁対応の250mmの大物です。
但しこれは栓の貼り合わせです。
外周をざっと挽いて蓋と実を切り離しますがまずパーティングツールで10mmほど切り込みを入れてからバンドソーで挽くことにしました。
但し円柱をバンドソーで挽くのは禁じ手ですから円柱の底に合板を木ネジで仮固定して挽きます。
こうすれば円柱が転がりませんから安全に挽く事ができます。
木ネジの穴は彫り込む部分ですから問題になりません。
IMG_2261

切り離し完了!
実側の5mmほどの段差はちょうど印籠の部分となります。
IMG_2262
 
外径を挽くと240mmになりましたが72弁のムーブメントはバッチリ入ります。
蓋の加工がまだですが今日の室温は暑かった昨日よりさらに暑いので今日はここまででギブアップして帰ってシャワーを浴びる事にします。(笑)
 IMG_2266

今日も猛暑!

天気予報では昨日よりは気温は低かったですが、今日はなんと私の体温を越えました!
たぶん、我が工房での最高記録と思います。
風があればまぁなんとかしのげるんですが、京都ではこんな暑い日に限って風がぴたりと止むんです。
IMG_2263
 

50弁挽きものオルゴール-2

蓋はくるいが出にくいように柾目材を貼り合わせて作ります。
まず2枚づつを貼り合わせて一晩静置しておきます。
IMG_2246
 

50弁挽きものオルゴール

外径195mmの黄檗、50弁のムーブメントを収納するには内径165mm必要ですから最小限の寸法です。
アクリル受けを残して側面の内側は少し太鼓状に挽きます。底は極力フラットに。
しかし、この黄檗という木ですが柔らかいんですけど実に挽きにくい木です!!
刃物が切れないと順目でもきれいに挽けないし、刃物もすぐに切れ止むんです。手加工や鉋掛けではわりと扱いやすいんですけど確かに機械加工はルーターやトリマーは焼けやすいし、良く切れるチップソーでもササクレが残りますね。
IMG_2239

厚みがないので底面は12mmだけ挽いて足か袴を付けることにします。
底面は中心部を約1.5mmだけ薄く挽きました。
IMG_2238

50弁ムーブメントがピッタリ収まりました。
IMG_2241

ストッパーは先日の30弁と同じプッシュ-プル方式ですが、中央の傾斜の付いたカムを押し下げることによってストッパーレバーを約2mm右方向に押して演奏を開始します。
IMG_2245

一発できれいに収まりました!
IMG_2243
 

ギヤボックス完成

ギヤボックスが完成しました。
この真鍮のシャーシだけの時は何とも薄っぺらい音で鳴るんですが硬い木のブロックを挟んでサペリの響板に取付けると俄然オルゴールらしい音色となります。
IMG_2232

後から見たところです。
ムーブメントはかなり前のサンキョー18弁です。この頃の物はガバナの羽根もまだ金属です。
響板の裏に支点となる小さな円柱を取付けたり、滑りの良い太鼓鋲を打ったりしてイメージ通りの動きに近づけるように響板とギヤボックスを何度も外しては調整します。そのため取付は木ネジではなく、タップを立てたり、エンザートを埋め込んでビスで固定するようにしています。
IMG_2233

かなりイメージに近い動きをするようになったのでドームを被せてみました。
昔のおもちゃにこんなゼンマイのハンドルが飛び出たのがあったように思いますが・・・ミニーマウスのリボンのようにも見えます。(笑)
IMG_2235
 

ニューギヤボックスの試作

ジャンク箱を整理していたらイエローサブマリーンを作った時に余分に買ったジュラコンのギヤが出てきたので、なにか創作意欲がむらむらと湧いて、新しいギヤボックスを作ってみました。
ジュラコンですからあまり大きなトルクには耐えられないので18弁ムーブメント用です。
まずギヤボックス本体となる真鍮の角パイプに穴開け加工をします。
写真はベベルギヤの噛み合う角穴をフライス加工しているところです。
IMG_2211

3日間の自宅待機中に詳細な図面を作成しておいたので作業が順調にはかどります。(笑)
IMG_2229

今回はムーブメントの巻き上げ軸と出力軸を直交させたかったのですが標準のムーブメントでは片方にしかシャフトが出ていないのでスパーギヤを一枚入れて巻き上げ軸と出力軸をその分ずらしてあります。両軸のムーブメントが手に入ればこんな苦労はいらないんですけど・・・。
一応、想定通りに動きました。スパーギヤは1:1、ベベルギヤは3:1なので出力軸は3倍のスピードで回転します。
さて、このギヤボックスを何に使うかはまだ内緒です。
IMG_2212

自宅待機

今日は午後から雨が少し小降りになったので工房へ出かけましたが、昨夜から降り続く雨で工房への山道は川のようになり、山側の崖からは滝のように水が落ちています。
枯れた竹が2本ほど山道に倒れていたのは簡単にどけられましたが奥の方に一本太い青竹が根こそぎ倒れていました。これは重量もあるので 切るしか仕方がないのですが、まだ雨が降っているので今日は断念して引き返しました。
明日も昼までは激しく降るようなのでいつ工房へ行けるのか心配です。 
そして、あの竹は誰が切るんでしょうか?私が切ることになるような気もするんですが・・・ (笑)

18弁ウエーブボックス用ストッパー

昨日の18弁ウエーブボックス用のストッパーです。
このタイプは現在、すでに見ることはありませんが、30年以上前のルージュにはよく使われていたようです。
錘り式と言うのかシリンダー式と言うのかよくわかりませんが細いロッドに貫通した筒(シリンダー)状の錘りがオルゴール本体を傾けることにより、重力でシリンダーが移動してガバナの回転羽根の回転を止める構造です。
オリジナルではロッドには1mmくらいの鋼線が使われていますが1mmではロッドの先端からシリンダーが抜け落ちないようにするための加工が私にはできないので2mmの真鍮棒を使いました。
シリンダーも真鍮の5mmの棒のセンターに2.1mmの穴を開け、途中までは3.7mmのドリルで段付穴にしてあります。
2mmのロッドの先端には抜け落ち防止用のピンを打ちますが0.7mmのドリルで丸棒のセンターに開けるのは至難の技です!
しかし40年以上前に買ったこの0.7mmのドリル、すばらしい切れ味なんです。多分、出張の帰りに秋葉原のジャンク屋さんで見つけて買った物ですが10本セットでまだ7本残っています。
当時はオーディオをやっていましたからプリント基板の穴開け用にしか使っていませんでした。(笑)
ケースには「東芝タンガロイ」と銘打ってありますから材質はタンガロイ=タングステンアロイ、つまり酸化タングステンの超硬ビットなんです・・・良く切れるはずや!
当初、1mmのハイスドリルで開けようとしたんですがポンチを打っても刃先が逃げる、逃げるで2回失敗したあと、もしやと思ってこのタンガロイを使ったところ、ポンチなしでも一発でセンターに開きました!
IMG_2217

で、この小穴に打ち込むピンですが最初予定していた1mmの真鍮釘(写真中央)では太すぎるので在庫の0.8mmの真鍮ワイヤーを使いました。
IMG_2222

ワイヤーを適当な長さにカットして旋盤で掴み#400のサンドペーパーで摘むようにして磨り減らします。少々テーパーが付きますが打ち込むのにちょうどよいかも。
IMG_2220

ロッドの0.7mmの穴に入るようになりました。
これで10mmくらいの長さに切ってロッドに圧入し、両端が0.7mmずつ残るようにカットして磨きました。
IMG_2221

ロッドにシリンダーを通してから現物合わせで慎重に曲げたら、反対側の端を金床の上でハンマーで叩いて伸ばします。巾が5mmくらいになったら3mmの取付け穴を開けて周りをきれいに切り取ります。
これをムーブメントの櫛歯を留めている片方のネジを外して共締めすれば完成です。
写真はシリンダーが右に寄った演奏状態です。
IMG_2224

ムーブメントを左に傾けるとシリンダーが重力で左にスライドしてガバナの回転羽根に当たり、演奏が停止します。
見た目も楽しいし、ムーブメントを見えないようにした場合はちょっとミステリアスな感じですので小型のオルゴールにはとてもいい機構だと思いますが、これ作るの大変ですわ!
IMG_2225

 作ってから気が付きましたが、この取付け方ならシリンダーはガバナのカバーに当たって止まるので抜け止めピンは必要ないですね! そうすると取付側の鍛金加工から始められるのでロッドの曲げ加工がずいぶん楽になりそうです。

18弁ウエーブボックス

さて最後に残った18弁のウエーブボックスですが、蓋の裏に流れ星を螺鈿で入れる事にしました。手持ちの白鳥貝ですが、厚みが0.15mmしかないので漆を使わい場合は薄すぎて使いにくいです。0.5mmくらいある方がやりやすいんですが・・・。0.5mm深さに溝を彫ってエポキシ系接着剤で固定しました。
接着剤が乾いたら研ぎ出します。
IMG_2201

蓋の裏を7mm彫り込んで螺鈿のローズウッド(4mm厚)を嵌め込んで接着しました。
IMG_2205

蝶番を取付けて完成しました。
あっ、曲はもちろん「星に願いを」です♬
私のオルゴールにしては珍しくアクセサリー等の小物が入るスペースがあります。(笑)
18弁の最近のムーブメントは見た目もあんまり心を奪われるようなものではありませんので・・・。
ストッパーは昔のリュージュにあった錘り式の物を再現してみました。
箱を持ち上げて星に祈りを捧げるように右に傾ければ演奏を開始します。
IMG_2215

 
プロフィール

野山のおるごーる仙...

ギャラリー
  • 続続挽きものオルゴール
  • 続続挽きものオルゴール
  • 続続挽きものオルゴール
  • 続続挽きものオルゴール
  • 続続挽きものオルゴール
  • 続挽きものオルゴール
  • 続挽きものオルゴール
  • 続挽きものオルゴール
  • 今日も猛暑!
最新コメント