毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

工房日記

毎日、山ごもり
定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

真オーバルボックスの製作-12

蝶番を取付ける前に楕円の膨れた部分を鉋で45°の大面を取ります。
この部分は蓋を開けた時のストッパーにもなります。
IMG_3235

蝶番の取付け、蓋の指掛かり、アクリル保護板の穴開けなど最終工程が完了したので一旦バラして掃除をし、オイルを塗布しました。
IMG_3237
 

真オーバルボックスの製作-11

やっとオーバルボックスの蓋ができあがりました。
IMG_3226

蝶番を取付けるために蝶番のセンターを出します。
長方形なら何の苦労もいりませんが楕円なので少々やっかいです。
まず接合部のセンター同士にスケールを固定し長方向の中心から垂線を立てて蝶番のセンターをケガきます。
IMG_3229

蝶番を当てがって輪郭をケガキます。
IMG_3230

この鉛筆のマーキングが彫り込む長さとなります。
IMG_3231

以前製作した蝶番彫り込み用のジグにセットして深さと奥行きを設定したらあとはトリマースタンドで簡単にピッタリの切り欠きが加工できます。
IMG_3233

蓋の方も本体に合わせて同様に加工しました。
IMG_3234
 

契り溝加工ジグ

4月に開催することになったチェンバロとオルゴールのコンサートの打合せでお昼に啄木舎さんに行ってきました。持参したオルゴールをチェンバロの上で演奏するとびっくりするほどの共鳴の効果が!!
あまりにびっくりしたので写真撮り忘れました〜。コンサートについてはまたその内にお知らせします。
そしてその合間に急いで作ったのがこれ、契り溝加工ジグです。
現在製作中のオーバルボックスの蓋の枠に契り加工するためのものです。現在使っているジグもあるんですが直角部分に加工するために作ってあるのでいろいろと制約があったりして変形物には使い辛いんです。端材を活用しているのでいろんな樹種からできています(笑)
IMG_3223

こんな感じでクランプして昇降盤で加工します。
IMG_3222

ワークをガッチリとそれでいてソフトに固定するバイス部分を上から見たところです。
IMG_3220

バイスの先端の”まんじゅうナット”です。
このくらいの角度で360°自由に首を振れるようになっています。
IMG_3224

まんじゅうナットの内部です。
ボルトは市販のM10六角ボルトの頭を旋盤で球面に加工した物で滑りがいいようにバフ研磨しました。
球面に当たるヘッドの内側は45°の大面を取ってヘッドが動きやすいようにしてあります。後側のピースはボルトの頭が自由に動けるほどのバカ穴にしてあるのでボルトを締め込んで行くと自動的にヘッドがワークにぴったり付いて広い部分で平均的にソフトに押さえることができます。
IMG_3219
 

真オーバルボックスの製作-10

ラジカセが完成したので本道のオーバルボックスの製作を再開しました!
枠の内側のカーブをカットし、鏡板の入る溝を切りました。
鏡板がしっくりと収まり、かつ四方の留めがぴったり合うように調整します。
接着剤を塗るともう修正はできないので最も気の抜けないところです。
IMG_3197
 
キハダのオーバルボックスの蓋は裏にエンジェルの木象嵌を施します。
まず輪郭の内側を0.5〜1mm残して3mmのトリマービットで深さ2mm彫り込みますが絶対にはみ出てはいけないので非常に緊張する作業です。
IMG_3213

ノミと彫刻刀で輪郭を少しづつ掘っては合わせて行きます。
これもとても根気のいる仕事です。
IMG_3215

接着剤を塗ってエンジェルを嵌め込み、釘挽き鋸で余った分をカットします。
IMG_3216

響板の中央部だけ研磨して完成です。
なぜか市松模様の中を天使が飛んでおります♫(笑)
IMG_3217

象嵌ができたのでオイルを塗布しました。
明日はいよいよ組立です。
IMG_3218
 

ラジカセおるごーる完成

これは”ラジカセ”の裏側ですが、響板は本体のちょうど中間位置にあるのでこのウォールナッツの裏板との間で共鳴箱を構成します。裏板の中央部にはトーンホールを開けました。また裏板の中央部は厚み6.5mm周辺部は約5mmに削って微妙なカーブを付けてあります。
これによっって30弁のムーブメントでもバランスの取れた豊かな音色で鳴ってくれるようになりました。
IMG_3205

専用の超ロング巻上げハンドルです。
IMG_3207

全てのパーツです。
IMG_3211

最終磨きをしてオイルを塗布しました。
IMG_3212
 

やっぱりオルゴール!

ラジカセみたいなオルゴールがあってもいいじゃないか!!
ということで先日のオーバルの端材はこんな形になりましたが、オルゴールとしては結構斬新なかたちと思います。このイメージ図だけで作って行きますので若干の変更、いや大幅な変更があるかもしれません(笑)
しかし、形だけではなく音色にもこだわっているんですがその辺はまた後ほどに・・・。
00010V


上下のピースをビスで固定する構造にしたのでM3トラスビスの頭が入る径で座グリを行い、下穴を開けます。位置がずれないように響板を嵌め込んで養生テープで上下ピースを固定し、ボール盤のテーブルに特製バイスでガッチリ固定して加工しました。
IMG_3193

上のピースにM3エンザートを埋め込むための下穴加工です。
IMG_3194

エンザートを慎重に埋め込みます。
IMG_3195

足になるφ22.7丸棒に80mmの長さだけ切り欠きを入れます。これが下ピースとの接合部になります。
IMG_3196
 

真オーバルボックスの製作-8

ウォールナッツの蓋の裏を鋤取るためのジグを作りました。
長方形であればX-Yテーブルとボール盤に付けたルータービットでわりと簡単にできるんですが楕円となるとそう簡単にはいきません。6mmと9mmの合板を接着して15mm厚のテンプレートを作りました。
単純に15mm厚のボードがなかっただけなんですが・・・結果的にこのバンドソーの切り欠き部分の段差が出ないように合板の切れ端を接着して安定した物になりました。
IMG_3180
テンプレートガイドに嵌め込むリングです。
左から20mm(ビットの径と同じ)、22mm、24mmです。
これらを交換することによって切り込む大きさを1mmステップで調整できます。
IMG_3178

下の写真は24mmのリングを装着したところです。
IMG_3181

一回目の切削、深さは9mmです。5回に分けて切削しましたがここで中央部の切削時にトリマーベースが短いので安定に切削できないことに気付きました!
あす、ロングベースを作ることにします。
IMG_3182
 

真オーバルボックスの製作-7

蓋の鏡板の面取りをするビットを新しく注文したので蓋の加工はちょっとおあずけ。
超硬ビットの刃裏をダイヤモンド砥石で研磨して使っていましたが研いでも切れ味が悪くなり加工面が焼けやすくなってしまいました。
今日はアクリル板を楕円にカットして本体に合わせました。
隙間が空くとみっともないので若干大きめに慎重にカットして少しづつ削って合わせますがはまり具合を見ながら削っては合わせの繰り返しです。3台で半日近くかかってしまいました! 長方形なら寸法を測るだけで1台10分もかからないんですけど・・・。
IMG_3175

アクリルを削りながらオーバルボックスの端材というには立派なブロックの用途が閃いたので早速カーブに沿って13mm厚にカットしました。
さてさて何になるかおたのしみです(笑)
IMG_3176

縦にするとどこぞの羽根のない扇風機のようでもありますが・・・もちろん風は出ませ〜ん!
IMG_3176v



真オーバルボックスの製作-6

蓋の枠に使う柾目材を所定の寸法に切り出し昇降盤で少しだけ長めに45°カットします。
IMG_3171

型紙に合わせてピッタリの寸法で正確な45°になるようにマイタートリマー(通称ギロチン)でトリミングカットしました。
IMG_3172

型紙をスプレー糊で貼付けました。
明日、気合いを入れて曲線カットをします。
IMG_3173
 

真オーバルボックスの製作-5

左右の接着部分にφ38のスロットカッターで切り込みを入れ、φ38に切った契りを入れました。
接着剤が乾いたら余分を釘挽き鋸でカットします。
IMG_3165

バンドソーで外周をカットしました。
この時点でやっとオーバルの形が誕生です!
IMG_3166

外周をサンドペーパーで仕上げました。
IMG_3167

前後のアクリル受けを長さをピッタリ合わせてカットし、接着しました。
IMG_3168

接合部のクローズアップです。木目もきれいに揃いました。
次は蓋の製作に取りかかります。
IMG_3170
 
プロフィール

野山のおるごーる仙...

ギャラリー
  • 真オーバルボックスの製作-12
  • 真オーバルボックスの製作-12
  • 真オーバルボックスの製作-11
  • 真オーバルボックスの製作-11
  • 真オーバルボックスの製作-11
  • 真オーバルボックスの製作-11
  • 真オーバルボックスの製作-11
  • 真オーバルボックスの製作-11
  • 契り溝加工ジグ
最新コメント