毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

工房日記

嬉しいプレゼント!

今日は午後からギター仙人が木工バイスと8mmのルーターを取りに来てくれたんですが、こんな嬉しいプレゼントを持って来てくれました!
レーザー墨出し用のマーカーなんですが、この機種はX-Yの十字線はもちろんですがどちらか片方だけを放射する事ができて、さらに自動レベリング機能をOFFにすることができます。
本来の用途は建築や土木作業で水平線を出す事とそれに対する垂直な線を出すことですが、我々が使う場合はある基準線や面に対する垂直を求める事が多いのでオートレベリング機能のOFFというのは非常にありがたいです。
レーザーは635nm(赤色)Class ll (1mW未満)、ケースはIP55ですから防塵、防水構造です。一桁目の”5”は防塵の等級で完璧な防塵ではないが機器の正常な作動を妨げる量の粉塵が侵入しない構造、二桁目の”5”はいかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない構造です。
低コスト製品ながら、なかなか良くできてますが惜しむらくは輝線の巾が少々広い事です。
このまま水平面に置いても使えるし、三脚や付属のマグネット式アングルにも取付け可能です。
IMG_1210

我が工房での用途としては耳付き材等の大きな材を製材する前に手持ちの丸鋸で基準面を作るためにカットしますがその時に墨付けなしで、この輝線の通りにカットするという使い方、多分、これに一番活躍するのではないかと思います。

次に使えそうなのがバンドソーのテーブルとブレードの直角度の確認です。
これはブレードにテンションを掛けた状態でテーブルの上にオートレベリングをOFFにした本器を置くだけで非常に簡単に確認できます。但し正確に確認するには本器の底面とX輝線が完全に平行であるかをチェックしておかなければなりません。これは後日、確認したいと思います。
本器の底面は三脚の雲台に取付けるために中央が凹面になっているので3mm厚くらいのアルミ板を取付けて全面フラットにし、調整する必要があるかもしれません。
IMG_1198

その次はボール盤にクロステーブルを乗せて簡易フライスとして使う場合に途中でテーブルの昇降を行うとせっかく合わせたテーブルの角度がずれてしまいますがテーブルのセンターにマーキングしてレーザーを当てておけばテーブルを昇降しても元の角度に正確に合わせそうです。
IMG_1199
 
他にも用途はありそうですがそれを考えるのも楽しみの一つですね。
ギター仙人さん、ありがとうございました! 

100弁オルゴールの製作-5

ハンドルの型紙をスプレー糊で3mm厚の真鍮板に貼付けます。
IMG_1176

裏面には加工時に擦り傷が付かないように養生テープを貼っておきます。
IMG_1177

穴開け位置にセンターポンチを打ちますがこれで穴の加工精度が決まってしまうので慎重に打ちます。
IMG_1179

3.2mmのドリルで下穴を開けた後、角穴は裏側から6.5mmのドリルで拡げます。
こうすると少しでもバリを少なくする事ができます。もちろんドリルはよく切れるように研いでおかなくてはなりません。
IMG_1180

6.5mmで開けた穴をヤスリで削って7mmの角穴にします。
IMG_1186

反対側の3.2mmの穴にはM4のネジを立てます。
IMG_1187

いよいよ曲線挽きする前に各ハンドルの隙間にちょうどM4のロックナットを作れるスペースがある事に気付いたのでケガキ線を描いて穴開けし、M4タップを立てました。
IMG_1188

いよいよバンドソーで切り抜きます。
LUXOのUNIQUE.32はもともとコンターマシンとして設計されているので、この程度の金属加工なら軽々とこなしてくれます。
IMG_1190

巻き上げハンドルとロックナットが完成しました。
IMG_1192

昨日作ったハンドルシャフトとノブ固定ネジを取付けてみました。
ウン、なかなかいい感じと思います。
IMG_1194
 

100弁オルゴールの製作-4

金属部品の製作が続きます!
真鍮のナットや特殊ネジ等の細かいパーツをせっせと作っていますが3台分ともなると6角袋ナット等は18個必要ですから、ちょっといやになってきます。
そしてこの旋盤加工というのはとても腰の疲れる作業なんです。
小さいパーツの削り具合を真上からルーペで見ながら加工するので上体は前屈みで同じ姿勢を保つために足や膝にも結構負担がかかります。
IMG_1172

それでも真鍮を挽いて仕上のバフを掛けると真鍮独特の美しい光沢が現れます!
IMG_1173

出来上がりの美しさを想像しながらひたすら挽いていると少しくらいの苦労は苦になりません。
IMG_1174
 

ベンチバイスの製作

先日ギター仙人の工房へ遊びに行った時にバイスのネジが余っているからあげるよと言いましたがこのネジだけでは使い様がないのでベンチバイスを作りました。
このバイスネジは古い小学校の工作室のバイス用で長さ300mm(有効長は240mm)ネジ径は20mmの頑丈な物です。
IMG_1142

制作過程は写真を撮り忘れたのでありません。
ジョーは巾250mm、高さ120mm(有効高さ80mm)、厚み20mmの水目材です。
ガイドバーは直径18mmのその辺に転がっていたステンレスパイプ、ハンドルは長過ぎて使いにくかったので8cmほど切り詰めました。
最大開口は2枚のジョーとフランジ分の厚みだけ差し引いた180mmになりました。
IMG_1164

前面のジョーには可動式のストッパーを設けました。
ワークベンチの上で小さな材を鉋掛けする時に便利です。使わない時は一枚目の写真のように下げて固定しておけばじゃまになりません。
IMG_1165

横からみた写真です。左側のジョーを手前左にちょこっと写っている補強板を併用してワークベンチに固定しますが、これはワークベンチのトップの面にピッタリ合わせるために現場施工となります。この作業はギター仙人におまかせしましょう。(笑)
IMG_1166
 

100弁オルゴールの製作-3

New100弁オルゴール本体の木取りが完了しました。
材は柾目のウォールナッツ、蓋の鏡板はタモ杢のブックマッチです。
IMG_1163
 
真鍮素材が入ったので機械加工を行いました。
先ず、10φ丸棒の先端をフライス加工で四角に削ります。
IMG_1168

反対側も短い四角形に削って、こちら側にはセンターにM5のタップを立てました。
60mm長さが2本と40mmが1本です。
IMG_1170

このロッドには図面の〜形を3mm厚の真鍮板で作って取付けるとゼンマイ巻き上げ用のハンドルになります。
今回の巻上げはラチェットレバーではなく昔の柱時計のような取外し式のハンドルにします。
柱時計のようなトンボ形では面白くないのでさらにレトロ感のある〜形にしてみました。
オルゴールはネジを巻くのも楽しみの一つですから・・・(笑)
IMG_1171
 

100弁オルゴールの響板製作-2

所定の寸法に切り出した響板を3枚重ねて昨日作ったテンプレートを養生テープで固定します。
穴開け位置に正確にポンチを軽く打ちます。
IMG_1129

ドリルで穴開けし、糸鋸盤で切り抜きました。
ヤスリとサンドペーパーで仕上げて3枚一度に完成です!
IMG_1132

ムーブメントに合わせてみました。取付け穴の位置もぴったりです。めでたし、めでたし。♫
注文したベベルギヤはメーカー在庫が無いらしいので2週間ほどの納期待ちとなります。
真鍮素材が入荷したのでその間、金属加工と本体の木取りに専念する事にします。
IMG_1133
 

100弁オルゴールの響板製作-1

新しい100弁のオルゴールの製作開始です。
まず、響板から作りますが72弁や50弁に比べると複雑な穴加工になるのと続けて3台作ることになるのでテンプレートから製作します。
原寸大の図面を合板に貼付けて各穴のセンターにポンチを打ちます。
IMG_1112
 
ドリルで穴を開け、糸鋸で切り抜きました。
今回は巻き上げ機構を変更しますが注文中のベベルギヤが入荷してから穴開けを追加します。
IMG_1119
 

久々の製材-3

栓の基の部分です。いちばん巾の広いところで700mmほどあるのでルーターで平面を出すつもりでしたが、捻れはなく反りもわずかなのと素直な木目なので手鉋で仕上げる事にしました。
先ずは木裏の凸面からです。いつものように横ズリで平面をザッと出します。
IMG_1121

平面が出たところで木目方向に鉋を掛けました。
IMG_1120

仕上げ鉋を掛けて木裏面は終了です。
鉋掛けをすると暖まります!最初は着ていた作業服を脱ぎ、次はセーターも脱いで、肌着とシャツだけですが汗が出て来ます! これは冬に最適の作業ですね。
IMG_1122

次に木表側を削りますが、なんですか?この段差は!!
12月に産文で見た時、思わずえっ、これって3枚接ぎ?と言ったくらいの鉋まくらがくっきり・・・
IMG_1123

1.5mmくらいの段差があるんです! しかもこんな素直な杢なのに逆目も出てる!!
よくこんな物を売りに出しますね!プロの製材屋さんの仕事じゃない!!!
こんなプレーナー仕上ならバンドソーで挽きっ放しのほうがましです。
平均すれば平面はほぼ出てるんですが・・・そういった問題じゃないでしょう。
ちょっとこれはいただけませんが、材は目の詰んだ素直でおとなしい材です。
IMG_1124

鉋で端から均して行きます。
IMG_1126

奇麗な栓の両耳付きの板が2枚できました!
IMG_1128
 

久々の製材-2

バンドソーのブレードを交換してスプルースを挽きます。
仕上がりは7.5mm厚ですが、余裕を見て9mmで墨を入れてあります。もちろん、挽く前に平面と矩を出してあります。
思っていた通り、目立てしたばかりのブレードでも250mm巾のスプルースは実に挽きにくい!!
比重0.4前後、柔らかくて軽い材なんですが、繊維が硬いのかな? まずスムーズに切れない、一旦切れ出すと走り出す!(刃が食込んで勝手に材が前方に動こうとする)走り出すと制御不能となるのでしっかりと材をホールドしなくてはなりません。強く押すとブレードが材の中でたわんでしまうので、ゆっくり慎重に挽かなくてはなりません。ウォールナッツの同じ寸法の材に比べて倍以上時間が掛かり、しかも油断ができません。
まぁそれでもけっこうきれいに挽けました。
IMG_1113

時の音色さんの分も製材完了です。
右後方の栓や手前左の黄肌は330mmの巾がありますが250mmのスプルースに比べるととても挽きやすかったです。(笑)
IMG_1115

12月に購入したオリーブの乾燥材を挽いてみました。
IMG_1114

独特の縞模様が現れますがかなり重くて硬い木です。
IMG_1116

こちらは20年以上前に買って倉庫に眠っていたむちゃくちゃ重たい木
材木博士のT氏によるとこれはブラジル原産の「ジャカランダー・パルド」という木らしいです。
そう言われればブラジリアンローズに少し雰囲気が似ているような気もします。但し芳香はほとんどありません。
それにしても重い木なので試しに製材した1本を測ってみたら1067g、体積を計算すると1036㎤だったので比重は1.03・・・水より重いことになります。

ちなみにオリーブは比重0.85、スプルースは0.42でした。
IMG_1117
IMG_1118

 

久々の製材

時の音色さんが12月に産文で購入した栓の幅広材です。
一番巾の広い元の部分は40cm高さの板を2枚取ります。
木口の部分は必ず細かい割れが入っているのでその分を見越して1枚目は50cmくらいのところでカットします。
IMG_1107

2枚目をカットしました。
これらの2枚は耳付きのまま使うらしいので後は平面を出して完了です。
IMG_1109

残りの末の方は中央の板目を活かしてプレーナーの最大巾330mmに木取りします。
IMG_1110

こちらはこれから製作する100弁オルゴール用の響板になる柾目のスプルースです。
巾は250mmにカットして7mm厚さに挽きますがスプルースは柔らかい割りに挽きにくい材なので明日、バンドソーの刃を目立てしてもらった物に交換して、気合いを入れて挽く事にします。
IMG_1111
 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 嬉しいプレゼント!
  • 嬉しいプレゼント!
  • 嬉しいプレゼント!
  • 100弁オルゴールの製作-5
  • 100弁オルゴールの製作-5
  • 100弁オルゴールの製作-5
  • 100弁オルゴールの製作-5
  • 100弁オルゴールの製作-5
  • 100弁オルゴールの製作-5
最新コメント