毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

工房日記

i さんから注文いただいた橡の俎板です。
指定の寸法通りに材を切り出してプレーナーを通したら6面すべてに手鉋を掛けて仕上げます。
サンドペーパーで仕上げると表面はマット面になり、微細な凸凹が多く表面積が大きくなるのでカビが生えやすくなります。
IMG_5936

木口面も鉋で仕上げます。
そのまま掛けると削り終わりでまくれるので削る前に必ず面を取っておきます。
IMG_5937

全ての面を鉋で面取りして完成です。

i さんの俎板はこれで3枚目です! ありがとうございます。
IMG_5939
 

いけず小町はんが完成しました。
チェック柄の座布団にちゃっかり座って澄ましておりますが、なかなか様になっているようで・・・
IMG_5941

蓋を開けるとこんな感じですが、一見通常のオルゴールです。
音色は・・・桜の材の一木作りのためか30弁とは思えないほど引き締まった音を奏でてくれます。
響板の厚みに変化を付けたのも効いているかもしれません。

いけずだけとちごて音色もよろしおすえ! ほな4月の個展でお会いしまひょ。(小町)
IMG_5942

 

バターケースが3箱できました。
樹種は希少材の榧(カヤ)、実にシンプルな形ですが、この方が冷蔵庫の中で収まりがいいんです。
仕上は蜜蝋ワックスを拭き込んだだけですが使う程に中に入れたバターでさらに深みを帯びたいい色になってきます。
IMG_5940
 

今日は昼前から気温がぐんぐん上がり、ティータイムのお声が2度もかかって、2回とも屋外でしたが暖かくて風は涼しく、とても心地の良いティータイムでした。

工房敷地内、お向かいの梅がやっと満開になりました。
これから辛夷、木蓮そして桜と順番に咲いて行きます。
花壇のチューリップ達も緑の芽を急速に伸ばして来ました。
IMG_8602

今度は朴と橡の角材で市松模様を作ります。
朴と橡を交互に貼り合わせて平面と直角を出します。
角材は9.5×11mmですが、4面をプレーナーを通して直角をきっちり出しておきます。仕上がりに大きく影響します。
 IMG_5924

昇降盤のブレードを1.6mmの薄刃に替えて9.5mm巾にクロスカットします。
それでも19回カットすると30mm(約3コマ分)は大鋸屑となってしまいます。
IMG_5925

クロスカットしたパーツには切った順番に番号を振っておきます。
精度の良いカットが出来たとしても機械の誤差や癖があるので隣同士の方がしっくりと合います。
また、一コマづつずれるとはいいながら木目や色味のグラデーションも自然になります。
(これ、バラバラにしてしまうと元通りの順番に合わせるのは木目の目立たない木を使っているので至難のわざです。)
交互に一コマづつずらすと9.5mmの市松模様になります。
IMG_5928

例によってはみ出た接着剤で締め具にくっ付かないようにサランラップを敷いて圧着します。
IMG_5929

はみ出たコマを切り落とせばチェッカーフラッグのできあがりです。
コマの数を奇数にすれば左右対称、偶数にすれば非対称となります。
IMG_5933

周囲にゆるやかなアールを付けて、飾り面を取り、「京のいけず小町」さんの座布団になりました。(笑)
IMG_5934

突然タイトルが変わりましたが、そう、まぎれもない寿司桶の続きです(笑)
なぜ、「いけず」なのかって?
それはちょっとストッパーが普通とは違うんです。
 IMG_5920

「いけず」オルゴール用のストッパーの全部品です。
IMG_5923

ストッパーを組立てたところです。
独立したアクチェーターが2つあります。
今日はこのストッパーユニットの製作に丸一日を費やしました!(とても充実した一日でした・・笑)
IMG_5922

本体にセットするとこうなります。
どんな「いけず」をするのか?・・・気になる方は4月の〈オルゴールと木工展〉へどうぞおこしやす!!

さてさて、基本動作がうまく行ったので一旦全部のパーツをバラして仕上げ、オイル塗装を施し、最終組み立てとなります。
IMG_5921

蓋の矢絣が接着できたので表面を旋盤で緩やかなアールに削ります。
今回は4種類もの異なる樹種が交互に混ざり、木目も交錯しているので引っ掛けてしまっては苦労して作った矢絣が元も子もなくなってしまいます。そこで大事を取ってスクレーパーで挽く事にしました。
スクレーパーはキャッチの確率が低い安全な刃物ですが切れ味が若干悪いので通常は仕上には使いません。今回はラウンドスクレーパーをグラインダーで慎重に研いで、刃先を#2000のダイヤモンド砥石でキラリーンと光るまで研ぎ上げた物を使いました。細かい削くずを出しながら少しづつ削るとスクレーパーでもかなり奇麗に仕上がりました!
サンドペーパーも#400から掛けられるので(通常は#120から)かえって早く出来ました。(笑)
IMG_5911

まずまずの出来映え(自己満足)
IMG_5914

本体と蓋をマスキングテープで固定して蝶番を取付ける面を欠き取ります。
IMG_5915

蝶番を所定の位置にテープで固定して木ネジのセンター穴をマーキングします。
皿頭のネジは取付け位置の融通が一切効かないので正確なセンターを出さなければなりません。
しかし少し前に買ったこのセンターポンチが威力を発揮してくれます。太さがほぼ0.2mm刻みで揃っているので実に具合がいいんです!
IMG_5916

当初は変な物買ってしまったな!と思っていたんですが、このような加工にはうってつけで最近はとても重宝しています。・・・笑
IMG_5917

蝶番がきれいに取り付きました。
IMG_5918
IMG_5919
 

蓋に入れる寄せ木のピースを作るために10mm角の朴と橡の角材を用意し、長さ25mmに45°カットします。まったく同じ形の細かいピースをたくさん切り出すために昔に製作した額縁の留め切り用のジグを使いました。
IMG_5900

10mmの角材なら7本一度にカットできます。
細かくカットされたピースが飛び散らないように先端もガッチリ固定します。
IMG_5902

左側の押さえアームは本来額縁のもう一方の辺を固定してトリミングカットするためのものですが、こんな所で役に立つとは思いませんでした。(笑)これで細かい部品も安定して安全にきれいにカットする事ができました。
IMG_5903

サランラップを敷いてピースを接着すると矢絣ができました!
矢羽根の中央に入れてあるのは2mm厚のウォールナッツです。
本当はもっと細かいパターンにしたいんですが・・・それこそ専用のジグが必要となります。
IMG_5907

こうして見るとパターンがやはり少し大きいですが今回は我慢しましょう。
IMG_5908

バンドソーで慎重に切り抜き、隙間が出来ると台無しなのでヤスリと木片に貼付けたサンドペーパーで少しづつ削っては蓋の凹部に合わせます。根気のいる作業です。
ピッタリ合ったところで接着剤を凹部に均一に薄く塗って貼り合わせ、クランプで締めて一晩置きます。
IMG_5909

 

桶に入っているのはにぎり寿司にあらず、30弁のOrfeusが一貫です!
30弁のOrfeusuはどうも特定の周波数でのブーミーな低音が気になっていました。そこで今回は硬めで締まりのある音がする山桜で挽いてみました。もちろん響板(底板)も一体加工ですが、特定の周波数で鳴りにくいように中央部と周辺部では厚みを変えてみました。これは挽きものならではの得意技ですね。一定の厚さに挽くのは難しいですが、なだらかなカーブを付けて中央部と周辺部の厚みを変えるのは超簡単です。(笑)まずムーブメントを取付ける中央部の厚みをキャリパーで確認しながら4mmに決めて、外周部に向って徐々に厚くなるように挽きます。(外周部の厚みは約7mmです。)
 IMG_5896

手持ちの桜材が53mm厚しかなかったので蓋は別の材から取りました。共木だったので違和感はないと思います。
IMG_5899

但し20mm厚なのでチャックの掴み代がなく、両面からサークルカッターで溝を切ってその溝をエキスパンデッドチャックで掴んで外周を挽き、糸鋸盤で内周を切り抜きました。
この段付きの窓に寄せ木細工を入れる予定です。
IMG_5898

↑このページのトップヘ