毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

お出かけ・旅

毎日、山ごもり
定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

新春コンサート

さて今夜は今年初めてのコンサート通い、カフェ・モンタージュです。
金子鈴太郎さんのチェロによるバッハの無伴奏チェロ組曲第一番、そしてお正月に相応しい黛敏郎のBUNRAKU、後半はマックス・レーガーの無伴奏チェロ組曲第一番でした。
バッハの無伴奏は大好きな曲なのでいつもよく聴いていますがやはり生演奏でしかも演奏者のすぐそばで聴けるというのは本当にすばらしいです♫ 鈴太郎さんの無伴奏は歌うバッハですね!
レーガーの無伴奏は初めて聴きました。あまり演奏されることのない作品ですがいわゆるロマン派から現代音楽へ移行しつつあるころの作曲家です。まあそんなはっきりした線引きなど実際はないわけですが確かに作風や様式の変化はそういわれればあるのかもしれません。

盛大なる拍手に応えて金子さんはアンコールにバッハの無伴奏第三番よりサラバンドとカタルーニャ民謡をパブロ・カザルスが編曲した鳥の歌でした。
今年も音楽に包まれて創作したいと思います。
IMG_3157
 

再び啄木舎訪問

今日は午前中私の工房でゆのんさんと3月のオルゴールコンサートの打合せをした後、午後から大原野の啄木舎さんを訪れました。今日の訪問目的はここのサロンでさせていただくチェンバロとオルゴールのコンサートの基本打合せとゆのんさんは始めてなのでこのすばらしいサロンを見てもらうためとTさんへの紹介を兼ねてです。
思っていた通り部屋へ入ったとたん、ゆのんさんはもう出されたコーヒーを飲むのももどかしく壁に飾られた調度品と楽器に夢中のようです!(連れて来てよかった!・・・笑)

チェンバリスト”ゆのん”の即興演奏です・・・ブラボー!!♬
IMG_3134

こんなおっきな幼稚園児?も来ていました!!??
IMG_3136

ご満悦!
IMG_3135

というわけでコンサートの打合せ自体は話の合間にすぐに終わったのですがそろそろおいとましようかな?という頃にTさん、蓄音機に興味ありますか?と聞かれるので二人とも即座に「あります!」と言って見せていただいたのがこれ、たぶん1920〜1940年頃の物と思われます。
何でもケースがひしゃげて捨てられていた物を拾って来て修理されたとのことです。
しかしよく見るとケース自体は細部まで非常に丁寧な造りでこの時代の日本の木工の技術の高さと職人の心意気が偲ばれます!(アンテーィーク後期の海外オルゴールの箱内部の雑な造りとは雲泥の差ですね!・・表はきれいな化粧が施されているんですけどねえ)
IMG_3138

メーカーは「ペンギン ブランド」"TRADE MARK"とありますから登録商標ですね。
これ、ビクターのマーク(犬のニッパー HMV・・His masters voice)のペンギン版ですね(笑)
IMG_3139

ターンテーブルの傍にはスピードコントローラがありこちらのネームプレートには”Nittiku”と書いてありますがニッチクはそれまでの日本コロムビアが戦時下においてお上から社名を改めさせられた名称で当時はSPレコードもこのレーベルで出ていたようです。これはスプリングモーター部分がコロムビアの製品を使っているんでしょうか?蓄音機に関してはあまり知見がないので私にはわかりません。
IMG_3140

サウンドボックスはやはりペンギンホーンのロゴが刻まれています。
ダイヤフラムはマイカなんでしょうか?
安定したとてもいい音で鳴ります!♬
もちろん帯域は狭いんですが非常にバランスのいい聞きやすい音色です。シャンソンを何枚か聴かせていただきましたが当時の特色ある歌手の歌いっぷりが手に取るように再現されるんです。SP盤独特の針音がそれにノスタルジアをいやが上にも盛り上げてくれます。
IMG_3141

懐かしいですね鉄針の入ったケースです。
これらも色々なメーカーごとに美しいケースがあり当時のマニアはこの針やサウンドボックスを取り替えて音質の良さを求めていたんでしょうね。♬
IMG_3142

Tさん、今日も遅くまでお付き合いいただきありがとうございました。
 

新春の散歩

明けましておめでとうございます。
今日は工房もお休みなので午後からは暇でしかたがありません。食っちゃ寝していても体が鈍りそうなので久々の散歩をしてきました。
まずは長岡天満宮まで歩きましたが参拝客の長蛇の列を見て、これはいかん!と横目で見ながらパス!(並ぶのが大嫌いなおるごーる仙人)でも天満宮の裏の池はウソのようにひっそりしてカルガモさんの別天地です。しばらく眺めていると隊列を組んでこちらにどんどん向って来ました!
IMG_3087

天満宮を出て山手の走田神社に向います。
途中の写真スタジオのショウウインドウです。
IMG_3091

上り道を20分ほど歩くと奥海印寺の走田神社の麓に着きますが・・・鎮守の森がなくなっている!
この斜面はきれいに管理された神社の森でこの地点から下の民家はまったく見えなかったんですが斜面を巻きながら通じている林道も丸見え!赤い鉄パイプのゲートは神事に使われるしめ縄を飾る枠です。
長岡京市のHPに以前のここの写真がありました。
昨年秋の台風の爪痕ですね、斜面にあった樫、クヌギの大木がすべて切り倒されていました。
被害が大きいとは聞いていましたがこれほどひどかったとは思いませんでした。
IMG_3095

スクリーンショット(2019-01-01 18.23.29)

樫の切り株です。これで直径70cmくらいです。
IMG_3098

幸い神社の建物には目立った損傷はなかったようです。
ここは地元の方達が訪れる程度ですので空いてます。(笑)
結局アップダウンのある道を5kmくらいは歩きました。
風は少しありましたがまずまずのお散歩日和でした。
IMG_3096
 

大原野 啄木舎訪問

今日は先日の「木のかおり」展に来て下さった大原野の啄木舎 Tさんのサロンと工房に朝からおじゃましてきました。
大原野は京都市西京区で長岡京市の北隣ですから私の工房から20分足らずで行ける場所です。
それにしてもこんな近くにチェンバロを作っておられる方がいらっしゃるとは夢にも思いませんでした。
細い道を曲がると正に木工房と言うにふさわしい建物が突然目の前に出現します! これは工房の建物で向こう側の2階建ての下がチェンバロ等のあるサロンです。(外観の写真撮るのを忘れたのでG-マップから拝借した画像です。)
スクリーンショット(2018-12-19 20.09.18)

啄木舎のサロンです。
まず目を引くのは右側のウォールナッツ材で作られたチェンバロ、そして正面には見慣れたピアノがで〜〜んと置かれています。
このチェンバロはフレミッシュタイプ(フレミッシュとは中世ヨーロッパにおけるフランドル地方・・オランダ南部、ベルギー西部、フランス北部・・のという意味)で華美な装飾を持たずに素材の美しさを前面にだしたとてもシンプルな形です。
そして音色を聴かせてもらうとウォールナッツ独特のとても柔らかく優しい音でした♬これはオルゴールも同じですね!
IMG_3009

現代のピアノは弦は鋼鉄のフレームに張られ、主に弦と響板だけが響くのに対してチェンバロではケース全体が鳴るのでケースの材質でその音色も変わるようです。これもオルゴールと同じで親近感を感じます(笑)またチェンバロには底板があって、弦を張った響板との空間が共鳴箱の役割をしています。(グランドピアノには基本的に底板はありません。)ですからチェンバロの響板にはトーンホールがあり、ギターと同様なロゼッタがはめ込まれています。(下写真の響板中央部の丸く穴のあいた所)
IMG_3006

鍵盤とナット、チューニングピンの部分です。
IMG_3007

この写真はジャックレールを外して見せていただいたので弦を引っ掻くジャックの位置がよくわかります。一番奥に見える列でこのジャックには非常に小さくて繊細な形のデルリンという樹脂(ヂュポン社の登録商標、ファスナー等にもよく使われて滑らかで摩擦に強い樹脂です。)が埋め込まれ、これが弦を引っ掻くわけですが昔は水鳥の羽根の軸を使ったそうです。
その下の列はナットで響板の奥の方にあるブリッジとで弦の実質的な長さが決まります。
手前にある2列の黒いのはチューニングピンです。
鍵盤の後にあるネームボード(フロントボード?)に付いている真鍮のノブはレジスターと呼ばれる物でこのノブを操作することにより並行に2本張られた弦を同時に鳴らすことができ、リュートに似た音を出したり基本的に音量の変えられないチェンバロで少し大きな音を出したりすることができます。
鍵盤の一番右に真鍮のツマミの付いた角材が見えますがこれを外して鍵盤全体を左右にシフトできるようになっていてこの機能によりバロック調弦とモダン調弦の切り替えが簡単にできるように考えられています!!(これ、用途の違いこそあれ、オルゴールのシリンダーのシフトと同じ理屈ですね!!!)
チェンバロに関しては博物館で現物を見たりネットや書籍で解説を見ることができますがこのように目の前で分解してもらったり実際に触らせてもらって説明してもらうと正に目から鱗、感動の連続です!
IMG_3005

Tさんはフルートも演奏され、これはチェンバロの先生から借り物のフラウトトラベルソ(バロックフルート)を少し吹いてくれました。これはツゲ(柘)製ですが”フルートは木管楽器である”のルーツですね。これもモダンの金属製に比べてとても優しい音色です。
IMG_3002s

こちらはローズウッド系の木でしょうか?バロックフルートはこのように3本に分かれており中間部の管が2本あるのはバロック調 A=415Hz(短い方)とモダン調 A-440Hzに対応するためです。
これらはバロックフルートのレプリカモデルですから本来の古楽器には長い管はありません(笑)
管を分割しているのは製造上の理由なんでしょうか?長い管に穴を開けるのは非常に難しい、深さが2倍になれば5倍以上、いやもっと困難です!あるいは気温の変化によるピッチの変動をつなぎの部分で調整したり持ち運びに便利なように考えられた結果かもしれません。
IMG_3008
 
そして私はTさんの依頼に応えてチェンバロ型のオルゴールとポルタティーフオルガンを持参して見ていただきました。
チェンバロ_シシリエンヌc
スピネット72弁s
IMG_5680のコピー

朝10時におじゃましてお昼には帰るつもりが二人とも昼ご飯も食べずに気が付くと2時を過ぎていました!
Tさん、今日は長い時間ほんとうにありがとうございました。
近いうちにチェンバロとオルゴールのコラボコンサートを是非実現させましょう!♬ 
 https://ja-jp.facebook.com/pages/category/Art/%E5%95%84%E6%9C%A8%E8%88%8E%E9%80%9A%E4%BF%A1-107169216647635/

2018「木のかおり」展終了

今日は「木のかおり」展最終日です。朝8時の気温は0℃とこの冬一番の冷え込みでしたが昨日のように北風が強くなかったので体感温度はずいぶんましでした。
今朝は来訪者の出足は遅かったですが10時半頃からは大勢の方々に来ていただけました。
今回の私のブースの人気者はこの2名、2足歩行のマーガレット嬢と少しのろまなてんとう虫のサンバ君でした。
IMG_2991
IMG_2993

2日間の短い展示会でしたが昨日はオルゴール製作に興味を持つ青年、そして今日は何とごく近くでチェンバロを作っていらっしゃる方にお会いできたことです!♫
長く木工関連の仕事をされていたのですが家業をやめて長年の夢であったチェンバロを作ってしまわれたというわけです。いろんな楽器等のお話をさせていただいて意気投合し近いうちに工房を見学させていただくことになったので、その時はまた詳しくリポートします。(ワクワク♪)
そしてそして、昨日のブログでアップを掲載したカ−リングストーンのオルゴール(ソルベイグの歌)のお嫁入りが決定しました! 彼女は7月19日の生まれ、国東、濤音寮で10月13日が初デビューですから脅威のスピードお嫁入りです!(なにぶん未熟者ですがよろしくお願いいたします。)
新しいご主人様はこのソルベイグの歌にはとても思い入れがあるらしく、またこの曲をオルゴールでは始めて聴いたということで、形も斬新でこんなオルゴールは始めてです。とのことでした。
末永くかわいがっていただけそうでとても嬉しいです。
今日もいろいろな方々と中身の濃いお話をさせていただけました。
短い期間でしたが昨日、今日とご来場いただいた皆様に心からお礼申し上げます。
IMG_2994
 

2018「木のかおり」展始まり

2018年「木のかおり」展が始まりました。
今日は北よりの風で冷え込みも厳しく寒い一日でしたがたくさんの方々に来ていただけました。
朝一番から木工仲間の滋賀県のAさんや妹分のゆのんさんが来てくれましたが一番の目的は展示会に出品されている銘木屋さんの材木の品定めです!(笑)自分の気に入った木を購入するためには人より早く市に行く!という私を含めて木に取り憑かれた病を持つ者の宿命なんです!
木との出会いというのは正に一期一会です。似たようなのはあっても同じ物は絶対にありませんから直感で波長の合った物はすぐさまゲットしなければなりません、後で・・と思って一周して来るとすでに誰かに身請けされていた!なんてのはよくあるんです。
幸い、私は今回は病状が少し治まったのか?少しだけ杢の出たウォールナッツの供木4丁とちょっと珍しいレッドガム(アメリカ産、マンサク科)という木を少しだけ購入しました。(笑)
IMG_2987

Aさんが来てくれた目的の一つは来年の4月に地元、草津で開催される個展に出展するためのオルゴールムーブメント発注の打合せもあった訳ですが、Aさんほどの技量の木工作家がオルゴールを真剣に作られるというのはとても楽しみで嬉しいことです♬
IMG_2988
 
そしてAさんはお土産に自分の畑で採れた立派なサツマ芋とかわいい姫カボチャ?を持って来てくれました。ありがとうございます!!
IMG_2990
 
今日の売上成績はたいしたことありませんでしたが(笑)、オルゴールを熱心に聴いてくださるお客さんがたくさんおられ、なかでも園部の専門学校に通う男子の学生さんで実家にはリュージュ製のカノンのオルゴールがあり、これは大好きな曲です!木工を専攻していますが今までオルゴールの箱を作るというのは頭になかったが私のオルゴール談義を聴いてオルゴールも作ってみたい!と話しておりました。若い人がオルゴールに興味を持って作るというのはまた嬉しいことです。
IMG_2989
 
今日は寒い中、来ていただいた方々に感謝申し上げます。 

今日もコンサート♪!

今日も午後からコンサートへ!!

今日は長女の所属する長岡京市民管弦楽団の参加する演奏会ですのでごく近場ですが演奏会形式のオペラの上演です!
演奏会形式でハイライト版、出演はソプラノ、テノール、バリトンの3人だけですがそれなりの衣装を身に着けて動きもあるのでやはり迫力があります。
熱演のあと、指揮の山本さんと三名の歌手の方々、盛大な拍手に応えて「乾杯の歌」を再度演奏して下さいました。ブラボー!!
IMG_2973
IMG_2972
 

青山バロックザール

昨日、急に行けなくなったので・・・と長女を通じて私の所にチケットが回って来ました。
ヴァイオリンのリサイタルですが曲目を聞くとフランス楽派をメインにバッハとバルトーク、バッハはパルティータの第2番より「シャコンヌ」です!! となればもうこれは行くしかないですね(笑)
バッハのパルティータはつい先日京都コンサートホールでイルジー・ヴォデチュカの華麗なる演奏で第3番から3曲をを聴いたところですが、今日のシャコンヌは最も有名で崇高な曲で演奏時間もこの楽章だけで14分ほどかかります。
今日の演奏は若手のヴァイオリニスト、小川恭子さんでとても初々しくて技巧の冴えもすばらしい演奏でしたがアリーナ・イブラギモヴァのヴィヴィッドで超絶技巧のCDを聴いた耳には少し物足りなかったです。しかし最後に演奏されたセザール・フランクのヴァイオリンソナタはすばらしい演奏だったと思います。ピアノはこれまた若手の(桐朋学園大学の4年生!)樋口一郎君でしたが表情豊かなすばらしいピアノを聴かせてくれました。
いやいや若い人達の溌剌とした演奏はいいですねー!!
IMG_2969
IMG_2970
 

ヴァイオリンとピアノの午後

今日は珍しくお昼のコンサートです。
イルジー・ヴォディチュカ・・若き(30才!)チェコのヴィルトオーソ、チェコフィルのコンサートマスターの演奏です。
少し前にスプラフォン(SUPRAPHON・・古くからあるチェコのレーベルで共産圏での商業主義を排した良い方の面が出た録音だと思います。特に昔のものは西側のレーベルとはちょっと違う音作りでした。)から出たCDでバッハの無伴奏パルティータ第三番を聴いて、これは凄いと思っていたら今回同曲がプログラムにあったのでこれは生演奏で聴かねば!とチケットを買った次第です。スメタナの我が故郷よりの曲もあってなかなかすばらしい選曲ですね。
この我が故郷よりは第2曲で童謡カエルの歌が・・のメロディが使われているのですがもともと中央〜東ドイツ地方の民謡(舞曲?)にルーツがあるらしいです。チャイコフスキーの交響曲第2番第4楽章にも登場します。(笑)
無伴奏以外のピアノはチェコの演奏家とも深いかかわり合いのある笠原さんです。

難曲をいとも簡単そうに演奏するのですが音色はあくまで美しく流れるがごとくです。
是非バッハの無伴奏ソナタとパルティータ全曲を録音して欲しいものです。
今日は12月とはいうもののとても暖かいお出かけ日和でした。
img057
 

コントラバスとピアノの夕べ

今夜はコントラバスによるアルペジョーネソナタです。通常はチェロまたはヴィオラで演奏されることが多いのですが今回は1オクターブ低いコントラバスでどのように演奏されるのかとても楽しみです。
プログラムではこのアルペジョーネソナタを含めて5曲あったのですが最初のプロトのソナタは通常のオーケストラ調弦、他の曲ではソロ調弦だったので2曲目の前に一音上げてソロ調弦する所も見られました! これはコントラバス独特の調弦法で各弦を一音高くすることによりソロ演奏に向いた華やかな明るい音になるらしいです。もともとコントラバスは通奏低音専用ですからソロで演奏する時にはそういった工夫が必要なんですね。始めて知りました!
この調弦法はコントラバスのパガニーニと呼ばれたボッテジーニが考え出したらしいです。
そう言えばモーツァルトもヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲ではヴィオラは全ての弦を半音高く調弦するように指示してヴァイオリンの華やかさに負けないようにしています。

さて、お目当てのアルペジョーネソナタですが今までチェロ、ヴィオラ、復元されたアルペジョーネ(これはユーチューブで)による演奏は聴きましたがコントラバスは今日が始めてです。
奏者の弊 隆太郎さんはシュトゥットガルト放送交響楽団のコントラバス奏者で、いやいや驚愕のテクニックですね!
音色的には地を揺るがすような低音はもちろんですが、はっとするような奇麗で繊細な高音も出るんですね!しかしやはり全体的にはややくぐもった音でしたこの曲はやはりチェロが一番向いているように思いました。それにしてもシューベルトの曲というのはなんて美しいメロディなんでしょう!!目を閉じて聴いていると楽器の種類等何でも良いと思うほどです。
今夜のカフェ・モンタージュはとても興味深くて素敵な一夜でした。
BASS
 
プロフィール

野山のおるごーる仙...

ギャラリー
  • 真オーバルボックスの製作-12
  • 真オーバルボックスの製作-12
  • 真オーバルボックスの製作-11
  • 真オーバルボックスの製作-11
  • 真オーバルボックスの製作-11
  • 真オーバルボックスの製作-11
  • 真オーバルボックスの製作-11
  • 真オーバルボックスの製作-11
  • 契り溝加工ジグ
最新コメント