毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

お出かけ・旅

今日は先日の個展でオルゴールコンサートのオファーをいただいた美山かやぶきの里まで下見を兼ねて行ってきました。オファーをいただいたKさんは時の音色さんのお知り合いですから各々のオルゴールを持っての視察です。同じ京都府下ですが金閣寺あたりからだと50kmくらいありますから大阪市内へ行くのと距離はかわりません。しかも高速道路は無く、屈曲の多い山間道路なので途中休息を入れると1時間半は優にかかります。国道162号線(通称、周山街道)は若い頃からよく走った私の好きな道ですが・・・最近は高尾の材木屋さんくらいまでしか行かなかったので久々のロングドライブを満喫しました。しかし昔と比べるとカーブが多いのは変わりませんが道も良くなって随所に道の駅や休息できる施設が増えて走りやすくなっていました。

今日も最高の天気に恵まれて美山かやぶきの里に到着しました。
目指すは「お食事所きたむら」という蕎麦屋さんです。そうです昨日に続いて今日もお昼は手打ち蕎麦です! 一日、限定数しか打たないらしいのでお取り置きをお願いしておきました。
11時前に到着しましたが担当のKさんは接客で忙しそうなのでコンサート会場予定のカフェギャラリーを見に行きました。
3年前に行った五箇山もそうでしたが、ここも中国人観光客が多いです!
五箇山のかやぶきは加賀藩をバックにした養蚕と火薬作りのために豪壮な合唱造りで5層(5階建)もある巨大なかやぶきでしたが、ここ美山は京都北山型の入母屋造りで五箇山に比べると威圧感が無く、我々の頭の中にある昔話に出て来る一般的な山間部の農村風景そのもので見ていてとても落ち着くんです。
IMG_9159

集落の前には桜並木の美山川の清流が流れ、今の季節、道の脇には春の花々が咲き乱れツバメが飛び交うという「日本昔話」を絵に描いたような風景です。
IMG_9160

懐かしい郵便ポストの横を通って少し山手へ登ると目指すカフェが見えて来ました。
IMG_9177

交流館「彩花」この建物の右半分がカフェ、左半分がギャラリースペースになっています。
IMG_9161

ギャラリースペースでは水彩画や切り絵の作家さんが展示会をされていたので少し見せていただき、
カフェスペースの奥に陣取って持参したオルゴールを演奏してみました。
今日は気温が高くて良い天気なので入口側の縁側はフルオープン、奥の障子も網戸ですがオルゴールの音は十分に響き渡るようです。合格!!♫(笑)
カフェの担当のお姉さんも忙しそうなので勝手に鳴らしていましたが手の空いたお姉さんはオルゴールを見るなり挨拶もそこそこにタブレットで動画を撮り始めました!!そして、「オルゴールっていいですね〜♪」またまたオルゴールの信者が増えたようで・・・
コンサートの説明等をするうちお昼になりましたが蕎麦屋さんは多分一番忙しい時間帯なので集落の中を1時間程見学させていただき、蕎麦屋さんへ戻ることにしました。
IMG_9180

茅葺きの建物を火災から守るための放水銃がいたるところに備え付けられています。
一見、かやぶきの里にふさわしいレトロな形ですがいざという時には中央司令室?からの操作でこの小屋の屋根が一斉に開き、放水されるそうです。
年二回、この一斉放水の訓練があり、ちょうど一昨日に行われ、5,000人もの方が訪れたとのことでした!
IMG_9165

入母屋のトラス部分の紋です。これは多分集落によって異なり、ここ北村ではこの鼓型?(三角2つ)がほとんどでしたが巴の紋の家もありました。確か花背の集落では「水」の文字だったと思います。
IMG_9163

集落の東にある八幡神社の境内には杉の巨木がありその中でも特に大きい結の杉というのがあり、2本の杉が根元で繋がっています。
写真ではそんなに大きく見えませんが太い方は周長500cmとあるので直径は約1.7m、人の背程もある大木です。戸隠の杉も立派ですがこんなに太いのはなかったように思います。
家へ帰ってから案内パンフレットを見ると西側の稲荷社前にも樹齢400年の橡があるようです。次回に行ったときは是非この橡にも会わなくては!
IMG_9166
IMG_9168

神社の下の水路沿いには花をいっぱい付けた桐の木がありました。こんなに花の多い桐は初めて見ました。
IMG_9169

集落の端の方の家の横に妖しい貯水タンク?を発見!階段の付いた高床式の小屋の下にステンレス製で下部にコックの付いたタンクが設置されており小屋の横からは煙突?の様な物が出ているんです。
何に使うものなんでしょうか?謎です。
IMG_9172

一時間少しあちこち見学して蕎麦屋さんに戻ってきました。
お客さんも少しは空いたようで、ちょうど良い時間です。
私はざる蕎麦と平飼いのミニ卵丼、時の音色さんは三種蕎麦セットを頼みました。
今日は忘れず、食べる前に撮影完了(笑)
ここの美山蕎麦はかなり細切りです。地方によって同じ蕎麦でも特色があります。
私の好みでは昨日のIさんの打つ蕎麦の方が好きですが美山の蕎麦もとてもおいしいです。
地鶏の玉子もおいしかったです!
IMG_9173

カフェの前に出ていた手作りの看板です。レトロとモダンが融合して面白い!
IMG_9179

今日も実にゆったりした優雅な一日を過ごせました。
コンサートの方は 一応11月の末で詳細の打合せはまた日をあらためてKさんに京都市内へ出向いていただくという事になりました。
忙しい中、対応して下さったKさんやカフェのお姉さん、ありがとうございました。

今日は大山崎でつづれ織りのKさんの工房で、その筋では有名な元蕎麦屋さん、今は石臼職人の若きI師匠を招いての手打ち蕎麦パーティに行って来ました。
私やKさんは昨年の12月に我々の工房村で年越し蕎麦を打ってもらったので2回目ですがKさんの奥さんはその時たまたま出席できずに悔しがっておられましたが、それがきっかけで今回のパーティと相成ったわけです。しかし今回は主催者側ですから準備等、さぞかし大変だったろうと思いますが、その分、手打ち蕎麦の醍醐味を十二分に満喫されたことと思います。(笑)
私は今回はゲストですので10時半にゆったりとMTBで乗り付けました。少し早いかな?と思いましたがすでに先客(布袋さん)がおりました。(笑)
わいわい喋っているうちに続々と来られて蕎麦打ちの実演が始まりです。

IMG_9148

簡単にこねているように見えますがかなり力が要りそうです。そしてこのときの水加減で蕎麦の腰が決まるらしいです。
IMG_9147

伸ばすところも圧巻ですが例によって写真撮り忘れです。
伸ばした麺を重ねてリズミカルな包丁さばきで切っていきます。
IMG_9152

余分な粉を落とすと同時に茹でる時にくっ付かないように切り口にも粉をまぶします。
IMG_9151

Kオーナーも挑戦ですが織物のようにはうまくいかないようで・・・みんな人ごとのように(人ごとですが・・)好きな事を言いながら写真撮りまくっています。(笑)
IMG_9153

茹で上がりを今や遅しと待つゲスト達・・はい、私は3番です!
3枚もお代わりさせてもらったんですが肝心の蕎麦の写真なしというテイタラク!!
蕎麦の香り、喉越し最高でした。
そして今日は食後にだったん蕎麦のアイスクリームのデザート付きでした。
Iさんの打つ蕎麦はとても洗練された都会的なセンスに溢れる蕎麦という感じがします。
IMG_9156
 
Kさんご夫妻、そしてIさん、ありがとうございました。
ここに来ると愉しく嬉しい仲間がどんどん広がって行きます。 

今日は京都市内に所用があったのでその帰りがけに「京の木工芸」展を見に行ってきました。
場所は京都のど真ん中、東洞院御池、御池通りに面した旧家を改装したギャラリーです。
これで「しまだい」と読むんですね!
元々は糸割符商(江戸時代に幕府の認可を得て中国産の上質の生糸を一括輸入する機構、組合?)として1608年に操業し、江戸中期には銘酒「嶋臺」を扱う酒問屋も兼業して当時は東洞院から車屋町通りまで続いていたらしいです!今の建物は1883年(明治16年)の建てられた物で中庭を有した伝統的な豪商の町や建築で国の登録文化財に指定
されているらしいです。(京都に長らく住んでいながら知りませんでした!)
IMG_9142

建物もさることながらその悠久の空間で展示される京指物の展示会です。
京指物の特長はその種類と技法が多岐にわたるわけですが一般的な意味での指物(箱物)、彫物、挽物、曲物、刳物などの技法を駆使して作られています。
その技法や精密さ等すばらしい物ですが、どうしても型にはまった物が多いような気がします。
IMG_9145

残念ながら撮影禁止という事ですので不鮮明なパンフレットで・・・
IMG_9146

ちなみに「嶋臺」とは松竹梅、鶴亀、尉姥等を配し、蓬莱山をかたどって作った飾り物の事です。
 

今夜はちょっと17世紀のスペインまでタイムスリップしてきました。
と言っても地下鉄丸太町駅から10分も歩けばワープできます! そう、おなじみのカフェ・モンタージュです。

今日のプログラムは竹内太郎さんの演奏でバロックギターとビウエラの曲です。
ビウエラとは聞き慣れない楽器ですがルネサンス時代にイベリア半島やイタリアの一部、中南米でも盛んに使われていたらしいです。スペイン語のビウエラとはイタリア語のViolaのことですがヴィオラを冠する楽器は広範囲にあり、今日演奏される「ビウエラ」はギターによく似たビウエラ・デ・マーノのことらしいです。
27)
 
さて、竹内さんのモンタージュでの演奏はこれで3回目ですが、今回も曲間の楽器のチューニングを兼ねての軽妙でかつマニアックなお喋りとすばらしいテクニックで17世紀のスペインをたっぷり楽しませていただきました。 
古楽器はガット弦を使うのでホールの温、湿度 によりすぐに音程が低い方へずれて来るのです。
竹内さんはなるべく息を止めて聴いて下さい!とおっしゃってましたが、聴衆のほとんどは「息を飲んで」聴いているので、本人自身の 熱演による熱気が主な原因なのではと思います。(笑)

そして、もしやと思ったのですが、やはり今夜も時の音色さんとばったり出会いました!(笑) 
とても優雅で愉しいスペインの一夜でした。 

今日は工房からMTBで西山高原アトリエ村まで行って来ました。
自転車ですから徹底的に裏道を走ります。光明寺の北側から竹薮を抜けて大原野へ、善峰川を渡って灰方方面へ向うと西山を背景に畑が広がります。とても気持ちのいい道です。
IMG_9027

大原野小学校付近のカカシの群落です。(笑)
IMG_9029

後方は小塩山(アンテナがいっぱい立っているのですぐわかる!)
IMG_9031

富有柿で有名な大枝の集落を抜けて9号線に出ます。
ちょうど新しい柿の葉が出て来たところですね。
IMG_9032

アトリエ村の入口までは少しの間ですが国道9号線を走らなければなりませんが今は歩道が整備されているので怖い目をしなくても大丈夫です。
国道沓掛から京都霊園の入口で、左の山道へ入りますがここからアトリエ村まで3km、地獄の上り坂がずっと続きます。
アトリエ村は大枝山の頂上の台地にありますが標高が430m、京都霊園の入口は多分90〜100mですから330mを一気に登る訳です!
山道は普通車が十分にすれ違える巾があるんですが路面が荒れているのと平坦部がまったくない登りが最後まで続きます。
途中に展望の開ける場所が2カ所あるので一休みして汗を拭き、給水をします。
IMG_9033

二つ目の展望箇所です。
眼下に広がっているのは桂坂の住宅地です。
IMG_9035

アトリエ村に到着しました!!
私の工房への山道もかなりきつい勾配ですが、途中に少し平坦な部分があったりしますのでまだましです。ここはずっと同じ上り勾配が続きますのでこたえます! さすがにちょっと疲れました。
しかし、行く先々で「よくここまで登って来たな!」と賞賛?されましたが・・・本当は物好きなご仁もいるものだと呆れられてるのでしょう(笑)
IMG_9038

木工仲間のTさんの工房のガレージにはIさんがテントの店を出してました!
IMG_9039

Tさんの工房です。すごい種類の樹種と(樹種の数では完全に負ける・・・)木の色を生かしたカワイイ小物や崑虫達が展示されていました。
IMG_9040

ここで痛恨のi-Phone電池切れです。昨夜、充電するのをすっかり忘れてました。

たまに材木でお世話になったりするSさんや、木のかおり展で一緒のYさんの工房、そしていくつかの工房を見学させてもらい、帰路につきました。

帰りは3kmのダウンヒル、しかし路面が荒れているのでスピードは出せません。ハンドルのグリップを握りしめるのと路面からのキックバックで手の平がしびれて来ます。サイクリングの時は本来は指抜きの皮手袋をするんですが・・・何はともあれ、久々のヒルクライムと田園のポタリングが満喫できました。
 

昨日はエリーザベトのお嫁入りでした!
彼女が誕生したのが昨年の3月12日、デビューはギャラリー翔さんでの前回の個展(2016/04/19)でしたからちょうど1年と少しで私の手元から旅立って行きました。
1年の短い期間でしたが、8つの展示会と6回のコンサートに出演し、大活躍をしてくれました。
しかも、神戸、国東、名古屋の遠方にも出向いて各地の方々にも聴いていただけました。
このたび、縁あって彼女の事をとても大切にしてくださる方の所に嫁いで行きましたが、これからも麗しい音色と容姿で聴く人を魅了させてくれるものと思います。
愛しいエリーザベトへ、愛を込めて!! 2017/04/30
0001uB

 

今日はいつもお世話になっている中源銘木さんの「春の銘木市」に行って来ました。
朝早くから時の音色さんと西山天王山駅で待ち合わせて会場へ・・・一番乗りです!(笑) 
まだ材木をリフトでトラックから降ろしているところですからちょっとフライングですが、その分じっくりと品定めが出来ます。
けっこう大きな材から小さくてカンナ掛けされた物まで樹種も豊富に揃っています。
IMG_8984
IMG_8985
IMG_8987

9時を過ぎるとお客さんが続々と集まって来られました。今日は好天に恵まれて何よりの銘木市でした。
私は先日、摂津の銘木団地でけっこう買いましたので今回は少なかったですが、それでもきれいな縮み杢の出た朴の盤と桐の厚板を買ってしまいました!
IMG_8986

 

お魚シリーズのバランス(やじろべえ)が今日から仲間入りしました。
コースターを吊るすスタンドも。
IMG_8929

そして今日はエリーザベトのお嫁入りが決まった記念すべき日となりました!
血統書じゃなかった、使用説明書を作成して展示会終了後にお輿入れの予定です。
明日までの展示期間中はギャラリーにおりますのでお聴きになりたい方は明日中にどうぞ!
IMG_8930
 

さて今日は昨日の植物園の続き、樹木編です。
京都府立植物園はもともと上賀茂神社の末社である半木神社の鎮守の森であった場所です。
(半木神社は今も園内にあります。)
戦後、京都御苑の代替地として占領軍の住居地になっていましたが1957年に返還され、現在の植物園になっています。深山、幽谷のような巨木はありませんが、さすが植物園だけあって、樹木の種類は多いです。
大木としてはこのエノキや楡、クヌギ、楠などがあります。(樹齢100年程度?)
IMG_8918

この大木の上の方には違う樹種のモミジの葉が出ているんです。
多分、この祠に落ちた種子が発芽してんでしょう。
IMG_8917

楠の大木の樹皮
IMG_8916

緑の梅林、花の時期もきれいですが、新緑の梅林も清々しくてとても気持ちの良い場所です。
写真ではよくわかりませんが地面の芝生には黄色いタンポポがたくさん咲いています。
IMG_8913

イロハモミジの巨木です。
IMG_8909

紅葉もきれいですがこの青紅葉もいいですね。
IMG_8884
IMG_8910

珍しいコロラドトウヒ
IMG_8897

マグノリア マルテイニ
マグノリアとはモクレン科の総称のようで、このマルテイニは中国南西部からベトナムが原産と書いてありました。アメリカの木工雑誌にもマグノリアという木はたまに登場します。
IMG_8888

カクレミノ
ウコギ科の常緑樹で葉の先が3つや5つに裂けた物は神様にお供えをする時等に使用されるそうです。
天狗のうちわという別名もあるようです。
IMG_8882


園内を歩いているとハリギリの木の枝先を切った所に遭遇しました。
現場にいた作業服を着た職員さんに尋ねると幹の内部が腐って空洞になっており、伸びた枝が折れて落下する恐れがあるので伐採したらしいです。空洞になっているため樹齢は不明ですが占領軍に接収される前からあったとすれば100年くらい、現在の植物園になってから植えられたのであれば7〜80年?とのことでした。
IMG_8920
IMG_8921

ハリギリは枝に鋭い刺があり、葉の形が桐の葉に似ている事から(桐のようには大きくない)この名が付いています。
ちなみに材木になると「栓(セン)」と呼ばれる事を話していると職員の方はそれは知らなかった!勉強になりました。とおっしゃってました。(笑)
IMG_8923
IMG_8924
 

今日は電車通勤です。(笑)
長岡天神駅のキリシマツツジが真っ赤に色づいてきました。
IMG_8859

そして今朝は行きがけの駄賃?に植物園を散策してからギャラリーへ出勤します。
開園5分前に植物園に到着!
IMG_8861

八重桜が満開です。
IMG_8863

ブルーデイジー
IMG_8866

チューリップもきれいに咲いてますが心なしか昨年より花が小さいように思います。
IMG_8870

スズラン、我が家のスズランは純白ですがこれは花びらの先にグリーンの紋?が入ってます。
IMG_8883

フジモドキ
ジンチョウゲ科の花で原産地は貴州省と書いてありましたので中国の花ですね。
IMG_8890

これはメキシコ原産のチューベローという花でキジカクシ科!
確かにキジが隠れていそうな気もします。
IMG_8892


IMG_8894

おなじみ、ミツバツツジ
IMG_8895

ハナズオウ
IMG_8899

ソメイヨシノの残り花
IMG_8901

ハナミズキ
IMG_8903

ウコン(バラ科、里桜)と書いてありましたがこれは八重の黄桜ですね。伏見のカッパカントリーの駐車場(黄桜酒造)に同じ樹(もっと大きい)があります。
IMG_8904

八重の枝垂れ桜
IMG_8908

枝垂れ桜のトンネル・・・この下にいると空が淡いピンクのような錯覚を受けます。
IMG_8912

締めはチューリップですがやはり今年のチューリップは天候不順のせいか少し元気がないですねえ!
明日は樹木編です。・・・おたのしみに・・・。
IMG_8926
 
本題の展示会の事を書き忘れていました。(笑) 
今日は2時半まで誰も来られず、暇を持て余していましたがその間にオルゴールを一台ずつじっくり鳴らして異音や動作に異常が ないか等の健康診断ができました! いつもはまとめてやる機会がないのでこんな時にしかできません。
2時半からは主に知り合いの方やご近所の方がけっこう来て下さいました。 

↑このページのトップヘ