毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

お出かけ・旅

個展終了

昨日は個展最終日でした。


展示会は11時オープンなので朝早い目に中源銘木さんの材木市を見に行って来ました。
先日からの個展で少しばかりの売上があったことを幸いにサペリとクラロウォールナッツを買ってしまいました!


今日もオルゴールや音楽好きの皆さんとお話ができて充実した一日でした。


午後には「音の椅子」のご予約をいただいてから3年越しのEさんがお友達と来てくださり、曲はカノン、材質はすべてウォールナッツということで予約を受けていましたが、今回の出来映えに満足していただけたようでとてもよかったです。
Eさん、長い間お待ちいただき、ほんとうにありがとうございました。



Img_2624



そして終了時間間際に「すみませーん、開催期間を勘違いしてました!」と駆けつけてくださったオルゴールサロン・ヒロのひろみさん、しかも食べきれない程のバイカルのおいしいケーキを差し入れして下さいました。ひろみさん、いつもありがとうございます。5月のアドワークスのコンサートでは彼女も特別ゲストとして出演してくれますので、おたのしみに!
(アドワークスのコンサートについてはまたお知らせいたします。)



ギャラリー翔のTさんがコンサートや展示会の写真をたくさん撮ってくださいました。


6日間のとても充実した展示会でした♫。
皆様、ありがとうございました。


Img008_2




個展5日目


今日は個展5日目、ギャラリーに着く前にいつものブリアンさんで昼食のパンをゲット、おいしいパンであれば毎日朝、昼、夜とパンでも大丈夫です。
今日も迷わず、ジャガイモとナッツのタルティーヌを買ってしまいました。(正式名はタルティーヌではなかったかもしれません。)





Img_2866


今日は次女が手伝いに来てくれたのでお客さんが途切れる4時頃にギャラリーの周辺をちょっと散歩しました。


車で走っていると何気なく通り過ぎていますがのんびりと散歩するといろんな物が見えてきます。


コンサートホール東側の高級住宅街の一画にある家です。


Img_2868


北山通のケーキ屋さん、この角はもう、ヨーロッパの地方都市です。


Img_2874




これは? マリー・フランス(Boulangerie)と書いてあるのでパン屋さんですね。(今度、入ってみよう!)


Img_2875_2


小さなジャガーの販売店ですが2シータークーペがさりげなく置かれているのがこの街角に溶け込んでいます。


Img_2870


そして今日は会社の連中が覗きに来てくれたり、びっくりしたのははるばる横浜からOさんが日帰りで見に来てくださいました!しかも前から気になっていたと言われてマホガニーのディスクライトをご購入下さいました。
ありがとうございました。


(No Title)

晴天が続きます! 今日は荷物も無いので自転車出勤です。


先日とはコースを変えて太秦から常磐、きぬかけの道を通って千本通から北山通を東に走ります。
先ずは植野橋の上から1枚、桂川には白鷺が浅瀬にのんびりと?突っ立っております。


Img_2860


先日は距離優先で七条通りから西大路通を北上しましたが今日のルートの方が景色も良く車も比較的少ないので快適ですね。
きぬかけの道は思っていた程傾斜はきつくなくひんやりと空気も爽やかでやはり気持ちのいいルートです。(冬は厳しいでしょうが・・笑)


今度は北山橋から鴨川上流を望んで1枚、鴨川沿いの遊歩道を皆さんのんびりと散歩しておられます。


Img_2862


そして今日も北山のブリアンでお昼のパンをゲット!
先日と同じジャガイモのタルティーヌをまたまた買ってしまいました!!


北山通の街路樹の根元には春の花が咲き乱れています。


Img_2864


今日は近隣の方がけっこう来て下さいました。


そして午後からは私の知り合いの木彫のTさん、木工、ハチマン工房のNさんとお喋りさせていただきました。


Tさんは来月15日から木彫教室の作品展を開催されます。今年の作品展のメインは木彫を施した小引出しや小箱にオルゴールを組込んだ物を出展されます。
実はこの小箱や小引出しは私が作った物に皆さん思い思いの彫刻をされて、なおかつ各自お気に入りの曲を選定されているので元の形はみんな同じですが、それぞれどんな仕上がりになるのかとても楽しみです。


お時間のある方は是非見に行って下さい。



Img006



Img007



Img_0727



Img_1045



MTBで翔へ

昨日は朝から晴れ、はれ、ハレ〜☀ で、北山まで自転車出勤です。


走っていると少し汗ばむ程度で絶好の自転車日和です。


我が家からギャラリーまでは19km強、ハーフマラソン程度の距離ですが京都市内は北へ行く程標高が高く、行きはずっと登り坂です。と言っても我が工房への道に比べれば緩い傾斜なので楽なものです。


1時間20分でギャラリーに到着しました。


Img_2853_2



今日は午後から知人の布袋さんやTさん、そしてHさんとMさんも来てくれました。


また、いつも見に来た下さるSさんも!


夕方、杖をついた恰幅の良い紳士がたまたま通りかかったがオルゴールを聴かせて下さいと入ってこられました。
とても熱心に聴いていただき、心を病んでいる知り合いの娘さんにプレゼントしたいと「アメイジンググレイス」をご購入いただきました。オルゴールを聴いて娘さんの心が晴れることを祈ります。ありがとうございました。
そして、ご自分用に「音の椅子」をロンドンデリー・エア、すべてウォールナッツで、との注文までいただきました!


それにしてもこのギャラリーの空間、特に何の音響効果の処理もされていませんが、びっくりするくらいオルゴールの音がよく響きます。平日はじっくりと聴いていただけますので、お時間の都合がつく方はどうぞ平日がお勧めです。(笑)


個展とオープニングコンサート開幕

いよいよ初めての個展「木と音楽と・・そしてオルゴール」が始まりました。


それにしても長い題名やな! 覚えられへんがなと言われそうですが(笑)


心配していた平日の午前中のオープニングコンサートも15名程度来ていただけてひと安心です。


今日のお昼はコンサートのレイアウトから展示会のレイアウトへの変更もしなければならず、コンサート特別出演の時の音色さんと開場でパンを食べようと、朝買って来たのですが、コンサートを聴きに来てくれた我らが広報部長ののんちゃんと、おまけにつづれ織り工房さんも気を利かせて美味しそうなパンを差し入れして下さいました。
で、慌ただしいながらもみんなでお昼のパンパーティと相成りました!
ここ、北山にはおいしいパン屋さんが軒を連ねておりますゆえ・・・・そして京都人は大体においてパン好きなのです。(笑)


午後からは平日にもかかわらず、5時頃まではけっこう見に来て下さいました。今日は来客があまり重なる事もなく、皆さんとじっくりお話ができてとてもよかったです。



Img_2843



Img_2845



Img_2847



Img_2848





Img_2850



Img_2851



我らが広報部長ののんちゃんのブログにとても詳細でわかり易く紹介していただいていますので参照ください。
のんちゃん、いつもありがとうございます!


http://blog.goo.ne.jp/poem-non-27


個展搬入完了

今日は夜7時から個展の搬入です。
心配していた雨も午前中は弱い雨が時おり降る程度で、午後には完全にあがり、車への積み込みも濡れずにすみました。
天井いっぱいまで満載です! ルームミラーには何も写りませんから、バックはフェンダーミラーのみがたよりです。


Img_2823


満開のチューリップが見送ってくれましたが、いちばん見頃の今週末までは不在で見られないのがちょっと残念です。


Img_2824


21日の初日は11時からオープニングコンサートなのでとりあえずその設定です。


今日は長女が搬入と設営を手伝ってくれたので大助かりでした。
一人と二人ではずいぶん労力が違いますから、余裕を持って考えながら設営出来ます。


明日は作品のキャプション作りやその他、細々した物の準備に追われそうです。(笑)


Img_2825



霧の朝とヴィオラの花道

昨日の朝はその全日の雨の影響で霧がかかっていました。
菜の花畑も背後に霧がかかって幻想的な風景です。



Img_2566


日が射して来ると霧はすぐに消えてしまいましたが山の方はまだ霧に包まれています。
ユキヤナギが満開、桜はまだ3分咲き程度です。


Img_2568



Img_2569



Img_2574


いつもはうっとうしく感じる杉林も今朝は霧の演出でちょっと幻想的なたたずまいを見せてくれます。


Img_2575


霧が晴れるとレンギョウもあざやかに


Img_2576


黄色のチューリップが3輪、昨年より2週間早いです。


Img_2584


そして昨日は夕方から久々のコンサートホールへ行って来ました。


この日は「ヴィオラの花道」京響のヴィオラ奏者9名によるアンサンブルです。
実は長女からのコンサートの後のお食事付のちょっと遅い誕生日プレゼントです。


月曜日にもかかわらず、何とほぼ満席!
娘に聞くとコンサートマスターの小峰さんはファンクラブもある程の「スター」らしいです。納得・・・


普段は縁の下の力持ちのヴィオラがこの日は全員が晴舞台です。
小峰さんの渋いヴィオラの音色も良かったですが私は店村氏の ん、ヴァイオリンでは?と思わせる程の輝く高音域が印象的でした。


Img_2609



京の都へお出かけ

今日は4月の個展の案内状を北山のギャラリー翔さんに持って行きました。
初日の午前中には記念オープニングオルゴールコンサートを開催しますので、その辺の確認も兼ねてです。
今週は「写真と手織り 二人展」を石橋さんご夫妻がやっておられました。


打合せ終了後、同級生のギター仙人さんとブランジェリー・ブリアンの2階で待ち合わせてランチをいただきました。
ここのランチはパンのお代わり自由で最初に4種類の焼きたてパンを持ってきてくれます。
どれから食べるか迷いますが、結局は全部食べるわけですから・・・迷う必要はないんですが(笑)
バスケットのパンが少なくなると次のを持ってきてくれますが、また違う種類のパンなので7〜8種類は食べたかも・・・
二人ともパン大好き仙人なので幸せ・・・です。
その中でも一番最初に食べたレーズンのフランスパンが二人とも一番美味しかったという結論に達しました!?


ギター仙人さん、おつきあい頂いてありがとうございました。


20150313_211353



家に帰って、まだ早かったのととても暖かかったのでMTBで工房に・・・自転車日和です。(急坂は上着を脱いでも汗が出ます。)


3時過ぎですからまとまった作業はできないので次のプロジェクトの「音の椅子」用の材料を揃えたり、箱になる部材の板の分決め(厚みを揃える)をプレーナーで行いました。


3台分の主要材料が揃いました。明日から集中的に取掛かります。
機械加工は3台分並行にやりますが組み立ては個展に出展する1台を先行します。
今回は少しバージョンアップして脚の形状が少し変わると思います。



Img_2382




春待ちコンサート

今日は寝屋川市のサモックホールで「春待ちオルゴールコンサート インサモック」に時の音色森の旅人さんと出演してきました。昨日のうっとうしい雨と打って変わって気温は少し低いですが晴天です。時の音色さんは究極の晴女(日光菩薩様あるいは歩く照る照る坊主の化身?)ですので当然かもしれません。


会場の設定が完了しました。こじんまりとしたとても雰囲気の良いホールで、音響効果もよく、オルゴールが良く響きます。


Img_2191



今日は知り合いのMさんにお願いして公演時の写真を撮っていただいたので演奏会風景の写真がアップできました。


Mさん、ありがとうございます。


Img_5580_2



Img_5564_2


コンサートの最後にはオルゴールに合わせて「早春賦」を皆さんに歌っていただきました。


今回のコンサートは在宅介護をしておられる家族の方々の日頃の疲れをオルゴールの調べで癒してもらうとの趣向で、特に優しい曲等を選びましたが、つかの間の時間ですが楽しんでいただけた事と思います。


コンサート終了後は昼食を兼ねた懇親会でオルゴールの話はもちろん、介護にまつわる苦労話なども・・・(私もこの年になると人ごとではありませんので・・・)少しでもおるご−るの音色がお役に立てればと思います。


昼食のお弁当が「春の弁当!」見た目も味も!・・・私はこれに癒されました(写真を撮り忘れました。笑)


寝屋川市社会福祉協議会のHさんやサモックホールのOさん、スタッフの方々に大変お世話になりました。


この場を借りてお礼申し上げます。





カフェ・モンタージュ

今夜はカフェ・モンタージュというちいさなホールへ行って来ました。



Img_2030



今夜はバロックフルートとバロックヴァイオリンのデュオでオトテール(フランスの作曲家)、バッハ、テレマン等の曲を満喫してきました。


カフェ・モンタージュは夷川通柳馬場の角にある通常はカフェ、時々サロンコンサートという新しい不思議な空間です。
ドアを開けて入るとすぐそこに下りの幅広い階段があり、その真下が舞台、(と言っても客席と段差のないフロアです。)奥が客席という意表をついた不思議な半地下のホールです。よって、聴衆は舞台の後から舞台を通って客席に入場します!
座席数は30席限定ですから正にサロンコンサートです。


そしてホールは一部の天上はコンクリートの打ちっぱなし、スポットライトは私の工房にあるような工事現場用の投光器具にスポット電球を付けたものという手作り感満点(笑)ですがなぜかホールに溶け込んで似合っております。天上からは反射板等も吊るされているので音響効果もそれなりにいいようです。エアコンの吹き出し口にも合板?のデフューザーが付けられており、苦労の後がうかがわれます。


会場にお金をかけずに他とは違った良い演奏をという新しいスタイルでバロック音楽や小編成のコンサートにはとても良いと思いました。



Img_2033



livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 花嫁修業?
  • 花嫁修業?
  • 台風の爪痕
  • 台風の爪痕
  • 12345
  • 製材は続くよ!
  • 製材は続くよ!
  • ウォールナッツ杢板の製材
  • ウォールナッツ杢板の製材
最新コメント