毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

お出かけ・旅

今日は朝から木工仲間である京田辺市のKさんの工房「ぶん」におじゃましてきました。


Kさんは京・木工仲間の会員で、毎年12月の「木のかおり」展の案内状をお願いしており、私は会の会計担当ですので、その代金お支払いというのが名目ですが、本当の目的は工房見学です。
以前にも2回程訪問した事はあったのですが、いつも会社の帰りで夜でしたのでゆっくりできませんでした。


Kさんは私と同じ学年で同じように今年退職されて同じように木工三昧の毎日を過ごしておられるようです。(笑)
彼の専門はウッドターニング(ろくろ、旋盤)で、その徹底的な懲りようたるや私も脱帽するぐらいです!!


京田辺は宇治茶の産地でもあるので、先ずはおいしいお茶を入れてもらって、お互いの近況などを話しながら、きょろきょろすると飾り棚にユニークな作品が・・・


左から少し偏芯させて挽いたユニークな花器、小物入れ2点(リチャード・ラファン風?)、偏芯させて挽いた小鉢?、木の葉を塗り込んだ盆


Img_1738



下はミニチュアサイズのワイングラスで小さな黒檀の物は直径2cmくらいです。
そして他の3つはリングがしっかりはまっています。これは種を明かせば一本の木から細い持ち手の部分を削る時にリング状に残すのですが、本人はわりと簡単なテクニックと言われますが、それなりの技術、経験が必要です。


Img_1736



はい、下、右のは2本もリングが・・・これ、1本目のリングを切り離した後はどうするのか? 片方にテープででも貼付けとくのかな?・・・聞きそびれました。
そして、左のボールですが、木工旋盤の経験のある方ならご存知でしょうが、真円を挽くのは非常に難しいワザです。
彼は、こともなげにああ、それは専用のジグがあって、簡単にできるよ!とおっしゃいます。後でそのジグを見せてもらう事にしました。


最初、私はこのボールの材は一位だと思ってましたが、よく生け垣に植えられている〈かいずかいぶき〉だとのことでした。


Img_1737


これは漆で仕上げられた物ですが、Kさんは伝統工芸的な物ではなく独自にいろいろな技法を試しておられます。
(もちろん、ベースは伝統的な技法ですので、それを習得した上でチャレンジされるようです。)


Img_1735



はい、これが球体を挽くための専用ジグです。そう、右側のポールの上部に付いてる左先のちっちゃい丸いビットが刃物です。ネジで半径を決めて、ジグのポストを支点にして回せばきれいな半円に削れるという算段です。


フーム、これは剛性を十分に取れば木でも小さな半径の物なら自作できそうです。問題は仕上げた半円の反対側を削る時のチャッキングですね。真空チャックを使うか専用チャッキングジグをこれまた作る必要アリ。ウーン!


Img_1739



はい、これがKさん愛用のマシン、VIC MARC  VL-300です! このマシンを導入するために家まで改造して、土間に基礎を打って固定してあります。右側のテイルストックだけでも片手では持ち上がりませんから10kg以上あるかも・・・
そして超スロースピード(10rpm)が使えるのも作品の巾を広げるために必要なようです。


Img_1741



マシンを見せてもらった時、チャックに不思議な物が・・・正方形の板に2本の釘が出てるんですが・・
Kさん、ヒントは周りにへばりついているオレンジ色の物だよと言われてよーく見ると、柿の皮でした!!
なんと彼は昨夜、渋柿の皮むきをこのVIC MARCでやっていたのです!! ・・・すぐに剥けるよ(笑)・・・


これもVIC MARCの超低速回転のなせるワザですね! 
私のマシンでやったら、顔面に柿がぶっ飛んでくること、受け合いです。


Img_1742


他の部屋にも作品がいっぱい、家全体がギャラリーのようです。


Img_1743



Img_1744


2階には漆の作業をする部屋があり、ここにはいろいろな漆でしあげた作品があったのですが、話に夢中になるあまり写真撮るの忘れましたー。


また、家の近くに木地作り等の工房があり、木材置場には彼が主に使う屋久杉、肥松、黒柿等の「宝物」が山のようにありました!


お昼で帰るつもりが昼食を近くのお米屋さんが経営するレストランでごちそうになりましたが、老人にとても優しいレストランで、65才以上の割引があり、安くてとてもおいしかったです。その後もKさん宅でコーヒーをいただいて、木工や他の趣味の話等、とても楽しいひと時を過ごさせていただき、帰りがけに近くのムサシへ寄って帰ると4:30をまわっておりました。


Kさん、今日は貴重なお時間、ありがとうございました。


昨日は京都駅近くに所用があったのと、北山のギャラリー翔でオルゴール仲間の「時の音色森の旅人」さんが個展を開催されているので行って来ました。その後はいつもの?お決まりコース、京都コンサートホールです。


北山へはいつも阪急と地下鉄で行くのですが、今日は京都駅経由ですのでJRと地下鉄です。


絶好のサイクリング日和ですから本当はMTBで行きたいのですが、コンサートの終了は9時過ぎですので帰りの事を考えて安全のため長岡京駅まで自転車で快適に! 3時半の京都駅前は観光客とおぼしき人達でいっぱいです! 用事を済ませ、再び地下鉄で北山に向かいますが、その前に立ち寄った伊勢丹の地下のパン屋さんで超旨そうなリンゴのパンを発見[E:eye] 思わず買ってしまいました! もちろん、私とおなじくりんご大好き人間の時の音色さんへの差し入れ分もゲットしました。



Img_1694



ギャラリー翔の全面ガラスのウィンドウ内に見覚えのある二人の姿が・・・時の音色さんとギャラリーのオーナーさんでした。(笑)


北山通りに面していますがギャラリー内はとても静かでオルゴールがとても良く響きます。



Img_1693



これは額装の50弁のトロイメライですが、とても優しい音でよく響きます。



Img_1691



こちらの額はは私のお気に入りの「音符から飛び出した?子供達」が描かれた物で30弁「おもちゃの交響曲」です。彩色のやさしい色使いと天然木の組み合わせがすばらしいです。



Img_1687



川原崎純子作品展は昨日から16日まで開催されていますのでメルヘンの世界とオルゴールの音色に浸りたい方は是非行って下さい。[E:notes]


http://atelier-j.blog.ocn.ne.jp/


我らが広報部長様の「のんちゃん」のブログにも紹介記事がありますのでどうぞ。


http://blog.goo.ne.jp/poem-non-27



6時前にギャラリー翔をおいとまして少し早めの夕食を取って京都コンサートホールへ。


今日の演奏者はラビッシュアンサンブル、京響の弦楽器奏者と木管の奏者のアンサンブルです。
曲目は第一部がシューベルトの弦楽四重奏曲「死と乙女」20分の休息を挟んで第二部が八十奏曲です。


コンサートの副題は「シューベルト〜秋霖の幻想」・・・秋霖とは秋のしとしと降る長雨のことですからまさにこれらのシューベルトの曲にピッタリの題ですね! 



Img_1695



死と乙女は全楽章を通して短調で書かれており、シューベルトの絶望感がかいま見られますが、美しいメロディです。


それにしてもシューベルトの曲はどれをとっても長い! 八十奏曲に至っては1時間近くかかりますから演奏者も聴衆もそれなりの覚悟?が必要です!(笑) 


しかしこんなに次から次へと美しいメロディや変奏が思い浮かぶものです。


今回のラビッシュアンサンブルの演奏会は第十一回ですから結成されて11年目なんですね。第一回の演奏会のプログラムもこの八十奏曲でしたから、今日は記念すべきコンサートのようで、 演奏にも特別に気合いが入っていたようです。


今回はこの八十奏曲の演奏時間が長いためかアンコールはなしです。(笑)そりゃ55分間も熱演したら疲れるでしょう。


それにしても美しい旋律に包まれた「秋霖の幻想」を満喫できたコンサートでした。
(おかげさまでこの日は雨は降りませんでした。)


次女の友人がやっている柴洋-京都店(ボルベール)というレストラン(カフェ?)へ行ってきました。


食材を盛りつける木のプレートが作りたいと次女と二人で工房に来たのがきっかけで、2枚ほど作って帰られたのですがその後お店で使いたいので10枚以上必要だが削るの大変なので作って欲しいとの依頼で14枚を作りました。


材は食材が映えて、匂い等のあまりしない木がいいので楓を使いました。(楓はけっこう硬いのでカンナ掛けは力いります・・・笑)



Img_0471



ついでにプレートの保管と乾燥用のラックも・・・15枚収納できます。


Img_0490







柴洋-京都店はとてもこじんまりしたしゃれたお店で、とってもアットホームで居心地の良い場所です。


但し、営業は不定期なので以下のホームページ、フェースブックで確認下さい。


http://sibayo.net/


https://www.facebook.com/pages/柴洋-京都店/224770944304154?sk=info&ref=page_internal


お待たせしました。


お料理は季節の野菜をメインにいろいろなメニューがあります。素材が生かされたとても優しい味で、しかもリーズナブルです!!


季節の野菜とチーズ、トマト、ブドウ、クルミのサラダ、上に乗ってるうす〜いのは人参のスライス!です。


野菜の名前、忘れましたがカラシ菜の一種らしいです。・・・で、先ずは白ワインで・・・ほんのり甘口ですが、とても料理にマッチしてます。


カウンターの上に仲良く並んでるのは野菜の巻き寿司です。・・もちろん、これもいただきました。



Img_1574_2



鱧の南蛮付け焼き ←これがまた超うまい!・・・ワインが進む・・こんどは赤・・ちょっと濁っててフルーティです。


Img_1573


写真ありませんが、メイン?は牛テールの黒胡椒風味シチュー(とろけるよう!)


デザートはミントのシャーベット(とても爽やか!)


今日のおみやげは、これ、ハーブとホワイトチョコのクッキーです。ハーブが効いて素朴なのに超美味です!


とても素敵なディナーでした。Bolverさん、ありがとうございました。


Img_1555



今日は朝から以前お世話になった滋賀県湖南市のアドワークスさんに行ってきました。


目的は来年の春に行う予定のオルゴールコンサート会場の下見と打合せというのが大義名分ですが、ほんとうの目的は「ヨーロッパチーズを愉しむ会」に出席することです!(笑)


建物はログハウスのカフェスペースと6角形のホールが廊下でつながった形のユニークな建物です。


しばらくの間休業されていたようですが、案内をいただき、10年近く前にヴァイオリンとビオラのデュオのコンサートを聴きに行った時のホールでの音響が心に残っており、ここでオルゴールを演奏すればよく鳴るだろうな!と思い、その事を話すと、ぜひ来年の春にやりましょうということになり、72弁のオルゴール持参で行って参りました。



Img_1509_2



想像していた以上の響きです!!


ホールの形やドーム型に近い高い天井がヨーロッパの教会のような、それでいて柔らかく優しい響きで包み込まれるようです。




Img_1508




これはもうやるしかないですね!(笑)


ということで本日メインの?「ヨーロッパチーズ」に突入でーす。今日のチーズはフランス産の物をメインに6種類のチーズをフランスチーズ鑑定士の西田景子さんがチーズの紀元から種類、製法、おいしい食べ方などなどとても詳しく説明して下さいました。私はチーズ大好き人間なので今日の種類のチーズは初めてではなかったですが、詳しい説明とエピソード等を聞いて食べると、また新しい発見や食べ方があり、とても美味しくいただけました。


今日は車で来ているのと昼間でもあり、ワインはありませんでしたが、水とフランスパン、フルーツ、野菜でいただくと、よりいっそう各チーズの味が引き立って食べ比べには最適だったと思います。


夢中で食べてたので写真撮るのをわすれました〜。


ホールで開催されていた藍染めと陶器の展示会で、とてもおしゃれで優しく使い易そうなマグカップを見つけたので帰りがけにゲットしてきました。(早速食後のコーヒーに使っています。)



Img_1516



今日は曇ってはいますが、雨は降っていません。三人とも早く寝たせいか、みんな目覚ましが鳴るまでに起床!


7:30の朝食まで奥社入口付近の鏡池と小鳥の池を散策です。曇ってても早朝の空気は気持ちがいいです。


鏡池はその名のごとく、水面に戸隠山が映ります。紅葉の時はさぞ美しいでしょう。また晴れた早朝には山肌に朝日が当たって、さらに美しいことと思います。



Img_0986


小鳥の池もとても静かな場所です。一羽のカルガモが一直線に池の中央に・・・


Img_0991


水辺にはいろんな高山植物が咲いています。こんな面白いのも・・・


Img_0994



朝食の後は森林植物園を散策、残念ながら水芭蕉は5月頃なので、今は巨大に成長した葉だけですが、色々な夏の花が咲いているので見飽きる事はありません。


ポピュラーなアザミですが、やっぱりきれいですね。


Img_1015


水楢のドングリの赤ちゃんも育ってます。


Img_1017


シシウドに似ていますが、たぶん、同じ仲間のシラネセンキュウと思います。


A



戸隠牧場にもちょっと寄ってみました。


牛が放牧されていますが、時折、小雨が降るためみんな牛舎の屋根の下にいるようです。


ポニーたちは元気よく草を食んでいます。とても人懐っこく、手を差し伸べると牧柵越しに顔を近づけてきます。


なんと言っても背景の山々と緑が美しい牧場です。


ホルスタインの軽トラもいました(笑)


Img_1009




牧場の入り口に瀟洒なカフェがあったので、10時のティータイムをいたしました。


ローズヒップティーとレモングラスティーです。色、かおり共にGood!!


ケーキは蕎麦を使った物があり、あっさりとおいしかったです。


Img_1014



台風も気になるので早めに戸隠を後にして、安曇野のわさび農場経由で帰る事にしました。

昼食はもちろん新鮮わさびで食べる信州蕎麦です! ここの蕎麦もまた旨い!


8日から一泊で戸隠に行ってきました。


最近、長岡京ICが出来たので長野ICまで、ずっと高速道路です。(早く行けるけどおもしろくないな!)


長野市内が少し混雑してましたが11時前には善行寺に着いて、休息を兼ねて、ちょっとご挨拶。



Img_0961



戸隠方面へは善行寺の裏山を巻くようにかなりの急坂とヘアピンカーブの連続する「七曲がり」を登ってぐんぐん高度を上げて行きます。バードラインに出ると緩やかなカーブと直線部分のアップダウンが続く緑のトンネルの道となります。この道はまるでメルヘンの森を抜けて行くような、いつ通っても気持ちの良い道路です。途中の飯綱高原も緑の中にキャンプ場や瀟洒なペンションが点在して、ゆっくり滞在してみたくなる場所です。飯綱高原を過ぎると、俄然、蕎麦屋と宿坊らしき旧い造りの建物が増えて来ます。戸隠神社は宝香社、中社、奥社に分かれていて、中社付近は有名な蕎麦屋が多く、参拝客も多いので結構混雑しています。


今回は蕎麦ツアーも兼ねていますので中社前の蕎麦屋さんでちょっと遅い昼食です。1:30でも人気の店は長蛇の列!


と言っても麺類はわりと回転が速いので、20分位で座席に!並んでる人が少ない店にしましたが、蕎麦も天ぷらも超旨い!!



Img_0964



腹が減ってるから・・・いえいえそんな事は有馬温泉! 蕎麦があまり好きではなかった下の娘が「これは美味しい!」と言ってましたから本物です。(後でペンションのご主人に聞いたらどこでも味はほとんど同じですよ、名前だけ!とおっしゃってました。・・笑)


蕎麦を食べて幸せな気分で出て来ると、ほとんど降ってなかった雨が急に豪雨に! とりあえず奥社とスキー場の中程にあるペンション「あぜりあ」に直行。荷物を降ろして暖かいコーヒーをよばれ、部屋でしばしの休息です。気温は20℃、別天地ですね!


雨も小降りになって来たので、奥社前まで車で行き、奥社まで傘を片手にハイキング、中間地点の随神門までとその奥の杉並木の参道は平坦で門までは緑のトンネル、随神門からは樹齢400年の杉並木が続いて、どちらも清々しい気持ちの良い道です。杉並木は巨木で枝の位置も高く、通常の杉林特有の湿った暗さはありません。杉並木の後がほとんど広葉樹のためかもしれません。



Img_0971



Img_0967



Img_0976



杉並木を過ぎると、400mぐらい石段が続いて、奥社に到着です。昔は奥社の後に戸隠山が迫って見えたのですが、木々が生い茂ったのと、葉の多い季節なのでほとんど見えません。



Img_0973



往復で約一時間半、夕食前のちょうどよい運動です。(笑)入口の駐車場まで車で来たので、行きがけの駄賃に、戸隠山がよく見えるスキー場まで偵察に行ってきました。ここは正面に戸隠連山が一望できて絶景です!明日の朝早くもう一度来る事にします。



Img_0995


ひと風呂浴びたあと、ペンションのおいしいディナーとワインで午後9時過ぎにはもう就寝!! おやすみなさい・・・


昨日は府民ホールアルティ今日は京都文化博物館・別館ホールです。


今日のコンサートはバロックヴァイオリンの名手、シギスヴァルト・クイケン氏が演奏する「ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ」という珍しい楽器によるバッハの無伴奏チェロ組曲から1、2、5番です。


ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラはその名の示すようにチェロなんですが、股に挟んで弾くのではなく、肩から吊るしてヴァイオリンやヴィオラの様に弾きます。大きさはチェロの子供かヴィオラの姉はんという感じですが、音色はヴィオラのようなくすんだ感じ(これがまた渋くていいのですが・・・)はなく、ヴァイオリンのような輝きはありませんがよく鳴る中音域とけっこうしっかりとした低音域で、男性の肉声に近いのではと思いました。


この楽器についての詳しい説明が寺神戸 亮氏のブログに書かれています。


http://boreades.exblog.jp/1634907


府民ホール「アルティ」の玄関横に榎(えのき)の巨木があり、前から気になっていましたが、コンサートに来たついでに写真を1枚撮らせていただきました。


太い所は幹周り3m近くあるのでは?と思われます。こんな巨木が烏丸通のすぐ近くにあるんですが、江戸時代には街道の一里塚としてよく植えられたらしいので、その名残かもしれません。


さすがに大きくて立派な木だけあって、「区民の誇りの木」という看板が掲げられております!


午後7時前で雨も降っており、すでに暗かったのですが、何とか撮れました。



Img_0699



Img_0695



それで、昨日のメインイベント、コンサートの方は若くて美しい!クロアチア生まれの“ギターの妖精”アナ・ヴィドヴィチのギターリサイタルでした。木曜日にもかかわらず、ほとんど満席です!


彼女の演奏はものすごいテクニックなんですが、それを表に出さない卓越した音楽性とピアニシモの美しさ、そしてあのギター演奏特有の低音弦をこする?音がほとんど出ない!というすばらしいものでした。


そして万雷の拍手に応えてアンコールにイエスタディを弾いてくれました。



Img_0700



昨日の清水行きで腕が赤銅色に焼けました!


特に帰りはちょうど日中で日射しを遮る物もなく、一気に・・・



Img_0692


お風呂に入ると、ちょっと「ひりひり」(笑)



今日はむさ苦しい物をお見せしてすみません。


お詫びに昨日の清水から我が西山の工房への上り坂にある秘密の鞍馬苔の妖しいながらさわやかなグリーンをお見せします。



Img_0687


この日は光線の加減により、またいつもとは違ったグリーンに輝いていました。


汗が噴き出すのも忘れて、自転車を停め、激写しました!


中央のシダとの違いがお解りいただけると思います。


今日から時の音色森の旅人さんと陶芸家の宮田さんの二人展が東山の朝日陶庵のギャラリーくらで開催されています。


のんちゃんも来られるとの事で天気も良さそうなので、最近活躍中のMTBで行って来ました。


(のんちゃんと時の音色さんが揃えば、お天気は折り紙付き、保証付き、傘いらずですが・・・おらが村では傘なんぞいらね〜・・・えっ、村じゃないって!)


MTBで市内へ行く場合は以下の要件を満たすコースを選ばなくてはなりません。


1)アップ/ダウンの少ないコース


2)車の通行量の少ないコース


3)景色がよく、走って気持ちのよいコース


なかなか100%OKとはいきません。ちょっと遠回りになりますがが、私の好きな桂川右岸のコースも取り入れてみました。


最短距離だと14kmちょっとですが、ベストコースは16km弱となりました。



Photo


今日は日射しは強いが湿度が低く、ポタリングには絶好です。朝日陶庵さんの入口がわからず少し迷いましたが実質60分かかりました。アベレージは16km/h、久々のロングランにしてはまずまずです。


さわやかな天気だったので、走っていても汗は流れませんが、止まってしばらくすると暑いです!


とりあえず、宮田さんと挨拶を交わして、ギャラリーのエアコンの真下でしばし、涼ませていただきました。(笑)



エントランスには宮田氏の作品が出迎えてくれます。右側が「蔵」で分厚い扉が見えます。


Img_0673


普通の展示室から蔵を望むと、こんな感じです。


Img_0684


蔵の内部です。オルゴールの音色がよく響きます。


Img_0677


普通の展示室もなかなかいい感じです。


Img_0681



宮田氏の作品の一つ、最近はまっている?鞍馬苔の緑に少し似通った深いグリーンの織部焼きの楕円鉢


Img_0680


のんちゃん、時の音色さんと三人で少し早めのランチを「Cafe & Lunch あさひ坂」さんでいただきました。


ランチの写真は我らが広報部長様ののんちゃんにおまかせして、私と時の音色さんは、もうお箸持ったのでカメラ出せへ〜んと言いながら食べるのに全神経を注いでいました。(子供か?!)


料理が出て来るまでに撮った砂時計の写真だけ一枚!(それも席に座ったままズームを駆使して撮る!というていたらく)



Img_0683


二人展「陶と音色」は15日まで開催されていますので是非見に行って下さい。


↑このページのトップヘ