毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

お出かけ・旅

今日はバッハの無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータの演奏会です。
しかも私の好きなバロックヴァイオリンの名手、寺神戸さんの演奏ですから、これは絶対に聴きに行かなくてはなりませぬ!
バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータ
は全6曲から成り、今日は第2番のパルティータと第3番のソナタそしてパルティータでした。
IMG_8590

そして今日のコンサートは一部と二部に分けて行い寺神戸氏は演奏終了後最終の新幹線で東京に行かれるとのことでアンコールができないので第一部の冒頭にアンコール用のテレマンのファンタジーを持って来るという変則的なコンサートでした!

午後6時からの開演で途中に休息の35分をはさんで9時までのすばらしいバッハを聴かせていただきました。また寺神戸さんのバッハのこの曲に関するとても興味深いお話を聞くこともできて、バッハファンにとってはまたとない演奏会でした。
IMG_8592

昨日はギャラリー&カフェKanonさんでの展示会の最終日、そして最後のニューイヤーコンサートでした。
作品の撤収があるので車で出かけましたが絶好のドライブ日和、雲一つないピーカンです!風もないので暖かくなりそうです。

午後から定員いっぱいの15名の方々が聴きに来て下さいました。そして、何と時の音色さんのファンの方が親子連れで明石から!

なぜかこの日は一枚も写真を撮りませんでしたがギャラリーオーナーのKさんがまたまたナイスショットを撮ってくれました。
 IMG_8582

そしてこの日のコンサートに来られた方がイラストを描いてくださいました!
なんかえらい若く描かれてるな〜、しかもかなりのイケメン(笑)
えっ、聴衆の中にいる人、森のクマさん?・・・ひょっとして森の旅人さんのお知り合い?(笑)
IMG_8581

長いようで短かかった1月の展示会とコンサートでした。
ご来場いただいた皆様にお礼申し上げます。
カノンさん、毎日おいしい紅茶やご配慮ありがとうございました。

昨日は名古屋のカノンさんへニューイヤーコンサートのために行ってきました。
今回も荷物がないので高速バスで行きましたが東名阪から見た御在所岳です。
道路はきれいに除雪されていますが土山から鈴鹿市あたりにはまだかなりの量の雪が残っていました。
 IMG_8556

カノンさんに10時半に到着!
雲一つない快晴で風もないので暖かいです。その分、朝の冷え込みはきびしかったですが・・・
IMG_8557

少し遅れて時の音色さんも神戸の妹?Mちゃんと一緒に来てくれました。
で、さっそくおいしい紅茶をいただいてティブレークです。
IMG_8558

コンサートは午後2時からです。
開演前の緊張?の一瞬!(笑)
この日は定員いっぱいの15名の方々が来て下さいました。
しかも神戸からのMちゃんをはじめ、何と大分からもはるばる来ていただいて、ビックリ、感激です。
息子さんが近くに住んでるので・・とのことですが、それはどうも口実のような気がしまして、多分オルゴールと時の音色さんに会いに来られたのでしょう。
今日もこのすばらしい空間で皆さん、オルゴールの音色を楽しんでいただけたことと思います。
ありがとうございました。

次回のコンサートは展示会最終日の1月28日(土)午後2時からです。題名は今日と同じニューイヤーコンサートですがプログラムの内容を変えて公演致しますのでどうぞおたのしみに。
IMG_8562

コンサート終了後今日は少し早めに失礼させていただき、時の音色さんとMちゃんと3人で名古屋駅のJRセントラルタワー13Fにあるマーノ・マッジョというイタリアンへやってきました。
そうです、今日はMちゃんの誕生日なのでささやかなバースディパーティです。(いくつの?って・・それは内緒です。)
サラダ、ピザ、パスタを自由に選べるコースでサラダは生ハムです。
ドレッシングがあっさりしていて、とても口当たりが良く、ボリュームはけっこうありますが、これならいくらでも食べられそう・・・。
IMG_8564

奥の小さいプレートのが茄子とチーズ(だったと思います。)のピザでこれが絶品なんです!
手前のはモッツァレラとマルゲリータだったかな?とにかくおいしい(笑)
ピザの生地が薄くてナンかクレープのような感じで、サラダ同様、パクパク食べられるんです。
トッピングの味も上品であっさりしていて、濃厚なのが好きな人には物足りないかもしれませんが、ここのピザは意外でした。
IMG_8565

楽しかったバースディパーティも終わって、彼女達は新幹線で、私はバスで一路長岡京へと向いました。途中休息の土山PAです。芝生の上にはまだ20cm程も雪が残っていました。
IMG_8566

今日は荷物がないので名古屋まで高速バスで行きます。
私の家から自転車で17分の所に阪急西山天王山駅があり、ちょうど駅の上を京都縦貫道が通っていて駅からエレベーターでバス停まで直結、嬉しいことにエレベーターの下にはエアコン付きの待合室があるので寒い思いをせずにバス待ちができます。
写真は出発少し前、7:25頃です。
京都を出た時は晴れていましたが滋賀県に入ると少し曇ってきました。
バスは新幹線に比べると少し時間がかかりますが往復割引+シニア割引を使うと往復¥3,600で行けるのが魅力です。特に急ぎの用事でない時は十分に利用価値があります。但し、このラインは本数が少ないのが難ですが・・・。
IMG_8509

今日から二人展の開催ですので本番のオープニングコンサートです。
IMG_8511

先日のプライベートコンサートと同じプログラムですが、お話の内容等は微妙に異なります。
今日も大勢の方に聴いていただき、オルゴールの音色を存分に楽しんでいただけた事と思います。
ご来場下さいました皆様、ありとうございました。
次回は18日(水)にプログラムをニューイヤーコンサートに変えて公演致します。
 IMG_8512

昨日から名古屋のギャラリー&カフェKanonさんに”オルゴールと木工二人展の搬入に行って来ました。

昨日の搬入は午後から雨が降って来ましたが荷下ろしの時はまだ降っていなかったのでラッキーでした。

そして今日は朝からこの青空!! 風もほとんどないので暖かい!
今日はカノンさんの親しいお友達を招いてのプライベートオルゴールコンサートですが申し分のない天気となりました。
この建物の内部がギャラリースペースです。
IMG_8494
ギャラリースペースの後側のエントランス、左手の棟がカフェスペースです。

IMG_8493

玄関にはコラージュ風に出展作品の写真を配した案内板が掲げられています。
IMG_8499

コンサート用のレイアウトです。
正面中央の共鳴箱の上でオルゴールを演奏するとこのホールの隅々までオルゴールの音色が響き渡ります。多分、このドーム状のホール自体が共鳴箱となっているんでしょうね。
私の聴いた感じではホールの中央付近に一番良く響くスポットがあるように思います。
11日からの開催期間にじっくり確かめようと思います。・・・音色の妖精Go!!! ♫・・・
 IMG_8489

4面の壁にいろいろな額を吊るしたので視覚上もなかなか面白いレイアウトになったと思います。
IMG_8492

IMG_8497

IMG_8500

これは時の音色さんの同級生のKさんが描いてくれた線画ですが、これからは二人のコンサートの時にはこの額を掲げるつもりです。(笑)
IMG_8501

今日のプライベートコンサートには7名の方が来て下さり、午前中のコンサートでは18弁から100弁までの7種類の「カノン」を満喫したりして、じっくりオルゴールの音色を楽しんでいただけたことと思います。
お昼には近くのレストランでおいしいイタリアンを皆さんと一緒にいただき、午後はプログラムにはなかったオルゴール等をゆっくり見ていただきました。
そしてティータイムにはカフェKanonのおいしい紅茶をゆったりと・・・とても充実したプライベートコンサートで参加された皆さんも 喜んでいただけたと思います。

カノンさん、昨日、今日と2日間大変お世話になりました。 11日からの本番もよろしくお願い致します。
帰りは京都から駆けつけて来てくれた我らが広報部長ののんちゃんと時の音色さんを乗せて順調に長岡京ICまで2時間ほどで 到着しました。
お疲れさまでした。 

今日は工房を早々に切り上げて初コンサートへGo! と言ってもカフェモンタージュは8時からの開演ですので家で軽く早めの夕食を取って余裕で出かけられます。

今日のプログラムはモンタージュおなじみのチェロ奏者、金子鈴太郎さんの演奏でベートーヴェンのチェロソナタ2曲と魔笛(モーツァルト)の主題による変奏曲でした。
IMG_8486
 新年早々、チェロの馥郁たる音色、しかも演奏者の直前で聴くというとても贅沢なコンサートでした。
ピアノの奈良田さんとの息もぴったりで、オールドスタインウェイの音色が実にチェロに良く合うんです。

いつものベートーヴェンチクルスではアンコールはないんですが、今日は金子さん、よっぽど気分よかったと見えてバッハの無伴奏第三番からアルマンドを弾いてくれました!  幸せ〜♪♫ 

今日は今年最後のカフェ・モンタージュ


「クリスマス バロック」の夕べです。
バロックヴァイオリンとリュートによるビーバーとシュメルツアーのソナタ演奏・・・普通のクリスマスコンサートではまず聞くことのないマニアックな曲でした。


しかも今日は終演後に演奏者でケルン在住の蓮見さんと阿部さんが持って来てくださったケルンのシュトレンを一切れいただきました!そして飲物はクリスマス紅茶!!


Mary Christmas!



Christmas_baroque20161224



今日も朝から快晴!
朝の冷え込みは厳しいですが、風もないのでお昼は暖かくなりそうです。


Img_8404


今日もたくさんの方々に見に来ていただけました。
ご来場いただきました皆様にお礼申し上げます。また来年の開催をおたのしみに・・・。


Img_8407



昨夜は久々に京都コンサートホールに行って来ました。最近はカフェ・モンタージュ通いで、何と2年近く行ってなかったようです。昨日はビブレで買い物をして時間が少し早かったので北山までぶらぶら歩いていきました。
写真は北大路橋の欄干ですがこうして見ると昼間と違い、なかなか風情のあるものです。


Img_8338


今日のプログラムはプラハのプラジャーク・クヮルテットの演奏でベートーヴェンの弦楽四重奏曲第10番、モーツァルトトとブラームスの弦楽五重奏曲でした。弦楽五重奏曲はロータス・カルテットのヴィオラ奏者、山崎智子さんが加わりました。


近頃カフェ・モンタージュのサロンコンサートに慣れているせいか、ステージが遠い!!座席は前から5番目ですからかなり近いはずなんですが・・・(笑)


それはさておき、プラジャークQの緻密で息の合ったすばらしい演奏が楽しめた一夜でした。



今日は朝から知り合いの木工家さん達の展示会「一木一優」木工芸・漆 展に行って来ました。


Img_8244



場所はみやこめっせです。地下鉄東山駅に少し早く着いたので付近をうろうろ散策しながらゆっくり会場に向いました。


Img_8229


京都市内の紅葉もすっかり終わりですね。


Img_8211


図書館の前に展示してある市電、なつかしいです。
この車両はもともと800型として昭和25年頃から製造されたうちの一両ですが後にワンマンカーに改造され、1800型となっています。1860は確か大宮交通公園に展示されていましたがここ、岡崎公演に最近引っ越して来たようです。


Img_8212


みやこめっせ向かいのロームシアター前にはロンドンタクシーが2台停まっていました。
ロンドンで有名なタクシーと同じ車両ですがこちらは真っ赤に塗られています!(なぜかCHANELのロゴ入り)
ロンドンタクシーは別名「ブラックキャブ」と呼ばれる黒塗りのオースチン、長さは5m近くあると思いますが最小回転半径は日本の軽自動車と同程度です。


Img_8228


さてさて10時になったので展示会場にやってきました。(芳名録一番乗り!・・笑)


8名の作家さんの作品が2つの部屋に展示されています。この部屋は「Myテーブル」コーナーで、それぞれの作家さんのテーブルとそれに付随する作品がレイアウトされています。


Img_8213


案内状をいただいた、今や伝統工芸師さんでもあるIさんのコーナーです。
非常に細かい細工と丁寧な漆塗りが施されています。


Img_8216




部屋の中央にデ〜ンと置かれたこの”ロータリーテーブル”
これは天板がリバーシブルになっていて裏面は(どちらが裏なのかは聞きませんでした!)黒の漆塗りとなっています。
この面はイタリア製だったかな?のガラスのタイルらしいです。一粒の直径は10〜15mmくらいで扁平なマーブルチョコみたいな形でした。なんともインパクトのある作品です!


Img_8219


こちらは女性木工作家Yさんのテーブルとスツール、直線的でシャープなデザインですが機能的で日常使いには一番使い易いでしょうね。


Img_8220


これはまたグラマラスな脚のスツールですが・・・欅なので重いでしょうね!(笑)


Img_8221


Aさんの真空管アンプ(シャーシの枠とレベル調整ツマミが木製・・トランスはタンゴ製が使われてました・・懐かしい!)
そしてフォステクスのユニットを使ったスピーカーボックス・・・ナチュラルないい音です・・。


あっ、下のテーブルがメインなんですかね?
ついついアンプとスピーカーに目が行ってしまいました(笑)
今回のテーブルは脇役にまわっているようで・・・ひょっとしてAさんの思いもそうなのかも?


Img_8217_2



今年の木工の技法コーナーは曲げ木、曲げワッパや素材や、湯煎するための容器等も展示されています。


Img_8218_2


隣の部屋には各作家さんの通常?の作品、まず、目を引いたのはこの擬宝珠の形と題したろくろ作品です。
カラフルに彩色された物もあって、見てるだけで楽しいですね。


Img_8222


Iさんの小引出しや正十角形の箱もの、五稜箸等、手の込んだ緻密な作品群です。


Img_8226



Yさんのモビールですが、なんとこのプロペラがモーターでゆっくりと回るんです!(反対側にも4枚あります。)
まるでスタジオ・ジブリのアニメに出て来るような雰囲気!
もう電池がないかも・・と言いながら回して見せてくれました。
直線と優美な曲線のハーモニーがすばらしい。じっと眺めていてもまったく飽きませんね。


このモビールの前でYさん、Aさんそしてもう一人のAさんと木の話を交えながらオーディオ談義、もうこうなると好き者同士、話は止まりませんので切りのいい所で失礼しました。


とても楽しい会話ができた1時間でした。


Img_8227


この写真、まるで空をゆっくり飛んでいるようにけっこううまく撮れたと思います!
(バックは白い壁なんですが淡いブルー系のスポットライトが点いていたようです。)


展示会は明日まで開催されていますので興味のある方はどうぞ見に行って下さい。
明日は最終日で10:00〜16:00までです。


↑このページのトップヘ