毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

お出かけ・旅

ドイツ紀行−2 ローテンブルク1日目

ユーロバスは定刻の12:35にローテンブルク・オプ・ディア・タウバーのシュランネ広場に到着しました!(ローテンブルクという町は何カ所かあるようでここはタウバー川の傍にあるのでオプ・ディア・タウバーと呼ばれています。)
先ずは今日宿泊するホテル”クロスタースチューブレ”をめざして歩きます。
事前に地図で確認したところでは1km弱ですから10分弱ですがどの通りも完璧な!石畳ですのでスーツケースのキャスターが悲鳴をあげます!!(笑)しかも緩やかな登りなので・・・ゆっくり歩くより手はないようです。(まだお土産も入ってませんからたいした重量ではないんですが・・)
街並はとてもわかりやすいのでほどなくホテルが見えてきました。
”クロスター”は修道院の意味もあるようでそれに似つかわしいシンプルな壁と入口です。
IMG_9623

建物は4階建てですがエレベーターはもちろんありません。部屋は幸運にも2階でした。(笑)
でも階段の壁にはシンプルながらステンドグラスや絵画が飾られてとてもいい雰囲気です。
IMG_9621

2階の吹き抜けから見た1階のホールです。
部屋は豪華ではありませんがこじんまりとしたとてもくつろげる空間で今回の旅行で、一番気に入ったホテルでした。
IMG_9622

ホテルのチェックインを済ませてさっそく街の散策に出かけます。
ホテルから歩いてすぐの”プレーンライン”、超有名な場所でローテンブルクといえばこのアングルの写真が載っているんですがやはりここへ来るとだれでも写真を撮りたくなります。(笑)
マルクト広場から南に少し降りて来て石畳の道が左右に分かれる所に木組みの古い家、その両側奥に2つの塔が見えます。(左がジーバー塔、右手の坂の下はコーボルツェラー門)
IMG_9597

ちょうどお昼過ぎでバスに揺られておなかも空いているのでローテンブルク名物のシュネーバル(雪玉)というお菓子とローストビーフサンドをプレーンライン近くのパン屋さんで食べました。
”シュネーバル”は紐状に細くしたパイ生地を丸めて油であげ、粉砂糖をまぶした物ですがチョコレートやモカ風味の物等、6種類ほどあります。プレーンな砂糖の物とモカを頼んで半分に切ってもらいました。直径10cmほどありますからでかいんです!
味は思ったほど甘くなくてほどよい甘さでした。そしてサンドイッチはパンの種類がいくつかあり、この胡桃やひまわりの種?のトッピングのパンがとても美味しいんです。どのパンもおいしそうで決めるのに迷いました(笑)
IMG_9596

プレーンラインの木組みの家の窓です。
IMG_9603

ジーバー塔をくぐって南の入口、シュピタール門へと向います。
シュピタール門の外側のアーチにはかの有名な「Pax intrantibus, Salus exeuntibus」”歩み入る者には安らぎを、去りゆく人には幸せを”というラテン語の文字が刻まれています。この門ができた中世期には戦いが絶えず、本当は反語を入れて”来る者とは戦いを、去る者には不運を”という意味だったらしいです。
IMG_9608

シュピタール門は数あるローテンブルクの城壁の門でも大規模な物で門の内側には円形の要塞が築かれています。(シュピタールバスタイ)
IMG_9610

要塞の中も見学でき、当時の大砲が城壁の外へ向って3台も置かれていました。
IMG_9612

シュピタール門から城壁に登り、城壁巡り、家々の屋根や通りが手に取るように望めます。
IMG_9613
IMG_9614

 夕方いったんホテルに戻り、シャワーを浴びてホテルからすぐ近くのブルクガルテンまで散歩に行きました。ブルクガルテンにはキャッスルタワー(門)をくぐって行きます。
IMG_9626

ブルクガルテンは緑がいっぱいで元はお城(宮殿?)があったらしいですが今は無く敷地内にはユダヤ人の礼拝堂が残っています。
IMG_9632

IMG_9633

ブルクガルテンからのタウバー川を隔てた旧市街地の眺めです。
IMG_9630

ふたたび旧市街へもどり、昼間に見つけておいたレストラン”Zum Schwan"で夕食。
(実はこのレストラン、日本語のメニューありますと表に書いてあったのです。・・笑)
焼きソーセージとポークのなんとか煮、なんとかパスタ添えというのをいただきました。(いい加減度全開!)ここ、ローテンブルクはフランケンワインの産地でもあるので気になったのですが、今日は良く歩いたのでスカッとビールにしました!ドイツはどこの町に行ってもビールが旨い!もちろん、乾燥した気候のせいもあると思いますが。
旨いビールに酔いしれて写真をすっかり忘れてましたー。
34)


夕食を終えて外に出ましたが午後8時でまだこんなに明るいんです!!
IMG_9652
 

ドイツ紀行−1 フランクフルト〜ローテンブルク

今回の旅行はドイツのロマンチック街道です。
ロマンチック街道と言っても北のヴェルツブルクを起点に南のフェッセンまで410kmに渡って30もの街が点在しています。5日間ですべて回る事は当然無理ですからロマンチック街道のハイライトであるローテンブルクとフェッセンに行く事にしました。
ところがフランクフルトからローテンブルクへの列車を調べると最低2回は乗り継いで3時間半はかかります。もし乗り継ぎに失敗すると列車の本数も少ないので1〜2時間のロスは見ておかなければなりません。そこでフランクフルト中央駅から毎朝1本だけ出ている”ユーロバス”で行く事にしました。
このバスはフランクフルトを朝8:00に出発してローテンブルクに12:30に到着します。4時間半掛かりますが途中の主要な街で30分程度休息してくれるので息抜きとプチ観光も楽しめます。
そして一番楽なのは大きなスーツケースを乗り継ぎの度に引っ張って歩かなくてもバスに積んだままで目的地に行けるし、バスは旧市街地の中心部であるマルクト広場かその近くに停車してくれます。(鉄道の駅は少し離れている事が多い。)
はい、このバスです。なかなかいい感じですね〜。
IMG_9813

最初の休息はロマンチック街道の起点、ヴェルツブルクです。
ここはけっこう大きな街でマルクト広場も広大です。
写真は広場正面にある市庁舎です。
IMG_9574

広場の横には観光用の列車?が停まっていました。
IMG_9569

ヴェルツブルクのマルクト広場に停車中のユーロバス
IMG_9576


次の停車はヴィーカスハイム、ここには広場のすぐそこに宮殿があり、バスの乗客約15名の希望者でガイド付きの見学ができました。
IMG_9582

宮殿の入り口にある塔の屋根、美しい形です。
IMG_9584

宮殿はルネサンス様式の建物で内部の騎士の間は天上や壁の装飾が見事でした。
IMG_9589

広大な庭園・・・時間があればじっくり見られるのですが、バスの発車時間が迫っているので・・・
IMG_9590

宮殿の出入り口からマルクト広場を見たところです。
IMG_9592

ドイツではどこもそうですが窓辺には必ずと言っていいほど花がかざられています。
その横の垂れ幕には
生きている
住んでいる
働いている・・・
写真を撮ってる時には気付きませんでしたが何か哲学的な・・その下は隠れて見えないのでわかりません。(笑)
IMG_9593

 次回はいよいよローテンブルクです。おたのしみに・・・

チェコ、ポーランド、ハンガリーのポスター展

京都工芸繊維大学の美術工芸資料館で開催されているチェコ、ポーランド、ハンガリーのポスター展を見に行って来ました。
これらの国では第二次世界大戦後から1989年まではソ連の影響下にあり、芸術家達は自由な活動を行えずに絵本や公的な催しなどを告知する文化ポスター等で活躍しました。
資本主義国の商業ポスターとは異なり独特のセンスとユーモアにあふれたポスターの数々でした。
20170619-1
20170619-2
 

久々のぎゃらりー京町

今日は福知山のぎゃらりー京町へ行ってきました。
ぎゃらりー京町へは何回か行ってますが最後に行ったのは2012年4月ですから5年ぶりでした!
今回はオーナーのTさんに依頼されたエアコンのカバー製作のための下見に伺いました。
朝8時半に迎えに来てもらった頃には心配していた雨も止み京町に着いた頃には薄日も差してきました。
IMG_9451
表の間に新しくエアコンを入れられたのですが室外機が町家の風情にそぐわないために町家の外観にマッチしたカバーを作ります。
外観はもちろん大切ですがエアコン室外機の機能を阻害しない構造でなければなりません。
IMG_9452

合わせて展示室の室内ユニットも部屋のイメージを壊さないようなカバーを取付ける事にしました。
IMG_9473
IMG_9461
この他にも2階の大屋根のトラスや梁を見てもらうための階段や玄関先の街灯も考えておられるようなのでちょっと忙しくなりそうです。とりあえずはこのエアコンのカバーですね。

下見や寸法取り、だいたいの構想をまとめて、通り庭のコーナーでコーヒーをいただきました。
いつ来てもこのコーナーのテーブル前に座るとおちつきますね(笑)
IMG_9472

Tさんは玄関横のディスプレイウインドウを夏バージョンの飾り付けに変えていました。
なんでにゃんこがスイカもらって喜んでいるのか、訳がわかりませんがカワイイから許します。(笑)
IMG_9478

福知山 ぎゃらりー京町
http://blog.livedoor.jp/takahasi2010/

おでかけ・・・そしてカフェ・モンタージュへ

昨日は夕方から画廊用のオルゴール枠(額)を届けに時の音色さんの工房へ寄り、その足で一緒にギャラリー翔さんへと向いました。
今週はギャラリー翔さんで昨年、国東の濤音寮でお会いした和紙人形作家の筒井さんがはるばる小倉から来られて展示しておられます。時の音色さんも友情出展ということでちょこっと出展されています。
筒井さんの紙人形は大正から昭和初期のロマンを彷彿とさせるような作品が多く、ちょっと異空間に迷い込んだような独特の雰囲気があります。
彼は古い映画に造詣が深く、人形のとても繊細な表情や切り取られた動き、細やかな衣装等にもその影響が表れているようです。
話に夢中になって写真を完全に取り忘れましたー!!
大正ロマンの和紙人形に会いたい方は下記ギャラリー翔さんまでどうぞ。
http://www.yk.rim.or.jp/~ga-sho/thisweek.html

午後6時で展示会を後にし、近くの新々堂で軽めの夕食を3人で取って私はまたまたカフェ・モンタージュへ!
筒井さん、泊まっているホテルでも朝はパンだったらしく、「何で京都まで来てパンやねん!」と思ってるでしょうが、京都人はパン好きなんです。悪しからず(笑)


そして、やって来ました「カフェ・モンタージュ」
42)

今回はカフェモンタージュの「ウィーン音楽祭」ということで今夜のプログラムはW.A.Mozartのヴァイオリンとヴィオラのためのデュオ2曲とR.フックスの作品です。
演奏は京都市交響楽団のコンサートマスター、渡邊 譲さんと主席ヴィオラ奏者の小峰航一さんです。

モーツァルトのデュオK.423とK.424は私の大好きな曲ですが、2曲とも同時に演奏されるというのはけっこう珍しいと思います。(LPやCDではカップリングされている事が多いですが・・)というよりこの曲自体が演奏会で取り上げられる事がまれです。
モーツァルトはヴィオラの名手でもあったと言われており、通常は縁の下の力持ちであるヴィオラにも光を当てたこれらの作品はモーツァルト以前にも以降にも存在しません!
ということで今夜もすばらしいひと時でした。  Viva Mozart!!
57)
IMG_9365

長岡京市民管弦楽団演奏会

今日は午後から長女が在籍する長岡京市民オーケストラのコンサートに行って来ました。
と言っても場所は長岡京記念文化会館(中央公民館)ですから自宅から自転車で5分もかかりません。
IMG_9351

今日のプログラムはウエーバー「魔弾の射手」序曲、ヒンデミットの交響曲「画家マティス」後半はベートーヴェン「交響曲第7番」でしたがオーケストラの配置がいつものドイツ式?と違って古典式の配置でした!
一般的に良く採用されているドイツ式は左から第一ヴァイオリン--第二ヴァイオリン--チェロ--ヴィオラですが古典式は第一ヴァイオリン--チェロ--ヴィオラ--第二ヴァイオリンというよにヴァイオリンが両翼に来ます。
古典様式の曲ではよく第一ヴァイオリンに呼応(対話)するような第二ヴァイオリンの旋律が出て来る事があるので聞き手からするとそれが非常に良くわかる配列なのですが一方、第二ヴァイオリンは通常第一ヴァイオリンのメロディの補助やリズムをきざむために使われる事が多いのでこの配列だと距離が離れ、高度なアンサンブル技術がないと特に第二ヴァイオリンは弾きずらいでしょうね。ということでアマチュアオーケストラでこの配置を取るのは珍しいと思います。

これは指揮の山本さんの考えなんでしょうか?ベートヴェンの7番は彼の交響曲の中でも特に古典的要素の強い曲ですからこの配置で聴けるのはとても興味深かったです。

この熱狂的なリズムの曲はとても熱演でしたが、このあとアンコールにシューベルトの「ロザムンデ」の間奏曲第3番の清涼で優しい曲を持って来るというのは心憎い演出でした!   ブラボー!!!
IMG_9352
 

美山かやぶきの里

今日は先日の個展でオルゴールコンサートのオファーをいただいた美山かやぶきの里まで下見を兼ねて行ってきました。オファーをいただいたKさんは時の音色さんのお知り合いですから各々のオルゴールを持っての視察です。同じ京都府下ですが金閣寺あたりからだと50kmくらいありますから大阪市内へ行くのと距離はかわりません。しかも高速道路は無く、屈曲の多い山間道路なので途中休息を入れると1時間半は優にかかります。国道162号線(通称、周山街道)は若い頃からよく走った私の好きな道ですが・・・最近は高尾の材木屋さんくらいまでしか行かなかったので久々のロングドライブを満喫しました。しかし昔と比べるとカーブが多いのは変わりませんが道も良くなって随所に道の駅や休息できる施設が増えて走りやすくなっていました。

今日も最高の天気に恵まれて美山かやぶきの里に到着しました。
目指すは「お食事所きたむら」という蕎麦屋さんです。そうです昨日に続いて今日もお昼は手打ち蕎麦です! 一日、限定数しか打たないらしいのでお取り置きをお願いしておきました。
11時前に到着しましたが担当のKさんは接客で忙しそうなのでコンサート会場予定のカフェギャラリーを見に行きました。
3年前に行った五箇山もそうでしたが、ここも中国人観光客が多いです!
五箇山のかやぶきは加賀藩をバックにした養蚕と火薬作りのために豪壮な合唱造りで5層(5階建)もある巨大なかやぶきでしたが、ここ美山は京都北山型の入母屋造りで五箇山に比べると威圧感が無く、我々の頭の中にある昔話に出て来る一般的な山間部の農村風景そのもので見ていてとても落ち着くんです。
IMG_9159

集落の前には桜並木の美山川の清流が流れ、今の季節、道の脇には春の花々が咲き乱れツバメが飛び交うという「日本昔話」を絵に描いたような風景です。
IMG_9160

懐かしい郵便ポストの横を通って少し山手へ登ると目指すカフェが見えて来ました。
IMG_9177

交流館「彩花」この建物の右半分がカフェ、左半分がギャラリースペースになっています。
IMG_9161

ギャラリースペースでは水彩画や切り絵の作家さんが展示会をされていたので少し見せていただき、
カフェスペースの奥に陣取って持参したオルゴールを演奏してみました。
今日は気温が高くて良い天気なので入口側の縁側はフルオープン、奥の障子も網戸ですがオルゴールの音は十分に響き渡るようです。合格!!♫(笑)
カフェの担当のお姉さんも忙しそうなので勝手に鳴らしていましたが手の空いたお姉さんはオルゴールを見るなり挨拶もそこそこにタブレットで動画を撮り始めました!!そして、「オルゴールっていいですね〜♪」またまたオルゴールの信者が増えたようで・・・
コンサートの説明等をするうちお昼になりましたが蕎麦屋さんは多分一番忙しい時間帯なので集落の中を1時間程見学させていただき、蕎麦屋さんへ戻ることにしました。
IMG_9180

茅葺きの建物を火災から守るための放水銃がいたるところに備え付けられています。
一見、かやぶきの里にふさわしいレトロな形ですがいざという時には中央司令室?からの操作でこの小屋の屋根が一斉に開き、放水されるそうです。
年二回、この一斉放水の訓練があり、ちょうど一昨日に行われ、5,000人もの方が訪れたとのことでした!
IMG_9165

入母屋のトラス部分の紋です。これは多分集落によって異なり、ここ北村ではこの鼓型?(三角2つ)がほとんどでしたが巴の紋の家もありました。確か花背の集落では「水」の文字だったと思います。
IMG_9163

集落の東にある八幡神社の境内には杉の巨木がありその中でも特に大きい結の杉というのがあり、2本の杉が根元で繋がっています。
写真ではそんなに大きく見えませんが太い方は周長500cmとあるので直径は約1.7m、人の背程もある大木です。戸隠の杉も立派ですがこんなに太いのはなかったように思います。
家へ帰ってから案内パンフレットを見ると西側の稲荷社前にも樹齢400年の橡があるようです。次回に行ったときは是非この橡にも会わなくては!
IMG_9166
IMG_9168

神社の下の水路沿いには花をいっぱい付けた桐の木がありました。こんなに花の多い桐は初めて見ました。
IMG_9169

集落の端の方の家の横に妖しい貯水タンク?を発見!階段の付いた高床式の小屋の下にステンレス製で下部にコックの付いたタンクが設置されており小屋の横からは煙突?の様な物が出ているんです。
何に使うものなんでしょうか?謎です。
IMG_9172

一時間少しあちこち見学して蕎麦屋さんに戻ってきました。
お客さんも少しは空いたようで、ちょうど良い時間です。
私はざる蕎麦と平飼いのミニ卵丼、時の音色さんは三種蕎麦セットを頼みました。
今日は忘れず、食べる前に撮影完了(笑)
ここの美山蕎麦はかなり細切りです。地方によって同じ蕎麦でも特色があります。
私の好みでは昨日のIさんの打つ蕎麦の方が好きですが美山の蕎麦もとてもおいしいです。
地鶏の玉子もおいしかったです!
IMG_9173

カフェの前に出ていた手作りの看板です。レトロとモダンが融合して面白い!
IMG_9179

今日も実にゆったりした優雅な一日を過ごせました。
コンサートの方は 一応11月の末で詳細の打合せはまた日をあらためてKさんに京都市内へ出向いていただくという事になりました。
忙しい中、対応して下さったKさんやカフェのお姉さん、ありがとうございました。

手打ち蕎麦パーティ

今日は大山崎でつづれ織りのKさんの工房で、その筋では有名な元蕎麦屋さん、今は石臼職人の若きI師匠を招いての手打ち蕎麦パーティに行って来ました。
私やKさんは昨年の12月に我々の工房村で年越し蕎麦を打ってもらったので2回目ですがKさんの奥さんはその時たまたま出席できずに悔しがっておられましたが、それがきっかけで今回のパーティと相成ったわけです。しかし今回は主催者側ですから準備等、さぞかし大変だったろうと思いますが、その分、手打ち蕎麦の醍醐味を十二分に満喫されたことと思います。(笑)
私は今回はゲストですので10時半にゆったりとMTBで乗り付けました。少し早いかな?と思いましたがすでに先客(布袋さん)がおりました。(笑)
わいわい喋っているうちに続々と来られて蕎麦打ちの実演が始まりです。

IMG_9148

簡単にこねているように見えますがかなり力が要りそうです。そしてこのときの水加減で蕎麦の腰が決まるらしいです。
IMG_9147

伸ばすところも圧巻ですが例によって写真撮り忘れです。
伸ばした麺を重ねてリズミカルな包丁さばきで切っていきます。
IMG_9152

余分な粉を落とすと同時に茹でる時にくっ付かないように切り口にも粉をまぶします。
IMG_9151

Kオーナーも挑戦ですが織物のようにはうまくいかないようで・・・みんな人ごとのように(人ごとですが・・)好きな事を言いながら写真撮りまくっています。(笑)
IMG_9153

茹で上がりを今や遅しと待つゲスト達・・はい、私は3番です!
3枚もお代わりさせてもらったんですが肝心の蕎麦の写真なしというテイタラク!!
蕎麦の香り、喉越し最高でした。
そして今日は食後にだったん蕎麦のアイスクリームのデザート付きでした。
Iさんの打つ蕎麦はとても洗練された都会的なセンスに溢れる蕎麦という感じがします。
IMG_9156
 
Kさんご夫妻、そしてIさん、ありがとうございました。
ここに来ると愉しく嬉しい仲間がどんどん広がって行きます。 

京の木工芸

今日は京都市内に所用があったのでその帰りがけに「京の木工芸」展を見に行ってきました。
場所は京都のど真ん中、東洞院御池、御池通りに面した旧家を改装したギャラリーです。
これで「しまだい」と読むんですね!
元々は糸割符商(江戸時代に幕府の認可を得て中国産の上質の生糸を一括輸入する機構、組合?)として1608年に操業し、江戸中期には銘酒「嶋臺」を扱う酒問屋も兼業して当時は東洞院から車屋町通りまで続いていたらしいです!今の建物は1883年(明治16年)の建てられた物で中庭を有した伝統的な豪商の町や建築で国の登録文化財に指定
されているらしいです。(京都に長らく住んでいながら知りませんでした!)
IMG_9142

建物もさることながらその悠久の空間で展示される京指物の展示会です。
京指物の特長はその種類と技法が多岐にわたるわけですが一般的な意味での指物(箱物)、彫物、挽物、曲物、刳物などの技法を駆使して作られています。
その技法や精密さ等すばらしい物ですが、どうしても型にはまった物が多いような気がします。
IMG_9145

残念ながら撮影禁止という事ですので不鮮明なパンフレットで・・・
IMG_9146

ちなみに「嶋臺」とは松竹梅、鶴亀、尉姥等を配し、蓬莱山をかたどって作った飾り物の事です。
 

17世紀スペイン

今夜はちょっと17世紀のスペインまでタイムスリップしてきました。
と言っても地下鉄丸太町駅から10分も歩けばワープできます! そう、おなじみのカフェ・モンタージュです。

今日のプログラムは竹内太郎さんの演奏でバロックギターとビウエラの曲です。
ビウエラとは聞き慣れない楽器ですがルネサンス時代にイベリア半島やイタリアの一部、中南米でも盛んに使われていたらしいです。スペイン語のビウエラとはイタリア語のViolaのことですがヴィオラを冠する楽器は広範囲にあり、今日演奏される「ビウエラ」はギターによく似たビウエラ・デ・マーノのことらしいです。
27)
 
さて、竹内さんのモンタージュでの演奏はこれで3回目ですが、今回も曲間の楽器のチューニングを兼ねての軽妙でかつマニアックなお喋りとすばらしいテクニックで17世紀のスペインをたっぷり楽しませていただきました。 
古楽器はガット弦を使うのでホールの温、湿度 によりすぐに音程が低い方へずれて来るのです。
竹内さんはなるべく息を止めて聴いて下さい!とおっしゃってましたが、聴衆のほとんどは「息を飲んで」聴いているので、本人自身の 熱演による熱気が主な原因なのではと思います。(笑)

そして、もしやと思ったのですが、やはり今夜も時の音色さんとばったり出会いました!(笑) 
とても優雅で愉しいスペインの一夜でした。 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 花嫁修業?
  • 花嫁修業?
  • 台風の爪痕
  • 台風の爪痕
  • 12345
  • 製材は続くよ!
  • 製材は続くよ!
  • ウォールナッツ杢板の製材
  • ウォールナッツ杢板の製材
最新コメント