毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

お出かけ・旅

今年の植物園 樹木編

昨日の植物園の続き、樹木編です。
ベニバナトキワマンサク
遠くから見ると紅葉しているように見えますが近寄るとこの通り花なんです。
IMG_1572

モチツツジ、10cm近い大きく立派な花です。
IMG_1585


IMG_1588

これはニュートンのリンゴ!
IMG_1595
IMG_1591

リンゴの花です。
昨年はまだ咲いてなかったですが今年はもう半分くらい咲いていました。
IMG_1593

こちらは開きかけの花、開花したものよりピンク色が濃くてかわいい感じです。
IMG_1596

イロハモミジの新葉
IMG_1598

名残りの枝垂れ桜です。
IMG_1600

榎(エノキ)と思いますが堂々とした枝張りです!
IMG_1603
IMG_1604
IMG_1606

西洋シャクナゲ
IMG_1608
IMG_1609
 
 

今年の植物園 草花編

今日はギャラリーに出勤する前に府立植物園へ行って来ました。
今年は自然の営みが例年より早いようで草花も少なめでした。

ツリガネスイセン
IMG_1567

エキウム カンディカンス(ムラサキ科)というマディラ諸島(ポルトガル)の花
IMG_1571

シバザクラ
IMG_1590


IMG_1620

さてさてチューリップですが、やはり今年は例年より早く開花したようで場所によっては見頃が過ぎていましたがいつ見ても美しいです。
IMG_1566
IMG_1607
IMG_1617
IMG_1618
IMG_1619
IMG_1616
 

オルゴールと木工展3日目

今日は朝から晴れ渡り、風もなく絶好のサイクリング日和です!!
自宅から北山ギャラリー翔までは最短で約19km、自転車で走りやすい道を通るので20kmあるかもしれません。これは久世橋付近の桂川堤防の自転車専用道路です。こんな道がずっとあればほんとうに快適なんですが・・・市内中心部に入ると信号と車が多いので非常に走りづらいです。最近は自転車レーンが設定されている幹線道路も増えて来ましたが歩道上に設けられた所は段差も多く、歩行者や犬の散歩等でとても快適とは言えません。
IMG_1549


IMG_1550

今日は昨日に比べるとお客さんは少なかったですが、今日も昨日、KBSの放送を聞いて来ましたと言われる方が2名、来られました。ありがとうございます。

4時ごろからは暇になったので少し配置換え、ステンドのオルゴールを光が通して良く見える位置に置きました。
 IMG_1557

モビールも窓際に
IMG_1561

IMG_1562

翔のオーナーさんの計らいで今日は5時過ぎに帰らせていただき、日没までに家に帰る事ができました。

オルゴールと木工展2日目

昨日の夕方から降り出した雨も今朝はあがって10:30には晴れ、はれ、ハレー!!
今日は朝一番からKBSラジオのラジオカーによる生中継のインタビューがありました。
「森谷威夫のおせわになります」という番組で京都の色々な場所やイベントを生中継でリポートするコーナーです。で、なぜかギャラリー翔さんでのオルゴールと木工展が選ばれた訳です。
実は一昨年も同じ番組の取材を受けていたので大体の内容と流れは解っていましたがやはり生中継で、ノーカット、ノー編集ですからドキドキしますね!

今日のリポーターは井川茉代さん、通称イカマヨさんです(笑)で、私、物真似のできない清水 明との即席コンビで展示会の内容と主にオルゴールに関するお話をさせていただきました。ラジオ番組ですから音声だけで全てを伝えなければなりません。オルゴールを演奏する前のゼンマイを巻く音等も入れてもらったのでオルゴールの音色と共にその雰囲気も伝わったのではないかと思います。
リポーターのイカマヨさん、そして音声担当のドライバーの方、ありがとうございました。

リポーターのツイッターです。
https://twitter.com/kbs_osewa
IMG_1546
 
嬉しい事に午後になってKBSを聞いてやって来ましたというご夫婦が訪れてくださいました!
そして現物を実際に聴いて感動しました!と言っていただきとても嬉しかったです。

今日は天気も回復し、暖かくなったせいか午前中からひっきりなしに大勢の方に来ていただけました。
おかげさまで開催期間中は好天が続くようです。明日も皆様のお越しをお待ちしています♫

オルゴールと木工展開幕

オルゴールと木工展が始まりました。
今回でもう早4回目となります。
IMG_1534

外から覗き込んだところ(笑)
IMG_1532

エントランスです。
IMG_1535

今年ももちろん恒例になったオープニングコンサートで幕開けです。
今回もほとんど満席の20名ほどの方に来ていただけました。
IMG_1543

曲間のオルゴールの説明
こういった説明は一般的にはほとんどされる事が無いのでけっこう好評のようです。
IMG_1542

時の音色さんの創作紙芝居、今日の出し物は「旅のこころ」でした。
この後、時の音色さんは西方の旅に出られました(笑)
IMG_1529

 コンサートは終了しましたが展示会は22日まで開催しておりますので皆様、どうぞ北山にお越し下さい。♫

オルゴールと木工展 設営完了

今日は北山ギャラリー翔さんでのオルゴールと木工展の設営日でした。
心配していた雨もお昼にはあがり、晴れ間も出て来ました。
北山で夕食を済ませて(腹が減っては戦ができぬ!)午後7時から設営開始、有能な?助手(次女)のお手伝いもあってちょうど2時間で設営完了しました。
IMG_1519

箱形のオルゴールはいつもの通りですが、
IMG_1522

今年は中央に椅子やテーブル類を配置してみました。
IMG_1525

エアコンの下にはウインドチャイムと音楽記号のモビールを吊り下げてみました。
IMG_1518
 
展示会は17日(火)午後1時からです。
オープニングコンサートは同日、午前11時開演(10:30開場) ですがまだお席も若干開いておりますのでご希望の方はご連絡下さい。
2018個展DMa
2018個展DMウラ
コンサートチラシ2018個展
 

木の音彩(ねいろ)展 終了

設営の4日はとても暖かくて暑いくらいでしたが2日目くらいからだんだんと寒くなり7日の土曜日は朝6時の福知山の最低気温は3℃!!真冬並みです。
そんな寒さをものともせずに大勢の方々がコンサートに来て下さいました。
IMG_1491

皆さん、とても熱心に見て、聴いていただきました。
IMG_1492
 
今回、初めてのLPレコード演奏との組合せも好評だったようで中には所有のレコードを持って来られた方もあり、楽しんでいただけた事と思います。

花冷えの寒い中を来て下さった方々にお礼申し上げます。 

木の音彩(ねいろ)展 開幕

4月5日より「木の音彩」展が開幕しました。
IMG_1482

今年はAさん(湖の国の吟遊工匠)の真空管アンプによるオーディオシステムが店の間の壁面に設置されて大迫力です!
IMG_1474

中の間には主に私のオルゴールやAさんの小物など
IMG_1475

奥の間の床の間にはAさんの漆塗りの作品
IMG_1478

そして時の音色さんの大型作品群が所狭しと・・・
IMG_1476

これだけの数の大型作品を一度に見せてもらうのは初めて?ですね!
IMG_1479

通り庭もとてもいい雰囲気です。
手前はAさんのペンダント類、木と天然石を組み合わせた新しい試みとのことです。
IMG_1484

明日、明後日のコンサートをどうぞおたのしみに♫
今回は真空管アンプによるLPレコード演奏もありますのでいつもより少し長い1時間15分程度を予定しています。
IMG_1490

入口では「珈琲処ぼん」さんのまろやかでおいしいコーヒーも販売しています。
IMG_1486
 

フルート四重奏曲

久々のカフェ・モンタージュです。
今夜はW.A.モーツァルトのフルート四重奏曲全曲演奏です!
モーツァルトはフルート四重奏曲を4曲書いていますが、演奏会で全部一度に演奏されるのは珍しいのではないかと思います。No.1~3はマンハイム時代に、No.4はウィーンで作曲されたと言われていますが諸説があるようです。No.1とNo.4以外は演奏される機会も少ないのですがNo.3の第二楽章はK.361グランパルティータの第6楽章そのものですからどちらが先なのか?
まあ、そんなことよりモーツァルトのフルート四重奏曲全曲を生でしかも目の前で聴けるというのはもう奇跡としか言えません!(当時の貴族でもそんな事は実現できない訳ですから)
私の一番好きなのは第4番なんですが4曲の中でも典雅で第1楽章ではフルートのみならずヴァイオリン、ヴィオラそしてチェロにも華を持たせるという、特にヴィオラのパートはさすがはモーツァルトここにあり!といった感じです。
しかも今夜はアンコールにこの第4番の第1楽章を演奏してくださいました・・・しあわせ〜♩
07)
 

ギター仙人のパネルソー

今日は朝から時の音色さんに頼まれた製材一式と装飾用のディスクオルゴールを届けた後、ギター仙人の隠れ工房?に行ってきました。
彼は昨年の12月におじゃました時からコツコツとこの壁一面を占有する巨大なパネルソーを作っていたんです!!
普通の家の工房にパネルソーを設置している人はちょっとないと思います。(拍手!)
メイン機構となる2本のバーには足場用の鋼管、フレームは2×4材です。
鋼管の長さは2mなので丸鋸のベースと固定部分の寸法等を差し引くと切断可能長さは1.6mくらいで定尺の長辺1.8mの合板の長手方向の切断は無理ですが一般的には短辺側の90cmが正確に切断できれば非常に有用な工房のアイテムですね!
まあ、普通の一般家屋では天上高さは2.4m程度ですから床から天上までをフルに使わないと1.8m切断は無理でしょう。また鋼管の長さが長くなると足場用の鋼管はまさかこんな用途に使われるのを想定していないので、それこそ何本も購入して精度の良い物を選別する必要があるかもしれません。(笑)
CIMG4948

丸鋸は合板のベースに取付けられ、ベースは4個のサドルで左右の鋼管上をスライドするという形で安全に(これが最も重要!)スムーズにそして正確に直角カットができます。
フレームの裏側には上部の滑車を介してバランスウエイトがワイヤーでぶら下げてあるので丸鋸ユニットはほんの少しの力で動かす事ができます。
もちろん集塵機能も装備しています。
CIMG4945

実際に9mm厚の合板をカットしてみました。
赤い線はレーザーマーカーの光です。
何の抵抗もなくスゥーと切れて切断肌も非常にきれいです。
IMG_1139

これは前回訪問した時にすでに完成していたサイクロン式集塵装置。
室内で丸鋸等の回転刃の機械を使うには必要不可欠の装置です。
集塵装置がないと粉塵がいたるところに飛散し悲惨なことになるのですが、この集塵装置のおかげで9mmの合板をカットしてもこの写真左下に見えるわずかな切子が落ちるだけで済みます。
現在は家庭用のダストバッグ式の小型掃除機がサイクロンに接続されていますが丸鋸の場合は粉が小さいので能力的には充分なようです。プレーナになると切削屑が大きくなるので風量の大きいシロッコファンのブロワーが必要でしょう。またホースも大径の物にしないと幅広の材を削ると一発で詰まります。
IMG_1140

パネルソー反対側の窓側のワークベンチです。(もちろん、これも自作品!)
PCがその場で使えるというのはうらやましいですね!
私の工房はインターネット環境が機能しませんので・・(笑)
そして今後はトリマーテーブルの製作やワークベンチの改良等、まだまだ進化していくようです。
ある程度基本設備が整えばその内に本番のギター製作が始まるでしょう・・・たのしみです!
そして、今日は先日水曜日でお休みだった老舗のうどんやさん、西陣えびやさんでおいしい昼食をいただきました!

ギター仙人さん、今日はありがとうございました。
IMG_1141
 
プロフィール

野山のおるごーる仙...

ギャラリー
  • 続続挽きものオルゴール
  • 続続挽きものオルゴール
  • 続続挽きものオルゴール
  • 続続挽きものオルゴール
  • 続続挽きものオルゴール
  • 続挽きものオルゴール
  • 続挽きものオルゴール
  • 続挽きものオルゴール
  • 今日も猛暑!
最新コメント