毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

お出かけ・旅

個展5日目

お魚シリーズのバランス(やじろべえ)が今日から仲間入りしました。
コースターを吊るすスタンドも。
IMG_8929

そして今日はエリーザベトのお嫁入りが決まった記念すべき日となりました!
血統書じゃなかった、使用説明書を作成して展示会終了後にお輿入れの予定です。
明日までの展示期間中はギャラリーにおりますのでお聴きになりたい方は明日中にどうぞ!
IMG_8930
 

植物園 樹木編

さて今日は昨日の植物園の続き、樹木編です。
京都府立植物園はもともと上賀茂神社の末社である半木神社の鎮守の森であった場所です。
(半木神社は今も園内にあります。)
戦後、京都御苑の代替地として占領軍の住居地になっていましたが1957年に返還され、現在の植物園になっています。深山、幽谷のような巨木はありませんが、さすが植物園だけあって、樹木の種類は多いです。
大木としてはこのエノキや楡、クヌギ、楠などがあります。(樹齢100年程度?)
IMG_8918

この大木の上の方には違う樹種のモミジの葉が出ているんです。
多分、この祠に落ちた種子が発芽してんでしょう。
IMG_8917

楠の大木の樹皮
IMG_8916

緑の梅林、花の時期もきれいですが、新緑の梅林も清々しくてとても気持ちの良い場所です。
写真ではよくわかりませんが地面の芝生には黄色いタンポポがたくさん咲いています。
IMG_8913

イロハモミジの巨木です。
IMG_8909

紅葉もきれいですがこの青紅葉もいいですね。
IMG_8884
IMG_8910

珍しいコロラドトウヒ
IMG_8897

マグノリア マルテイニ
マグノリアとはモクレン科の総称のようで、このマルテイニは中国南西部からベトナムが原産と書いてありました。アメリカの木工雑誌にもマグノリアという木はたまに登場します。
IMG_8888

カクレミノ
ウコギ科の常緑樹で葉の先が3つや5つに裂けた物は神様にお供えをする時等に使用されるそうです。
天狗のうちわという別名もあるようです。
IMG_8882


園内を歩いているとハリギリの木の枝先を切った所に遭遇しました。
現場にいた作業服を着た職員さんに尋ねると幹の内部が腐って空洞になっており、伸びた枝が折れて落下する恐れがあるので伐採したらしいです。空洞になっているため樹齢は不明ですが占領軍に接収される前からあったとすれば100年くらい、現在の植物園になってから植えられたのであれば7〜80年?とのことでした。
IMG_8920
IMG_8921

ハリギリは枝に鋭い刺があり、葉の形が桐の葉に似ている事から(桐のようには大きくない)この名が付いています。
ちなみに材木になると「栓(セン)」と呼ばれる事を話していると職員の方はそれは知らなかった!勉強になりました。とおっしゃってました。(笑)
IMG_8923
IMG_8924
 

2017オルゴールと木工展 3日目

今日は電車通勤です。(笑)
長岡天神駅のキリシマツツジが真っ赤に色づいてきました。
IMG_8859

そして今朝は行きがけの駄賃?に植物園を散策してからギャラリーへ出勤します。
開園5分前に植物園に到着!
IMG_8861

八重桜が満開です。
IMG_8863

ブルーデイジー
IMG_8866

チューリップもきれいに咲いてますが心なしか昨年より花が小さいように思います。
IMG_8870

スズラン、我が家のスズランは純白ですがこれは花びらの先にグリーンの紋?が入ってます。
IMG_8883

フジモドキ
ジンチョウゲ科の花で原産地は貴州省と書いてありましたので中国の花ですね。
IMG_8890

これはメキシコ原産のチューベローという花でキジカクシ科!
確かにキジが隠れていそうな気もします。
IMG_8892


IMG_8894

おなじみ、ミツバツツジ
IMG_8895

ハナズオウ
IMG_8899

ソメイヨシノの残り花
IMG_8901

ハナミズキ
IMG_8903

ウコン(バラ科、里桜)と書いてありましたがこれは八重の黄桜ですね。伏見のカッパカントリーの駐車場(黄桜酒造)に同じ樹(もっと大きい)があります。
IMG_8904

八重の枝垂れ桜
IMG_8908

枝垂れ桜のトンネル・・・この下にいると空が淡いピンクのような錯覚を受けます。
IMG_8912

締めはチューリップですがやはり今年のチューリップは天候不順のせいか少し元気がないですねえ!
明日は樹木編です。・・・おたのしみに・・・。
IMG_8926
 
本題の展示会の事を書き忘れていました。(笑) 
今日は2時半まで誰も来られず、暇を持て余していましたがその間にオルゴールを一台ずつじっくり鳴らして異音や動作に異常が ないか等の健康診断ができました! いつもはまとめてやる機会がないのでこんな時にしかできません。
2時半からは主に知り合いの方やご近所の方がけっこう来て下さいました。 

2017オルゴールと木工展 2日目

今日は朝から晴れ!サイクリング日和です。
出、荷物もないので自転車で北山まで出勤しました。
途中、アルティに寄って以前から気になっていたアカデミア・デル・リチェルカーレによるコンサートのチケットを購入しました。
IMG_6062



ホール前のエノキの巨木にご挨拶。
IMG_8856

10時半に無事到着。京都市内を北へ向うと緩い上り勾配が続きますが、今日は北からの風がけっこうあり、勾配より向かい風の方がこたえました。
今日も昼前からたくさんの方々に来ていただけました。
IMG_8858
 

2017オルゴールと木工展 初日

昨夜来の激しい雨も止んで晴れ間が覗く良い天気となりました。
本人の日頃の善行のせいか?、はたまた時の音色さんの超強力晴れ女のなせるワザか(悪運が強いだけという声も聞きますが)なにはともあれ、イベント時の好天というものはありがたい物で心も晴れやかになりますし、なんと言っても遠方から来ていただける方々にとっては足元も軽くなるので嬉しいですね。
IMG_8839
IMG_8834

エントランスのウエルカムボード、神代杉のはしくれの自然の造形です。
私が手を加えたのは尾っぽの曲線カットのみです。(笑)
IMG_8841

今日は11時からオープニングコンサート、10時半を過ぎると続々来ていただけました。
IMG_8836

例によって時の音色さんの創作紙芝居です。
今日のBGMは「エーデルワイス」でした。
IMG_8837

コンサートが無事終了し、展示会の設定に戻しました。
IMG_8845

IMG_8846

IMG_8848

新作のプラネタリウムオルゴールです。
まだまだ改良の余地もあるんですが・・・まずは作者的には及第点ということで・・・。
IMG_8850
 
今日は平日にもかかわらず、大勢の方に来ていただけました。
展示会は23日まで開催していますので、興味のある方はどうぞお越し下さい。 

2017オルゴールと木工展搬入

今日はBBQの後、早めに帰宅してシャワーを浴び、焼き肉の匂いを消して(笑)夕方にギャラリー翔へ
次女のお手伝いもあって、けっこう早く設営ができました!
すでに4回目(個展は3回目)ですので勝手知ったるなんとやらです。(笑)
初日の朝にはオープニングコンサートの設定に変更しなければいけませんが時の音色さんも来てくれますので、もう手慣れたものです。

そして、今日はお昼頃にコンサートの最後の申込をいただき満席となりました。ありがとうございます。
IMG_8822
IMG_8824
IMG_8825
IMG_8826
IMG_8827

早めに終われたので近くの東洋亭でちょっと遅い夕食を,ここは明治30年創業の京都で一番古い洋食屋さんとして有名な店です。
何度も前を通ってますが入るのは初めてです。席はちょっと狭いですがとても美味しかったです。
しかし、高くつく助っ人やなあ・・・。
IMG_8828
 

銘木団地へ

今日は木工仲間のTさん,布袋さんのお誘い?で3人揃って早朝から摂津の銘木団地へGo〜〜!

いつもオルゴールの蓋等に使う美しい杢のウォールナッツでお世話になっているTaさんが家庭の事情で近々に店を畳まれるというので、これは行かねばなりませぬ!!それに個展の作品もほぼ完成し、天候も雨で工房も暗いのでと、勝手に理由をつけて雨の中を摂津までひた走り!♪

Taさんの材はほとんどが小さいカット材ですが乾燥材に丁寧に鉋が掛けられ、糸目まで取ってあります!しかもプレーナーではなく、電動の手持ち鉋で仕上げているとの事ですがカンナ枕も出ず、鼻落ちもありません!これにはびっくりですね。そして、杢のきれいな珠玉の材が多いんです。
IMG_8784

3人3様の好みの材をゲットして我が愛車に積み込みました。
3名分の乗車スペースを残してきれいに満載です!(笑)

積み終わったところでTaさんがまだウォールナッツのいいのが残ってたわ、との声で見てみるととても素直で美しく使い良さそうな材が8枚、私の分はすでに確保したのでウォールナッツの好きな時の音色さんに電話すると、一言で「欲しいです!」・・・連れて帰る事になりました。めでたし、めでたし(笑)
IMG_8785
 
帰りはちょうど昼時だったので久々に寿司を食べようということになり、R171沿いの回転寿司店へ。
3人とも永らく?回転寿司から遠ざかっていたせいか最近の回転寿司のシステムが新しくなっているんです!
回って来る皿の上に乾燥防止用の蓋がかぶさってるんですが皿が実に取りにくい!
布袋さんが寿司屋のお姉さんに尋ねると、何の事はない皿の縁を少し持ち上げればすっと簡単に引出せたんです! そしてそして、よくよくその下を見れば2カ所に皿の取り出し方が丁寧に(小さく)書いてありました!!!(世話の焼ける高齢者の客やなあ・・・お姉さんのつぶやきが聞こえてきそう・・・)
3人で34皿!高齢者としてはよくたべてるなぁ〜(おまけにうどんまで食べてた人もいた!)
材木運ぶのは重労働なんです! 久々の回転寿司、とてもおいしかったです!

工房へ戻り、それぞれの材を整理して、布袋工房のストーブを囲んでコーヒーを飲みながら銘木談義、もうこれは止まりません。(止めようがない!) という事で4時前までの長いティータイムで終わった一日でした。・・・Good day!

美しき水車屋の娘

さて昨日は久々のカフェモンタージュでした。(3月はおとなしく?創作に励んでいましたので)
48)

昨日の曲目はF.シューベルトの歌曲集「美しき水車屋の娘」全曲です。通しでちょうど一時間程度、シューベルトの歌曲は特にメロディが美しいです。
演奏会には歌曲の好きな時の音色さんも来ておられました。今回の席は後よりの4、5段高い階段席を選びましたが、この座席設定の時は特等席ですね! 40名のホールですから、後方といえどもピアニストの手元まで鮮明に見えるし、ここのホールはどこにいても音が良く通ります。
27)

この曲は本来はテノール向けに作曲されていますが、今日はミュンヘン在住のバリトン歌手、ペーター・シェーネさんです。声や容姿も魅力的ですが表情や仕草でも魅せてくれます。

そして、ピアノ伴奏はライプチヒ在住の武田牧子ヘルムスさんだったんですが、実は私が4年前にライプチヒのメンデルスゾーンハウスへサロンコンサートを聴きに行った時にたまたま彼女が「日本から来られたのですか?」と声を掛けて下さり、けっこう長い時間お話をさせていただきました。
武田さんは大阪に実家があり、毎年4月に来日されて演奏会やピアノ演奏のレクチャーをされており、昨夜もその一環でシェーネさんが小規模のサロンのような場所で歌いたいということから実現したようです!
写真左から武田さん、シェーネさん、そして武田さんのご主人(舞台俳優)です。
メンデルスゾーンハウスではご主人も一緒に来ておられ、武田さんはもちろんですが、なんとご主人も私の事を覚えていてくれました!
IMG_8728

最後に三人で記念撮影をさせていただきました。
すばらしい一夜となりました。
武田さん、シェーネさん、そして武田さんのご主人様、ありがとうございました。
時の音色さん、写真撮影ありがとうございました!
IMG_8730


 

結婚式

昨日は長女の結婚式でした。
花嫁の父としては少々緊張気味ですが受付開始までの待ち時間は暇ですのでやはり写真を撮ります。
来訪者の方々にまず見ていただくのがこの二人のイラストの入ったウエルカムボードです。
IMG_8678s

この日のために二人が時の音色さんにお願いして描いてもらった物です!
台はF字孔の譜面台なんですが、F字孔が見えないのがちょっと残念!(そんなことはないです。笑)
IMG_8655

二人の作ったイニシャル
IMG_8659

愛の挨拶のオルゴールは待合室の入口不付近に・・・なぜかぶれてるんですが緊張で手が震えた?
IMG_8682

待合室の中央にはやはり二人でアレンジしたお菓子のワゴンがあります。
私たちの時代には考えられませんが、最近はこのように自分たちのでおもてなしをするのが主流のようです。窓越しに見えるのは疎水と国立美術館です。とてもいいロケーションですね!残念ながら今年は桜の開花が遅いのでまだ早春の眺めです。
IMG_8683

挙式も滞り無く終わって披露宴、余興の一つとして娘の参加しているアマチュアオーケストラのメンバーによる演奏です。なぜかヴァイオリンがなく、ヴィオラ2、チェロ2、コントラバス、フルート、トロンボーンといったちょっと変わった構成で曲は「愛の挨拶」でした!(オルゴールとの聴き比べ?・・笑)
IMG_8706s

そしてケーキカットの後、何と巨大なスパイラルリーマを花嫁が抱えて先に付けたスプーンで新郎に食べさせております!(これは彼の勤務先で製造している特殊工具の展示会用模型で中身は発泡スチロールです。)
一昨日、会場までプチプチに包んだこのリーマを運ばされたのですが、何に使うか当日のおたのしみという事で教えてくれなかったのです。
※リーマはドリルで開けた穴の内面を平滑に、そして真円度を良くするための特殊精密工具です。
IMG_8720s




 今は仲人も立てず、人前式結婚式で特に新婦の父はほとんど何もしなくてもいいので楽ですが・・・
おかげさまでめでたく結婚式は終了しました。これから二人の人生をしっかりと歩んで行ってください。 

「四季の絵文展」訪問

今日は午前中、京都市内に所用があったので、ちょうど午後からオープンされた中井悠美子さんの「四季の絵文展」を見に行って来ました。

私との繋がりは1月に名古屋のカノンさんで展示会をさせていただいた時に展示していた額をのんちゃんがフェースブックにアップしてくれて、それを見た中井さんにご購入いただいたことからです。
そしてカノンさんがこの展示会を私に知らせて下さいました。

はい、この額です! 入口脇の一番目に付く所に飾っていただいてました!
桐の変形材ですが家具や通常の木工作品には使えない部分なんですが、額や花台に使うと俄然、存在感を発揮してくれます。そして飾る絵によってお互いが生きて来るのです。
IMG_8672

四季おりおりの花や言葉が岩彩と墨で描かれています。
優しさの中にも凛とした筆遣いが見る者の心に安らぎを与えてくれるようです。
IMG_8668
IMG_8664
IMG_8662
IMG_8660
IMG_8663

そしてもう一つ、気になっていたのはギャラリーのこの建物なんです。
これは2階のスペースですがフローリングとむき出しの木の柱や梁と漆喰壁がとてもいい雰囲気です。
IMG_8665
IMG_8667

天井のトラス組部分、これはオルゴールの音色が良く響きそうですね!♫
IMG_8671
 
「四季の絵文展」は今日から4月2日まで開催しておられます。展示会の詳細は下記ブログをご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/63suitabijin/e/50b418c217b7804d3e5b26909aa78e69
場所は京都の南座の近く京阪、阪急の駅からもすぐなのでとても便利なところです。
このギャラリーは京の老舗和菓子屋「鍵善」さんが 経営されている「空・鍵屋」です。
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • デジタルハイトゲージ
  • デジタルハイトゲージ
  • デジタルハイトゲージ
  • デジタルハイトゲージ
  • デジタルハイトゲージ
  • デジタルハイトゲージ
  • デジタルハイトゲージ
  • デジタルハイトゲージ
  • 50弁新型ケースの製作-2
最新コメント