毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

工房歳事記

残暑

ここ、連日きびしい残暑が続きますが樹木達はすでに秋の準備を始めております。
お向かいの辛夷の木は今年もいっぱい実を付けました。今はまだ薄緑から紫がかったピンクですが秋が深まると鮮やかな深紅に染まります。
IMG_0010

我が工房のシンボルツリー、クヌギのドングリも成長して来ましたが今年は少し数が少ないように思います。
IMG_0013

クヌギの枝にぶら下がっているのは何かの繭のようですが、ヤママユだともっときれいな薄緑色なんですけど・・・。
IMG_0012
 

カマキリの幼虫発見

ん!!なんだ、この変な虫は・・・
よくよく見ると頭は立派なカマキリなんですが・・・
IMG_9943

横から見るとやっぱりカマキリでした。
でも何でこんなに腹からお尻が曲がってるの??

家へ帰って調べたらハバヒロカマキリの幼虫で敵に襲われそうになったらお尻を上げて威嚇するらしいです。(私は敵か!?)
精一杯ファイティングポーズをとっていますが、鎌は隠してなんか怯えてるように見えるんですけど・・・笑
IMG_9945
 

クロアゲハ

今朝、工房内でパタパタ音がするので見てみると大きなクロアゲハが迷い込んでいました。
例によって写真撮影後、窓を開けて逃がしてやりました。窓辺でもがいていた分、ちょっと弱っていたようですが元気よく飛んで行きました。
IMG_9558
 

鞍馬苔復活

一昨年の土砂崩れの余波でダメージを受けていた杉林の鞍馬苔ですが最近やや勢力を盛り返してきたようです。
これは杉林の一番下の付近、昨年はもう少しまばらで普通のシダに負けていたんですが色鮮やかに復活してきました!
IMG_9551

こちらはもう少し上で土砂崩れの残土を入れた所の真下まで勢力を伸ばしてきました。
この中間の水が激しく流れた所がかなりまばらなんですがなんとかがんばって元の群落に戻って欲しいです。
がんばれ!! 鞍馬苔
IMG_9552
 

シロツメ草大作戦・・その後

薪小屋前の雑草地ですが、ほぼ毎日30分のローラー作戦の甲斐あってか、チガヤやギシギシ等の手強い雑草が少なくなりシロツメ草は増えて来たように思えます。
さて問題はこれからの暑くなる季節、こちらの体力が持つか奴らの勢力が盛り返すかの攻防にかかっています。
IMG_9266
 

桜の新緑

今朝は真っ青な青空、気温も低めでまるで秋のような天気です。
高温多湿にめっぽう弱い私には最高の天気です!
それでも日射しは強いので工房への急坂にさしかかる手前の通称”ニューイングランド”で一息入れて、長袖のシャツを脱いでT-シャツ一枚になります。
桜の若葉を通した朝の光と涼しい風が心地いいです。 早起きは三文の得・・・。
IMG_9232
 

アザミが咲いた!

今年もアザミが立派に咲きました!
昨年より花が小さい気もしますが花の数は多いようです。
IMG_9198
IMG_9200
 
元庭師のTさんの畑の前にはニワゼキショウが可憐な花をいっぱい付けています。
IMG_9201

この特徴のあるアメちゃんのような実もいっぱい成っているので来年もまた咲くでしょう。
IMG_9206

ニワゼキショウ(庭石菖)のそばにはいつもこの夕化粧が同時期に咲くんです。
IMG_9203
 

ホンダ発電機が復活!

昨年暮れにダウンしたメイン発電機のホンダEBR2300CXがやっと復活しました。

建機修理業者に依頼していた部品が入り、さっそく取付けてガソリンを入れ、リコイルスターターを引くと一発で掛かって100Vが出力されました。(エンジンはもともと調子良かったんですが)
これで製材室以外の電力は燃費の比較的良好なこの発電機が使えるようになったのでやれやれです。
騒音もスバルの3.5KVAよりは低いので落ち着いて作業できそうです。
(スバルの車のエンジンは静かなんですけどね〜、燃費はどちらも悪いですね!・・・笑)
IMG_9144
 

秋近し?

5月〜6月にかけては“竹の秋”ですが今年は特に黄葉する葉が多く、竹林全体が黄色いんです!
竹の葉はタケノコが終わると黄変して落ち、新しい緑の針状の葉が開くので落葉樹の様に葉っぱのない季節はないんですが例年だと落葉するのは1/3くらい?だったように思います。
今年はタケノコも超不作だったようで、そういう周り年なのかもしれません。
IMG_9139

今日は布袋さんと明後日のつづれ織り工房さんでの蕎麦パーティ用に竹を3本ばかり切り出して蕎麦猪口を作りました。
切断面で怪我をしないように面取りをしておきます。
2017_0519_105159-IMG_2051 (640x480)

これは捨てる部分です。
今頃の季節に切った竹は(木もそうですが)水をいっぱい吸い上げているのでカビが生えやすく虫も付きやすいので細工には使えません。明後日使うのは一回切りですからまったく問題ないんですが・・・
竹は2〜3年で使えるようになるのでどんどん切って更新し、竹林に光と風が通るようにする方が竹のためにもいいんです。
2017_0519_105211-IMG_2052 (640x480)
 

シロツメクサ大作戦

我が工房前と薪小屋の前をシロツメクサでいっぱいにするべく朝の30分間他の雑草をひたすら駆除しています。
下は我が工房の前ですが、春先から天気の良い日はほとんど毎日他の雑草をスコップでやっつけているのでシロツメクサ以外の雑草が少なくなって来ました!
IMG_9122

こちらは薪小屋前ですがここは雑草の勢力がむちゃくちゃ強いんです!
ちょっと油断すると雨の次の日にはもう20cmもの背丈になっています。
シロツメクサは背が低いので背の高い横暴な奴らを片っ端からスコップでなぎ倒さなければなりません。(草刈鎌で苅ってもだめです。根こそぎスコップで掘り返します。)
熾烈な争いが続きます。(笑)
IMG_9121

熾烈な争いに疲れたので工房入り口のあざみの生育状況を見に行ったらこんなヤツがいました。
帰ってネットで調べたらホソバセダカモクメという夜蛾の幼虫のようです。それにしても毒があるぞ!と言わんばかりの危険標識みたいな派手なカラーです。(毒はないらしいですが)成虫の蛾は冴えない色ですね。(笑)朝よく窓の隅等に転がってるヤツです。
IMG_9123

モリアオガエルの玉子のようですがこんなところに産卵しても下には水がないんですけど・・・
IMG_9127

何の蔓でしょうか?よく見ると2本が絡み合って途中から分かれて螺旋状になっています。
IMG_9129

わからん事があったらワシに聞け!
IMG_9128

 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 50弁新型ケースの製作-2
  • 50弁新型ケースの製作-2
  • 残暑
  • 残暑
  • 残暑
  • 薔薇のステンド入オルゴールの製作-6
  • 薔薇のステンド入オルゴールの製作-6
  • 薔薇のステンド入オルゴールの製作-6
  • 50弁新型ケースの製作-1
最新コメント