毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

工房歳事記

カラスアゲハのヴァリアシオン

布袋工房さんで3時のティータイムの後、戻って来ると我が工房の前でなにやら見かけぬ、かなり大きい蝶が地面を這うような低空飛行で舞っています。よく見ると、黒のベースに青と緑のグラデーションの模様に後翅にはオレンジ色の斑点が・・ネットで調べると間違いなくカラスアゲハでした。


地面すれすれに飛んで、小石に留まった瞬間、羽を拡げるのですが、そのあとせわしなく羽をバタつかせるのでなかなか決定的なシャッターチャンスを与えてくれません。


こちらが動いても逃げる様子もなく、布袋さんと私の周りを回ってみせたりして、まるで「私のこの奇麗な羽を見てよ!!でも写真はだめよ!」と言っているような、とても思わせっぷりな態度です。(私を蝶々の国の王子様と知ってや、知らずや!)


お互いに戯れる事、20分以上、ついにあきらめて工房に入り作業に戻ったのですが、くだんのアゲハ嬢はまだ一人ヴァリアシオンを踊っていたようです。


今日は生産性”ゼロ”のたのしい楽しいひと時を過ごさせてもらえました。


Img_0718



衣笠茸

昨日は湿度が高かったですが、こんな日はもしや・・・と思って、工房への道すがら、やっぱり出てました!


衣笠茸です。今回のはどうも2つがくっついたようで、形がもうひとつですが、きれいなヴェールをかけていました。



Img_0704



土方焼け?

昨日の清水行きで腕が赤銅色に焼けました!


特に帰りはちょうど日中で日射しを遮る物もなく、一気に・・・



Img_0692


お風呂に入ると、ちょっと「ひりひり」(笑)



今日はむさ苦しい物をお見せしてすみません。


お詫びに昨日の清水から我が西山の工房への上り坂にある秘密の鞍馬苔の妖しいながらさわやかなグリーンをお見せします。



Img_0687


この日は光線の加減により、またいつもとは違ったグリーンに輝いていました。


汗が噴き出すのも忘れて、自転車を停め、激写しました!


中央のシダとの違いがお解りいただけると思います。


発芽

先日撒いた種が発芽してきました。


8月頃には咲いてくれるかな〜?


ヒカリゴケも今のところ、元気なようです。


Img_0669



花壇の整備

チューリップや他の花も終わって、最近花壇の守護神?のお姉さん(アンヌちゃん?、メアリーちゃん?)が寂しそうな顔をしているので花壇の整備をして、秋咲きの花の種を植えました。


タヌキ、ネコ対策に最近、(品揃えが貧弱で有名な?)コー○ンで、よい物を見つけて来たので、種を撒いた上にこれを並べました。猫よけ「ここダメ」シートなるもので、軟質プラスチックの粗いグレーチング状のシートに無数の3cmくらいのトゲトゲが立っています。先端は丸くて人が触っても痛くなく、靴でふんずけてもクニャッと曲がって刺さりません。猫だけでなく犬や鳥などの小動物にも有効と書いてあります。花壇やプランターに直接敷いても日照や水やり、発芽にも影響ないようです。私が購入したのは45cm角ですが、プランター用の小さいサイズもありました。


もしや・・・と思って百円ショップも探したのですが・・・1枚¥100でした。コー○ン¥98です! コー○ン様もなかなかやるなぁ!!


20140619_205648



Img_0622



えっ、左隅の緑の丸いの3個が気になるって?


はい、これは西洋ヒカリゴケで、近所のガーデンショップでたまたま見つけました!


先日のブログの鞍馬ゴケとは違う種類で栽培種のようですが、薄暗い所で緑を反射するメカニズムは同じようです。こちらはわりと明るい所でも生育するようですが、その分、緑色は鞍馬ゴケの深みのある妖しい緑ではなく、明るい緑です。この環境でちゃんと根付くかはわかりません。


Img_0625



とりあえずは花壇のお姉さんに見守ってもらいましょう。[E:smile]


Img_0623



ドングリ発芽

工房の前の草刈をしていたら、ドングリが発芽しているのを3個見つけました。


踏みつけたり誤って苅らないように側に赤色のマークを打ち込みました。


すくすく育ちますように・・・



Img_0557



Img_0555



ヒカリゴケ

工房への途中、杉木立の中に一部分だけ他とは違う色のシダのような物が群生していました。


前から気にかかっていたのですが、隣人の布袋さんにあれ、ヒカリゴケやで!と言われてそれで他と色や光沢が違うんやと解りました。


最近、自転車通勤するようになって、目線が変わり、さらにどこででも気安く停めて写真等撮れるのでこれも自転車通勤の効用のひとつです。


今朝は高曇りで光が柔らかく、いつにも増してヒカリゴケの群落が輝いて見えました!


Img_0541



Img_0545


ヒカリゴケについて調べると、自身が発光するのではなく、原子体の細胞がレンズ状になっており、細胞の奥に偏在する葉緑体に集光し、この光を反射する事によって独特のエメラルドグリーンに光って見えるらしいです。


また、葉緑体の数が多いために他の植物と違って、深い金緑色の反射光になるらしいです。そしてほんのわずかな光で光合成が出来るとのことです。


うーん、これは吸い込まれるような色ですね! 一枚目の写真の手前の方は普通の雑草?二枚目の切り株や倒木についているのは通常見かける一般的な苔です。その違いが私の稚拙な写真でもおわかりいただけるかと思います。


livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 50弁新型ケースの製作-2
  • 50弁新型ケースの製作-2
  • 残暑
  • 残暑
  • 残暑
  • 薔薇のステンド入オルゴールの製作-6
  • 薔薇のステンド入オルゴールの製作-6
  • 薔薇のステンド入オルゴールの製作-6
  • 50弁新型ケースの製作-1
最新コメント