毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

工房歳事記

くまばち君

お向かいの藤の花に足しげくクマバチ君が飛来しています。
忙しそうにあっちの花、こっちの花と縦横に飛び回っては一心不乱に蜜を吸っております。
1mくらいまで近づいてもまったく意に介せず蜜集めです。
IMG_9026

藤の下にはキュウリグサが密生しています。
IMG_9017

キュウリグサはシソ族ムラサキ科で2〜3mmのかわいい可憐な花をいっぱい付けます。
名前の由来は葉を揉むとキュウリのような匂いがする事から付いた名だそうです。
IMG_9016
 実に穏やかで平和な春です!

五月の工房

5月になりましたが朝晩の冷え込みはけっこう厳しいです。暑いのが苦手な私にとってはとても過ごしやすい気候ですが・・・

セントウソウ(仙洞草)だと思います。
仙洞とは仙人のいる場所という意味で私の工房にはふさわしい?
とても小さな花です。(5mmくらい)
 IMG_9004

葉っぱの親子?
これは珍しい出方ですね!初めて見ました。(何の葉っぱかわかりませ〜ん。)
IMG_9002

お向かいの藤の花が咲きました。
IMG_9006

工房の春

今朝は放射冷却により10℃を下回る冷え込みでしたが日が昇ると気温は一気に上昇し、暖かい一日となりました。工房にもやっと春が来たという感じです。
お向かいの八重桜が満開です。
IMG_8934

辛夷と入れ替わって紫木蓮も咲き誇っています。
IMG_8936

これは我が工房のシンボルツリー、クヌギの花穂です。
IMG_8932

人家の近くや林のへりでよく見かけるシャガですがアヤメ科の花で三倍体のため、種子を付けないので、全てが同じ遺伝子を持っているらしいです。(ふ〜ん、むつかしいですね!)
IMG_8940

おなじみのセイヨウタンポポ
IMG_8941

チューリップのこの太陽光を通した色がたまらないですね!
IMG_8945

他のどんな花より逆光で見た色が美しいと思います。
これを見るために毎年植えていると言っても過言ではありません。
IMG_8948

工房のチューリップ

今日はギャラリーへ出勤前に工房に寄って来ました。
チューリップが満開です。
IMG_8927

メアリーも上機嫌!
IMG_8928
 

周回遅れのチューリップ

今年のチューリップは3週間遅いです!
やっと黄色が一輪だけ咲きましたが他はまだ蕾が硬くてまだ2〜3日かかりそうです。
IMG_8813

イフェイオンも咲きましたがまだ一輪だけです。
この分では私が不在となる来週が見頃になりそうです。 残念!!!
IMG_8812

 

寒い!

四月ももう中旬というのに風が冷たいです。
昨日の雨と強い風で桜はほとんど散ったかと思いましたがまだけっこう残っていました。でも葉っぱが出て来たのでもう終わりですね。
IMG_8800

あれだけ風が強いと例年の気温ならもっと一面に桜の絨毯になるんですが・・・
IMG_8799

それでも春の花達はしっかり咲いています。
スミレの種類は多いですがこれは葉の形や花の色、大きさ、生育場所からスミレサイシンと思います。
(菫最新ではありません、菫細辛です。サイシンの名は漢方薬の細辛に葉の形状が似ている事から付けられた名前です。)
IMG_8801

ジロボウエンゴサク
薬草の延胡索(エンゴサク)とは花は似ていますが葉の形状がまったく異なります。
ジロボウは地方の名で昔伊勢地方ではこの花をジロボウ、スミレをタロボウと呼んで子供が2つの花の距を引っ掛けて引き合い遊んだらしいです。
IMG_8802

ウマノアシガタ
キンポウゲ科の黄色い花にはキツネノボタン等、似ている物が何種類もありますが額の綿毛などからウマノアシガタだと思われます。
IMG_8804

ユキノシタの葉っぱです。
これ、天ぷらにするとおいしいらしいです!
花は5〜6月頃に葉の中心から茎が伸びて先端に可憐で特徴的な白い小さな花を咲かせます。
IMG_8807

辛夷の花が一輪落ちていたので上から接写してみました。
樹上に咲いている時にはこの角度からは見えませんので貴重な一枚?(笑)
IMG_8809
 

春とは言えど・・・

先日までの雨でもうダメかなと思いましたが、まだ満開です。
今日は気温が低くなったせいか、持ちこたえているようです。
IMG_8767

IMG_8768

クリスマスローズもまだ頑張っていました!
IMG_8775

Tさんの花壇には蕗の薹がすくすくと!(笑)
IMG_8776

同じくTさんの植えたショウジョウバカマ(猩々袴)です。若い頃の山歩きで春4〜5月頃によく見かけましたが工房で見られるとはとても懐かしいです。
葉っぱがなぜか赤いんですが、栽培種でこういう色のがあるんでしょうか?私は緑色のしか見たことがないです。名前の「猩々」は花の色から来ているはずですので・・・この花は少し薄い色ですが生育する土地によって花の色は白から濃いピンク、紫色まであるようです。
袴は葉の重なりが袴に似ているためです。
IMG_8778

梅はやっと花が終わって新芽が出て来ました。
IMG_8779

家の近くの菜の花と桜です。ここは菜の花が終わると5月には一面レンゲ畑となります。
IMG_8780
 

辛夷の開花

雨も上がり、やっと辛夷の花が咲きました。
IMG_6016

我が花壇のチューリップも黄色いのが一つだけ蕾が膨らんできましたが昨年に比べて20日遅れです!
IMG_6018
 

無情の雨

昨日からの陽気で一気に咲きましたが昨夜からの無情の雨で、全開とはいかないですね。
IMG_8756

辛夷の蕾もどうしたものかと思い悩んでいるようです。
IMG_8758
IMG_8759

それでも午後には梢のいくつかが花開きました。
IMG_8762

レンギョウは満開です。
IMG_8765

 

春の足踏み

今日は早朝から工房への出勤前に家内が亡くなった4年前に植樹してもらった陽向桜を柳谷まで見に行ってきました。
陽向桜は寒い地方でも暖かい所でも良く咲くようにとカンヒザクラ(寒緋桜)とアマギヨシノを交配した桜です。花期はソメイヨシノと同時期か少し早めに咲くようですが、今年はやはりまだでした。
その名のとおり、樹形は他の桜と違って太陽に向って行くように天に向かって伸びて行きます。
IMG_8747

一輪だけ開花していましたがとてもきれいな濃いピンクです。
この分では来週くらいが見頃のようです。
IMG_8749

はい、こちらは我が工房への登り口、長岡のニューイングランドの桜です。
ここも3〜5分咲きといったところですね。
IMG_8750

枝によっては見事に満開になってるんですけどね・・・。
IMG_8752

工房お向かいの辛夷も開花しそうでまだなんです!
まあ、ここは長岡京の寒冷地、昼間は気温が20℃近くまで上がっても天気がいいと夜間は5℃以下まで下がりますから・・・春も足踏み状態です。
IMG_8753
IMG_8755
 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 花嫁修業?
  • 花嫁修業?
  • 台風の爪痕
  • 台風の爪痕
  • 12345
  • 製材は続くよ!
  • 製材は続くよ!
  • ウォールナッツ杢板の製材
  • ウォールナッツ杢板の製材
最新コメント