毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

工房歳事記

山椒の実が真っ赤に熟して来ました!
9月になれば勝裂して中から黒い種子が飛び出します。


Img_7395


辛夷の実も黄緑色からピンク色になってきました。9月末〜10月には真っ赤に熟してゴムひもで吊るしたような種子がぶらさがります。


まだまだ日中は厚いですがチェク実に秋の気配が近づいているようです。


Img_7399


そして今年は我が工房のシンボルツリー、クヌギのドングリも豊作です!


Img_7429



今日はカラスアゲハが吸水にやってきました。
工房前のこの砂利の混じった土がお好みのようで、他の種類の蝶もよくここへ吸水にやって来ます。


今日のはかなり大型で羽をいっぱい伸ばすと優に10cmを越えています。
その分、飛び方もゆっくりで実に優雅でした。


Img_7356



自転車で工房へ行く時に通る民家と体育館の敷地の間にある細い道(巾1.5mくらい?)のブロック塀際にりっぱなテッポウユリが咲きました。


テッポウユリは大きくて目立つ花ですから突然出現するとびっくりしますね!


Img_7351



このところ毎日暑い日が続きます。(毎年そう思うんですが・・・)



そんな暑い日の昼食後は昼寝がいちばんです。
昼寝の三種の神器は
 1)昼寝マット
 2)枕
 3)蚊取り線香
です。35℃越えると蚊も昼寝してるのか出て来ませんが(笑)


Img_7194


本当はこの新設したテラスで寝る方が風の通りがいいのですが、なぜか今年はアリが多くておちおち寝てられないんです。


Img_7197



付近の花から花へゆっくりと優雅に渡り歩いて時たま地面に降りて休んでいました。


一昨日はオオムラサキに出会ったのですがせわしなく飛んで行ったので写真が撮れませんでした。


どうもここは蝶のサンクチュアリのようで、けっこういろんな種類の蝶がやって来ます。



Img_7059




昼休みのひと時、今日も晴天です。
工房内の気温は32℃ありますが湿度が52%なのでまずまず快適です。
この月曜日からは大陸の高気圧の影響で風が涼しいです。オイルの乾燥が速いので助かります(笑)


Img_7050


空に浮かぶ雲も積乱雲ではなく、ふわふわのわた雲(積雲)がゆっくりと移動して行きます。


Img_7045


こっちにも・・・


Img_7048


あれ、オニヤンマのだんな、こんな所で何してるの?
ちょっと一休みじゃ〜・・ シャッターを切るとゆっくりと飛んでどこかへ行きました。


Img_7046


昼寝でもするか・・・ZZZZ・・・


Img_7040





今朝MTBで工房へ向かう途中の最後の急勾配の所でなにかバサッと音がしました。
びっくりして横の斜面を見ると何とキヌガサダケが転落していました!!


斜面の上の方に生えていたようですが、長さ10cmくらいです。この立派な大きさに耐えきれず根元から折れて落ちたようです。


まさかMTBの振動で折れた!! とはちょっと考えられませんが・・・。


Img_6949



梅雨の晴れ間にむくげの花が満開です。


Img_6928


実はこのむくげの花の写真はこのテラスの特設観察窓?から撮ったものです。


まぁ窓ではないんですが本当は花壇の花に直接強い雨が当たらないようにと極最近設置した庇なんですが・・・
よく自然の森の遊歩道等に野鳥観察小屋なる物が建てられていますが小屋の中には森に向かってスリット状の観察窓があり、この庇の高さがちょうどそんな感じなんです。(違うところは下に壁があるかないかだけ・・・笑)


Img_6929


今日の工房への訪問者は、この方・・・ゴマダラチョウさんです。
ちょうど網戸に止まったところです。


Img_6913











近所のフラワーガーデンでニチニチソウやペンタスが安かったので買って来ました。


花壇の花が増えて来たのでメアリーは上機嫌です。


Img_6684



昨日の夕方ですが工房から何の気なしに外を眺めているとまったく見慣れぬ黒っぽい物体がゆっくりと飛んで来ました。


そう、ゆっくりとです!それも蜂やトンボのようなスマートな飛び方ではなく体も垂直に近く、重たそうに低い羽音でぶぅ〜〜んと、よたよたと飛んで来るんです。そしてわりと高い位置から高度が維持できなかったと見えて近くの草むらの低い草に止まりました。


さっそくi-Phoneをつかんで取りに言ったのがこの写真!
これ、崑虫なんですかね?それとも蛾?、木の皮に擬態?それらしい木に止まっていれば動かなければわからないでしょうが草では・・・目立ち過ぎてます!


Img_6649


こんな顔してましたが、自然界には本当に変わったけったいな生き物がいるようです。


Img_6650



↑このページのトップヘ