毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

お知らせ

第4回「木のかおり」展

「木のかおり」展としては第4回目ですが、木の文化展から通算すると14回となります!


今日は午後から雨模様で下が、それでもけっこうたくさんの方がいらっしゃいました。


Img_1898



Img_1901


木創舎の展示ブースです。


KBSの朝の番組、「早川一光のばんざい人間」を聞いて見に来ました。と言って来てくださった方が3名もおられました!


Img_1904


明日は天気もよくなると思われますので、お時間のある方はどうぞお越し下さい。明日は撤収のため午後4:00までですのでお早めにどうず。


「木のかおり」展開催

今日と明日の二日間、長岡京市の産業文化会館で「木のかおり」展が開催されます。


場所は阪急長岡天神駅から徒歩5分、JR長岡京駅からは10分くらいです。
今日は9:00〜18:00、明日は9:00〜16:00です。


20名の木工作家が独自の作風の木工作品を展示、販売いたします。また、木のボタンを使ったリフォームの洋服や草木染めの織物等も出展されますのでぜひお越しください。会場前の広場では銘木の販売もしています。


私はいつものオルゴールと今回はちょっとかわった形の額を展示致します。


Photo



Photo_2



Img_1871s



KBSのインタビュー

今朝は天気予報通り、今年一番の冷え込みで工房室内は朝8時で-0.5℃!
そして屋外はごらんのとおり一面の銀世界です。積雪は2〜3cmですが屋外の水溜めは厚さ3cmの氷です!! ポリタンの水も出ませーん。


さすがに今日は車通勤です。(でも車で来ると降りてからが寒くて、ストーブが暖まるまではなにもできません。)



Img_1893


今日、家に帰ってしばらくすると、KBSさんからオルゴール製作に関して突然の番組インタビュー出演のオファーをいただきました!


初め、12月20日(土)の番組という事だったのでその日は展示会があり・・・と言葉を濁していると朝の6字半頃の電話インタビューとの事で、展示会の事も是非話して下さい。ということで、「木のかおり」展の宣伝にもなるので快くお受け致しました。


KBS京都ラジオの「早川一光のばんざい人間」という6:15からの早朝番組の6:25からの電話インタビューのコーナーです。早起きが得意な方はどうぞ聞いてみてください。


「木のかおり」展

2014年第5回「木のかおり」展が長岡京市産業文化会館で開催されます。


今年は会場の関係で一週間遅く第三土曜/日曜の開催となりました。今年は出展者21名と過去最大です!


会場前広場では例年のように材木の展示即売もありますのでご興味のある方は是非お越し下さい。



Photo



Photo_2



「一木一優」展訪問

今日は朝から良い天気ですが厳しい冷え込みです。知り合いの木工家が出展されている「一木一優」木工芸・漆展が岡崎のみやこめっせで開催されているので行って来ました。


今年の会のテーマはMerry X'mas & Happy new year ということで共同作品や各々それにちなんだ作品も展示されています。


みやこめっせの美術工芸ギャラリーは部屋が二つあり、一方に今年のテーマ作品、もう一方の部屋に各々の作家の作品が展示されています。


テーマ作品の部屋にはベニヤの曲げ木工法で作られたクリスマスツリーが中央に鎮座し、その枝の上にクリスマスにちなんだ作品が・・・



Img_1809


このかわいいお家シリーズ?は女性の木工家Yさんの作品です。小さな物は3cm角くらい、これはオランダのメリー・クリスマス?(切り取って拡大したので画像が悪いです。すみません!)


Img_1809a


何やら心地よいBGMが聞こえて来るので、どこから?と思うと何とこのオーディオシステムのトールスピーカーからでした。(左右2本あるのですが、写真は左側だけです。)
なんとこのスピーカーは実効径7cmくらいしかないのですが、豊かなチェロの低音がとても良く響きます。
通常のオーディオマニアなら塩ビ管で作るところですが、作者のIさんは伝統工芸展入賞の腕前ですからタモ材(だったと思います)の板で10角の筒を作っています。(しかも拭き漆仕上げ)短い物ならまだしも、これだけ長いと四角でも難しい・・・スピーカーユニットは一番上に水平に設置されているので高音域の指向性もいいはずで、BGMには最適ですが、なんとぜいたくなBGMシステム・・・


さらに左上のアンプは橡の杢板に拭き漆仕上げ・・側板はブビンガかな?


Img_1811



隣の部屋には各作家さんの作品が・・・漆仕上げが多いですが、元々の会の発足が樹輪舎の教室に参加されていた方が大勢いらっしゃいますので・・・


Img_1806


こちらはYさんの作品ですが、壁の羊さんが超かわいいですね! 体の部分は本当の羊毛みたいです。(残念ながら、聞きそびれました。)


Img_1807


展示室の窓からは二条通りを挟んで京都会館側の植え込みと建物が望める明るい会場です。
「一木一優」木工芸・漆展は本日から8日(月)まで開催されていますので、ご興味のある方はぜひ見に行って下さい。


Img_1805



ミニオルゴールコンサート


Img_1724



今日は工芸作家展、最終日ですが高槻から来られたご夫婦が「すみません、全部聴きたいのですが・・・いいんでしょうか?」と話しかけてこられ、全てのシリンダー型6台とディスク10枚近くを聴いて下さいました。


始め、お二人だけオルゴールの前に座っていらっしゃったのですが、気が付くと10名近くの方が後に座っておられました!
今日はもう、仏前ミニコンサート状態です。このご夫妻の奥様はピアノの先生のようでバッハが大好き、曲間にお話ししていると私もバッハは好きですから、もう止まりません! 後にお座りの方々もじっとその会話を聞いておられます。(笑)中にはうなずいている方も・・・音楽談義やピアノとチェンバロの違い等についても飛び出し、私とこの先生の解説付でコンサート?が進行しました。


また、小学校低学年とおぼしき小さな子供を連れたお母さんやご夫婦も結構来られましたが音楽の好きな子はじっとおとなしくオルゴールの前に座って覗き込みながら聴いてくれます。中には何も説明してないのに「このギザギザの弦は左が高音、右が高音や!弾かれてる時の音でわかった」とか、「筒が一回まわると左にずれて違う楽章を弾いてるで!」・・・お母さん「えっ、ほんと、本当なんですか?道理で長い間演奏してると思いました!」という子もおり、この子の洞察力には脱帽でした! また、ショパンの曲を3曲聴いてくれて帰り掛けにハイタッチをしてくれたかわいいお嬢ちゃんもおりました〜。きっとピアノで練習してるんでしょうね(笑)


今日は可愛い聴衆や、思いもよらぬミニコンサート開催でとても充実した展示会でした。


内容と関係ないですが釈迦堂を出た所には大輪の菊の花が(これも毎年あります)



Img_1729


3日間の展示会でしたがご近所はもとより、遠方からもたくさんご来場いただきありがとうございました。


工芸作家展2日目

今年は先週まで、冷え込みがあまり無く紅葉するのが昨年より遅いようで、薬医門を通る通称「もみじのトンネル」はまだまだ青々していますが、境内の一部を切り取れば見事に紅葉しております。



Img_1719



Img_1722



Img_1726




今日から秋の紅葉シーズンで入山料が必要!ということもあってか、今朝は修行中の僧侶が勅使門のある石庭(工芸作家展が開催している釈迦堂の正面です)の落ち葉等を清掃をして熊手でパターンを描いておりました。



Img_1730



今日から観光バスで来られる団体さんが多くなり、彼等は嵐のように来て、嵐のように去って行かれます。(笑)


やはりじっくり展示作品を見て、座ってオルゴールを聴いて行かれるのは京都市内や大阪、奈良などからの個人客の方達です。中にはお寺へ用事があって来たけど、その前に「ちょっとお参りして来ます」と言って偶然会場に来られ、30分以上オルゴールと説明をを聴いて、「ご住職に何と言いましょう! でもお寺に何度も来てますがこんなに心が穏やかになったのは初めてです。」と言って出て行かれたご婦人もおられました。(大笑)


工芸作家展1日目

阿弥陀堂の回りの紅葉もしっかり色づいて来ました。今朝の気温は6℃、澄んだ空気にもみじの紅葉が映えます。



Img_1714



朝、早めに行って、オルゴールの展示の後にボードを立てました。これですっきりと見ていただけると思います。
また音波が反射してオルゴールも良く響くようです。[E:note][E:up]



Img_1716



橡の展示テーブルの上も少し寂しかったので、いつものようにワインを置いてみました。[E:wine][E:wink]



Img_1717



一番左の端はいつもと雰囲気がちょっと違いますが・・・これはオルゴールではありません。我が家の仏壇です。(まだ魂は入ってませんが)・・・オルゴール入れると良く響きますよ!(笑)これ、なかなか人気ありまして、中には前に正座して手を合わせてくださる方もおられます。


今日は金曜日で紅葉祭りは明日からということもあり、近隣の方々が多く来られます。


一人の中年の女性の方が来られて、何か聞いておられるようですが日本語が通じないらしく、仲間が私に相手をしろというので、つたない英語で話しかけてみると「I can litle speek.」と言われたので私も〈litle speek〉でおもてなししました。(笑)
木工に関しては結構説明できるのですが、他のジャンルやお寺の事については・・それは難しい・・的確な言葉が思いうかびませ〜ん。でもとても喜んでくれて、「いろいろと説明してくれてありがとう。私はあなたに何もしてあげられないし、今これしか持ってないけど感謝の気持ちとして受け取って下さい。」と一個の大福をくれました!! 私は「I'm very happy!」と言ってありがたく頂戴いたしました。(爆笑) 台湾から来られた方でしたが、大変物静かで我々のイメージする一般的なチャイニーズ系とは違ってました。



Img_1718




最終日の日曜日までは寒いながら、良い天気のようですので大勢の方がいらっしやると思います。


それにしても、堂内でじっとしてると寒いです。靴下2枚履いて来て大正解でした!!(笑)


工芸作家展搬入

恒例の粟生、光明寺での乙訓工芸作家展が明日から始まります。


今日は午後3時から搬入、毎年の事なので約一時間で設営はできましたが、阿弥陀堂の入口からお堂まではけっこうな階段があり、運び上げるのはなかなかの重労働です。


今日から冬型の気圧配置となり、冷え込んで来ました。明日からは防寒対策をしていかねば・・・お寺のお堂の中はとても寒いのです。
その分、紅葉は鮮やかに色づいてくると思います。どうぞ紅葉見物も兼ねて暖かい格好でお越し下さい。



Img_1708




Img_1711




Img_1700



乙訓工芸作家展

恒例の乙訓工芸作家展が来週の14日から16日まで開催されます。


今年は第23回となります。


 場所:長岡京市粟生 光明寺 釈迦堂


 開催日:11月14日(金)、15日(土)、16日(日)


 開催時間:9:00〜16:00


 ※15日からは紅葉祭りの期間となりますので入山料が必要となります。


陶芸、竹工芸、木工、仏像彫刻、漆芸、ガラス、織物、硯工芸等、今年も多彩な工芸を一堂に集めて展示致しますのでどうぞお越し下さい。


紅葉もそろそろ見頃になって来ると思います。


釈迦堂は本堂(御影堂)の左手の渡り廊下を通って階段(エスカレーターもあります!)を降りた所です。



Img_0597



livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 2018カノン二人展とコンサート
  • 2018カノン二人展とコンサート
  • 2018カノン二人展とコンサート
  • 2017「木のかおり」展
  • 2017「木のかおり」展
  • Newディスクオルゴールの製作-7
  • Newディスクオルゴールの製作-7
  • Newディスクオルゴールの製作-7
  • Newディスクオルゴールの製作-7
最新コメント