毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

マニアック

マキタ プレーナーの集塵装置

ギター仙人の工房へ持って行く予定のプレーナーにダストポートを取付けました。
マキタの2012型プレーナーですが木工を始めた30年以上前に購入した機械です。
専用のダストポートがオプションであったはずですが当時はガレージや今の工房に移ってからも屋外で作業していたので付けていませんでした。しかし、プレーナーを室内で使うと集塵装置がないと大変なことになります!!
手持ちの内径60mmの透明パイプとアルミアングル、鉄板のサドルなどで作ってみました。
IMG_1500

吸引口は欅の丸棒から削り出し、これは試験用の掃除機のホース(φ40)とつなぐための物です。
IMG_1501

こちらは本式の集塵機と接続するためのφ100のアダプターです。材料はジャンク箱にあったPVCの異径ソケットで透明パイプ側は内径を木工旋盤で63mmに合うようにテーパーを付けて挽きました。
これぐらいで引かないと幅広の材や狭い材でも切削量を多めにすると掃除機のホースでは一発で詰まってしまいます。
IMG_1503

反対側のキャップです。
こうしておけばレイアウトによって左右どちらでもホースが接続可能ですし、万一ポート内で詰まった時も掃除が楽にできます。
IMG_1505

掃除機を接続して85mm巾の材を削ってみました。
透明パイプ内の削くずの流れがよく見えます。これは切削量が約0.5mmの時です。
IMG_1507

切削量を1.5mmにすると凄い量の削くずが出ます! この後すぐに詰まりました!!
慌てたので写真もぶれてます(笑)
IMG_1506

掃除機接続時の手前側にこぼれた削くずです。
今回削った材の厚さは約40mmでしたが分厚い材になるほど洩れは多くなると思います。
まあ、この程度なら上出来でしょう。
IMG_1508

出口側はほとんどこぼれません。
IMG_1509
 

掃除機の修理

長年使って来た工房のメイン掃除機がついにダウンしました。
今までベアリングの交換2回、カーボンブラシは同じ物が入手できないのでマキタの一番大きなサイズの物を削って寸法を合わせ使っていましたが今度はベアリング保持部分の樹脂が溶けて変形し、修復不可能となってしまいました。
この掃除機は工房の掃除だけではなくトリマースタンドやサンダー加工時の吸塵等、毎日よく使う大切な設備です。もう20年以上使っていると思います。 
IMG_5236

製材室で使っているリョービの掃除機のモーター部分を移植することにしました。
このリョービはキャニスターフィルター式で掃除機の掃除が簡単なのはいいのですが音が甲高く耳障りなのでほとんど使っていませんでした。
IMG_1493

手前が古い掃除機のダストコレクター部、ステンレス製で左後方のリョービの樹脂製に比べて倍近くの容積があります。
吸入口は簡単に付け替えられそうです。
IMG_1494

さて問題はモーターヘッドの取付です。基本的な寸法(直径)はペール缶に合うようになっているので同じですが古い方はパチン錠で3カ所、リョービは樹脂製の大型パチン錠による2点止めになっています。モーターヘッドを加工するのは面倒なので樹脂製のパチン錠をステンレスタンクに取付けるための保持具を木で作りました。
IMG_1495

取付け穴2カ所とパチン錠の支点となるシャフトを引っ掛ける溝を加工しました。
裏面はステンレスタンクの外周にピッタリ合うように長手方向にR150の凹面を加工してあります。
これは所定長さに切断する前の長い材を昇降盤の300mmブレードで横ズリすれば簡単にできます。
(短く切ってからの加工は危険なので)
IMG_1496

けっこうきれいに取り付きました!
試運転してみると、あの甲高い音が消えて古い方の掃除機と同じような音になりました!(それなりにうるさいですけど・・・笑)
どうもあの甲高い騒音の原因はモーターやブロワーではなく、リョービ純正の容積の小さなダストコレクターにあったようです。タンクを交換して正解でした!!
IMG_1498
 

傾斜バイスの改良

100弁オルゴールのアクリル板押さえに30°の傾斜穴を開けますが以前に製作したこのバイス台はいまいち使いにくいので全面改良しました。
他の用途で使う場合にはこのバイス台は有効なので元の形で使えるようにも考えました。
IMG_5060

ボール盤バイスは大きめの材料を掴むには好都合なんですがアクリル板押さえのような細いストリップ状の物は非常に掴みにくいんです。そこで既存のバイス台に専用の小物用バイスアタッチメントを取付けるように改良しました。
IMG_1349

これが小物用バイスの心臓部です。
写真上がワークを押さえる爪で先端はドリル穴開け時に両端をガッチリ押さえ込めるように二股にしてあります。そして爪の固定ネジ部はR5の円弧とM4のネジが入る長穴の加工をしました。ここに写真下のφ10の真鍮棒を加工した特製座金とローレットツマミ付きのM4長ネジが入ります。この構造によりワークを押さえる爪を適正で任意の角度にスムーズかつ確実に締め付ける事が可能です。
こんな長いローレットネジは売ってないので短いネジ部を切り取って長ネジを埋め込みました。
IMG_1351

こちらはバイス台後端の爪の角度調整用の可動ボルトです。
ボルトは普通のM6六角ボルトの頭を旋盤で球状に加工した物です。
IMG_1352

後端のボルトの高さ調整により爪の角度を変えたり分厚い物も平行に押さえる事ができます。
IMG_1353

場合によってはこんな角度で固定する事もできます。
IMG_1354

さっそく100弁オルゴールのアクリ押さえ板に穴加工をしました。
これは微妙なカーブが付いているんですが加工部分の両端近くでガッチリ押さえ込んでいるので非常に安定した加工ができました。
ワークを固定するのもボール盤バイスのように角度や位置に神経質にならずに簡単にできました。
IMG_1355
 

ミニルータープレーン

Veritasのミニチュアルータープレーンです。
写真は刃を後向きに付けてありますが、こうすると若干安定性は悪くなりますが入隅や止まり溝の加工もできます。本来は刃が四角い穴から覗く訳ですから確かにルーター、いやミニですからトリマーですね。刃巾は3mmです。
IMG_1333

構造上、刃を出しすぎると材料に食込みやすいので細かな仕上には向きませんがそれなりの仕事はしてくれますし、なんと言ってもこの止まり溝の仕上には充分に威力を発揮してくれます。
IMG_1334
 

100弁オルゴールの製作-7

注文してあったベベルギヤが入荷したのでゼンマイ巻き上げ用のギヤボックスを作りました。
材料は20×50mmの真鍮平角パイプです。小さい方のベベルギヤの入る穴をフライスでくり抜きました。
弱い力でもハンドルが回せるようにドライブ側に20枚、ムーブメント側には歯数40のギヤを使って減速比を1:2にしました。その代り、4回転のところを8回まわさなければなりません。(笑)
IMG_1231

巻上げ機構の全体はこんな感じです。ムーブメント側は動作確認のための仮のシャフトです。
IMG_1230

実際のムーブメントに取付けてみました。
IMG_1235
 

薪ストーブの修理

薪ストーブの扉のロックハンドルが最近緩くなって閉まりが緩くなったのでロック金具を外して少し叩いたらあっさり折れてしまいました!
IMG_4687s

以前にも物を当てて首の部分から折れ、修理の痕が残っていますがこれで2回目、この先端が折れるとどうしょうもありません!
鋳物ですからもともともろくて折れやすい・・解っていながら叩いたのは大失敗です(笑)
IMG_1211

ジャンク箱をあさって、使えそうな金具を組み合わせて作りました。
先端のギボシだけが元のハンドルに付いていた物です。
レバーとの間に木を入れて素手で触っても熱くないようにしてみました。
IMG_1214
 

嬉しいプレゼント!

今日は午後からギター仙人が木工バイスと8mmのルーターを取りに来てくれたんですが、こんな嬉しいプレゼントを持って来てくれました!
レーザー墨出し用のマーカーなんですが、この機種はX-Yの十字線はもちろんですがどちらか片方だけを放射する事ができて、さらに自動レベリング機能をOFFにすることができます。
本来の用途は建築や土木作業で水平線を出す事とそれに対する垂直な線を出すことですが、我々が使う場合はある基準線や面に対する垂直を求める事が多いのでオートレベリング機能のOFFというのは非常にありがたいです。
レーザーは635nm(赤色)Class ll (1mW未満)、ケースはIP55ですから防塵、防水構造です。一桁目の”5”は防塵の等級で完璧な防塵ではないが機器の正常な作動を妨げる量の粉塵が侵入しない構造、二桁目の”5”はいかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない構造です。
低コスト製品ながら、なかなか良くできてますが惜しむらくは輝線の巾が少々広い事です。
このまま水平面に置いても使えるし、三脚や付属のマグネット式アングルにも取付け可能です。
IMG_1210

我が工房での用途としては耳付き材等の大きな材を製材する前に手持ちの丸鋸で基準面を作るためにカットしますがその時に墨付けなしで、この輝線の通りにカットするという使い方、多分、これに一番活躍するのではないかと思います。

次に使えそうなのがバンドソーのテーブルとブレードの直角度の確認です。
これはブレードにテンションを掛けた状態でテーブルの上にオートレベリングをOFFにした本器を置くだけで非常に簡単に確認できます。但し正確に確認するには本器の底面とX輝線が完全に平行であるかをチェックしておかなければなりません。これは後日、確認したいと思います。
本器の底面は三脚の雲台に取付けるために中央が凹面になっているので3mm厚くらいのアルミ板を取付けて全面フラットにし、調整する必要があるかもしれません。
IMG_1198

その次はボール盤にクロステーブルを乗せて簡易フライスとして使う場合に途中でテーブルの昇降を行うとせっかく合わせたテーブルの角度がずれてしまいますがテーブルのセンターにマーキングしてレーザーを当てておけばテーブルを昇降しても元の角度に正確に合わせそうです。
IMG_1199
 
他にも用途はありそうですがそれを考えるのも楽しみの一つですね。
ギター仙人さん、ありがとうございました! 

ベンチバイスの製作

先日ギター仙人の工房へ遊びに行った時にバイスのネジが余っているからあげるよと言いましたがこのネジだけでは使い様がないのでベンチバイスを作りました。
このバイスネジは古い小学校の工作室のバイス用で長さ300mm(有効長は240mm)ネジ径は20mmの頑丈な物です。
IMG_1142

制作過程は写真を撮り忘れたのでありません。
ジョーは巾250mm、高さ120mm(有効高さ80mm)、厚み20mmの水目材です。
ガイドバーは直径18mmのその辺に転がっていたステンレスパイプ、ハンドルは長過ぎて使いにくかったので8cmほど切り詰めました。
最大開口は2枚のジョーとフランジ分の厚みだけ差し引いた180mmになりました。
IMG_1164

前面のジョーには可動式のストッパーを設けました。
ワークベンチの上で小さな材を鉋掛けする時に便利です。使わない時は一枚目の写真のように下げて固定しておけばじゃまになりません。
IMG_1165

横からみた写真です。左側のジョーを手前左にちょこっと写っている補強板を併用してワークベンチに固定しますが、これはワークベンチのトップの面にピッタリ合わせるために現場施工となります。この作業はギター仙人におまかせしましょう。(笑)
IMG_1166
 

ギター仙人のパネルソー

今日は朝から時の音色さんに頼まれた製材一式と装飾用のディスクオルゴールを届けた後、ギター仙人の隠れ工房?に行ってきました。
彼は昨年の12月におじゃました時からコツコツとこの壁一面を占有する巨大なパネルソーを作っていたんです!!
普通の家の工房にパネルソーを設置している人はちょっとないと思います。(拍手!)
メイン機構となる2本のバーには足場用の鋼管、フレームは2×4材です。
鋼管の長さは2mなので丸鋸のベースと固定部分の寸法等を差し引くと切断可能長さは1.6mくらいで定尺の長辺1.8mの合板の長手方向の切断は無理ですが一般的には短辺側の90cmが正確に切断できれば非常に有用な工房のアイテムですね!
まあ、普通の一般家屋では天上高さは2.4m程度ですから床から天上までをフルに使わないと1.8m切断は無理でしょう。また鋼管の長さが長くなると足場用の鋼管はまさかこんな用途に使われるのを想定していないので、それこそ何本も購入して精度の良い物を選別する必要があるかもしれません。(笑)
CIMG4948

丸鋸は合板のベースに取付けられ、ベースは4個のサドルで左右の鋼管上をスライドするという形で安全に(これが最も重要!)スムーズにそして正確に直角カットができます。
フレームの裏側には上部の滑車を介してバランスウエイトがワイヤーでぶら下げてあるので丸鋸ユニットはほんの少しの力で動かす事ができます。
もちろん集塵機能も装備しています。
CIMG4945

実際に9mm厚の合板をカットしてみました。
赤い線はレーザーマーカーの光です。
何の抵抗もなくスゥーと切れて切断肌も非常にきれいです。
IMG_1139

これは前回訪問した時にすでに完成していたサイクロン式集塵装置。
室内で丸鋸等の回転刃の機械を使うには必要不可欠の装置です。
集塵装置がないと粉塵がいたるところに飛散し悲惨なことになるのですが、この集塵装置のおかげで9mmの合板をカットしてもこの写真左下に見えるわずかな切子が落ちるだけで済みます。
現在は家庭用のダストバッグ式の小型掃除機がサイクロンに接続されていますが丸鋸の場合は粉が小さいので能力的には充分なようです。プレーナになると切削屑が大きくなるので風量の大きいシロッコファンのブロワーが必要でしょう。またホースも大径の物にしないと幅広の材を削ると一発で詰まります。
IMG_1140

パネルソー反対側の窓側のワークベンチです。(もちろん、これも自作品!)
PCがその場で使えるというのはうらやましいですね!
私の工房はインターネット環境が機能しませんので・・(笑)
そして今後はトリマーテーブルの製作やワークベンチの改良等、まだまだ進化していくようです。
ある程度基本設備が整えばその内に本番のギター製作が始まるでしょう・・・たのしみです!
そして、今日は先日水曜日でお休みだった老舗のうどんやさん、西陣えびやさんでおいしい昼食をいただきました!

ギター仙人さん、今日はありがとうございました。
IMG_1141
 

ストーブに翼が付いた!

突然ですが薪ストーブに翼が生えました!!?
ま、勝手に生えて来る訳はないんですが・・・実はこの鉄板は少し前に亡くなられた植木職人のTさんが当敷地内の倉庫に置いてあった石を運ぶための台車の部品なんです。
先日、仲間の方が倉庫を整理、解体された時に何かに使えるだろうと譲り受けた物で、片側に奇麗なアールと絶妙な位置に取付け穴が開いていたんです。手持ちのアングルと組み合わせてちょうどいいストーブの翼・・ではなくエプロンに変身しました! 厚さは6.3mmあります。
錆だらけでしたが錆を落としてグラインダーで磨くと細かな凸凹がありながら黒光りのする味のある表面になりました。光線の加減で写真では白っぽく写っていますがストーブ本体と全然違和感のない表情です。
IMG_1093

取付けは以前にストーブを修理した時のバッフルプレート受けの貫通ボルトのナットを利用して一点だけで固定していますが側板の凸凹とぴったり噛み合って安定そのものです。
アングルの取付け穴はU字形にしてあるので12mmのナットを弛めるだけで取付け、取外しが簡単にできます!
IMG_1094

湧かしたお茶等を乗せておくと沸騰はせず、冷めないのでとても便利です。
もちろんパンもほどよく暖まりまーす。
表面積も結構あるので放熱効果も期待できそう。
IMG_1101

プロフィール

野山のおるごーる仙...

ギャラリー
  • オルゴールと木工展終了
  • オルゴールと木工展5日目
  • オルゴールと木工展5日目
  • オルゴールと木工展5日目
  • オルゴールと木工展5日目
  • 今年の植物園 樹木編
  • 今年の植物園 樹木編
  • 今年の植物園 樹木編
  • 今年の植物園 樹木編
最新コメント