毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

マニアック

ディスクオルゴール用材の準備

久々にディスクオルゴールを新しく作る事になったので材の選定と確保をしなければなりません。
蓋の鏡板に何を使うかですが、27cmのディスクオルゴールともなるとかなりの面積なので板の収縮に十二分に考慮しておかないと後で隙間ができたり悲惨なことになります。
本体には黄肌を使うことになったので手持ちの黄肌化粧板貼の合板に栓の杢板を組み合わせる事にしました。6mm厚の黄肌の合板に4nn厚の栓を接着してクランプでプレスしておきます。
IMG_0437

栓の合板です。こちらは蓋の裏側になります。
IMG_0439

栓の杢板側です。まるで地図の等高線のような杢です!
IMG_0438
22)


本体は黄肌のおとなしい柾目板、右上のウォールナッツはムーブメントを取付ける響板で、柾目板を2枚接ぎ合せ、7.5mm厚にしました。
これらを所定寸法より大きめに切ってしばらく養生しておきます。
IMG_0440
 

ウッドレース用バイトの製作

だいぶ前に購入してそのまま置いてあったHSSのブレードチップを使って小細工用のバイトを作りました。
このチップはウッドレースの刃物用に作られた物で厚みは1/16" (1.6mm)ですが断面は台形で下辺は約1.4mmと狭く、切り込んだ時に側圧が掛かりにくいのでパーティングツール(突っ切りバイト)にはうってつけです。また、上端と下端はわずかに鎬面(山形)になっています。
海外ではこんなマニアックな鋼材が一般に市販されているんですから驚きです。
IMG_0386

購入してあった2本を柄に挿げました。
上はウォールナッツ、下はローズウッドです。
角材の先端40mmを半割にして片方にブレードの収まる溝を掘り、切り取った半分を接着してからウッドレースで挽きました。先端の20mmには真鍮のパイプをエポキシを併用して圧入し強化してあります。ブレードも溝にエポキシ接着剤を塗って圧入です。真鍮パイプの右側の溝はブレードを押し込んだ時の接着剤と空気を逃がすためのスリットです。ブレードはこの位置まで挿入してあります。
(この工程の日は携帯忘れたので途中の写真ありませ〜ん。)
IMG_0392

一晩置いてエポキシが完全に硬化したのでチップの先端に刃を付けました。
長いローズウッドの方は突っ切りバイト用の刃を付けました。
これは刃を下から見たところです。
IMG_0395

ウォールナッツの方は剣先バイトとしました。
IMG_0398

桜材を試し削りしてみました。
右の3条は突っ切りバイトです。断面が台形なので切削抵抗は少ないですが刃巾が1.6mmと狭いのでコントロールはかなりシビアです。下面の鎬面はフラットに研ぎ直した方がいいかもしれません。
左は剣先バイトですがこんな飾り面や細かい部分の加工に使えそうです。
IMG_0383
 

製材は続くよ!

遅い台風の影響でうっとうしい天気が続きますが今日もせっせと製材です。
今日は工房に置いてある作業台代わりの紅椨の盤の下から出て来た古い材です。
黒檀はわかりますが他の材は埃をかぶって判別がつきません!
黒檀のブロックは割れも無く美しい良材でした。柾目に取るか板目にするか迷いましたが私の主な用途から柾目に挽くことにしました。
IMG_0357

黒檀は巾10cmで12mm厚が5枚、20mmと25mm厚が1枚づつ取れました。
たぶん15年以上前に買った物ですが今時こんな黒檀はなかなか手に入らないでしょうね。
あとは写真の水楢と柾目の欅、写真にはありませんがタモと銀杏の製材が完了しました。
IMG_0359
 

ウォールナッツ杢板の製材

主にオルゴールの天板に使うためにストックしているきれいな杢の出たウォールナッツを製材しました。
あまり巾を広く取ると製材時の歩留まりが悪くなるので杢のパターンや必要な巾との兼ね合いで板巾を決めます。貴重な材ですので製材のロスを少なくするためにバンドソーで挽く前に手押し鉋で平面を出し、木端を直角に整えます。
IMG_0354

バンドソーで所定の厚みに挽いたあと、プレーナーで厚みを揃えました。
桟木を挟んでPPテープで強く締め、養生しておきます。
IMG_0356

本体の箱となる材も製材しました。
こちらは主に柾目材を使用します。
IMG_0353


クォーターレストチェア完成

左右の脚ユニットを前後の貫で結合して割り楔を打ち込みます。
背もたれの四部休符の飾り板は支柱の両側からステンレスのコースレッドで止めて、頭をウォールナッツの角ダボで隠しましたが写真撮り忘れました〜!(角ダボの穴だけ写ってます。・・笑)
IMG_0277

脚が組み上がったので定盤の上に乗せてトースカンで脚のカットラインを毛書きます。
脚には転び角があるため、その分平面に対して隙間ができます。
IMG_0280

手鋸でカットラインに沿って慎重に切り落とします。
これで各足の底面が平面にぴったりフィットしました。
IMG_0282

座板の裏に駒止を固定するためのM6エンザートを捩じ込みました。
IMG_0276

駒止が無理なく取り付くか、また座板の収縮に対する逃げの量等を確認しておきます。
IMG_0281

全体を#400のサンドペーパーでもう一度磨いてオイルを塗布しました。
オイルの摺り込みと研磨を繰り返して座板を取付ければ完成となります。
IMG_0285

クォーターレストチェアの製作

記事タイトルがなぜか変わりましたが背もたれにこれを付けたかったわけです。
クォーターレストチェア、四部休符の椅子です。
背もたれは後の脚がそのまま上に突き出た形なので脚に転び角が付いている分、平行ではなくおまけに前後方向の角度もあり、かなりカーブしています。これは図面を起こしても合わない公算が大なので脚の仮組ができてから現物の寸法を拾って作図しました。
IMG_0265

左右の枠に五線譜を固定するためのホゾ穴を開けます。
IMG_0266

上下の貫とは蟻送りで接合します。
四部休符になるミズメの板にテンプレートを貼付け、2枚に割って両側に五線譜に固定するための溝を切ります。
IMG_0269

切り離した2枚の周囲をマスキングテープで固定してバンドソーで切り抜きます。
厚みは12mmなので普通だと糸鋸盤を使うんですが私はバンドソ−を使います。(この程度の曲線なら糸鋸よりバンドソーに自信があるので・・・笑)
IMG_0270

カットして行くとテープで固定した部分が少なくなるのでその都度、マスキングテープを追加しながらカットして行きます。
IMG_0271

できました!
IMG_0272

接着した時にずれないように1.6mmの真鍮釘を切った位置決めピンを打ち込んでおきます。
IMG_0275
 

ツィターアタッチメントの試作完了

この切り替えツマミがいまいち気に入らないので作り替える事にしました。
IMG_0207a

ツマミ自体は悪くはないんですがアタッチメント全体のイメージにちょっとそぐわない・・・。
真鍮材を加工してレバー状の物を作る事にしました。
IMG_0215

IMG_0216

うん、なかなか良くなった・・・と思います。(自己満足)
操作感も改善しました。
IMG_0219

さてさて最後の紙筒ですが、いろいろ試してみた結果、次の事がわかりました。
1)紙の種類ではあまり変化がないようですがパリッとして、表面が滑らかな方がいいようです。
2)厚さは薄い方がいいようですが、あまり薄くなると強度や耐久性に問題がありそうです。厚い紙は櫛歯の振動を完全に止めてしまうのでだめなようです。
3)巻く直径はけっこう影響するようです。コイルバネと同じで線径が同じなら小さく巻く方がバネ定数が上がり(硬いバネになる)、大きく巻くと柔らかいバネになるように、直径によって弾性が変わるためと考えられます。

これらの結果から紙は手持ちのラッピングペーパー(薄手ですが多分表面に樹脂コーティングがあり、硬くて弾性が大きい)を使って、3種類の径の筒を作って試聴しました。
左から12mm、14mm、16.5mmです。

最終的に中央の14mmに決定しました。
完成写真を撮るのわすれました〜!。
IMG_0220

 

ツィターアタッチメントの試作その2

結局アクリル保護板を跳ね上げて内部のツマミで切り替えることにしました。
アクリル板を2分割にしてヒンジを付けるなど、かなり大層な作業ですが、これは既存の箱を改造したためで、こうしないと跳ね上げたアクリル板を支えるステーが必要になるからです。
IMG_0200

アクリル板を跳ね上げたところです。
閉めた時の固定は前方中央のマグネットでアクリル板の持ち手の取付けネジを吸着します。
IMG_0201

横から見たところです。
昨日の試作の紙筒は材質がいまいちなので今後、何種類か試したり、巻く直径でも音質が変化するのでその辺をクリアーしてから本番の取付をするつもりです。また両面テープを一般品ではなく、クリアーテープを使って見た目もさらに良くしたいですね。
IMG_0208

 

ツィターアタッチメントの試作

ツィター(チター)はオーストリア、チロル地方の民族楽器でスイスのドイツ語圏や南ドイツの一部でも良く演奏されるらしいですが日本では一般的になじみの薄い楽器です。ツィターは5本のメロディ弦と30本余りの伴奏弦があり、右手の親指にはめた金属製のピックでメロディ弦を弾き、残りの指で伴奏弦を弾いて演奏します。(日本の箏もこの仲間らしいです。)
楽器自体の厚みは薄く、演奏する時には共鳴台の上に平に置いて演奏されます。
28)


日本でもよく知られるようになったのはなんと言っても1949年のイギリス映画「第三の男」で流れるアントン・カラスが演奏するツィターの音色でしょう。


それで、なぜツィターか?なんですが、実はアンティークオルゴールの中にはこのツィターに似た音を出せる物がけっこうたくさんあるんです。
調べてみると方法は実に簡単で丸めた薄手で腰のある紙筒を櫛歯にそっと当てるだけなんです!
丸めた紙を演奏中のオルゴールの櫛歯にそっと当てるとそれらしい音がすぐに出ます!
問題は通常のオルゴール演奏との切り替え方法です。
ツィターの音も魅力的なんですがそればっかり聞いていると少々疲れますので(笑)レバー一つで簡単に元のオルゴールの音色に戻せるようにしなければなりません。
アンティークオルゴールは一般的にシリンダーや櫛歯も大きくて色々なメカニズム等もわりと簡単に組込めそうですが現代のシリンダーオルゴールは50弁といえどもアンティークに比べると小さいので手加工で作るのはけっこう制約があって難しいのです。
手持ちの素材を生かして2〜3晩寝ながら考えた方法でパーツを作ってみました。
(こういうのを考えながら眠ると実によく寝られるのです!?・・・笑)
50弁用の全ての部材です。
IMG_0183

一番苦労したのがアクリル板を引っ張るためのスプリングを掛けるフックですが、これはM2の丸皿ネジをカットしてネジの部分にヤスリを当てて平行面を作り、φ0.7の極細ドリルで穴開けをしてからさらに形を整えました。右側のギザギザが魚の目ヤスリですからいかに小さいかおわかりいただけると思います。(セクションペーパーの目は5mmです。上の写真のアクリル板の中程に付いているスプリングの固定用です。)
IMG_0182

全てのパーツを組立てたところです。紙の筒はアクリル板の先端に両面テープで接着します。
IMG_0185

早速ムーブメントに取付けて筒を接着しました。
IMG_0186

これは筒を上げて櫛歯から離したノーマルの状態。
IMG_0189

筒を下ろして櫛歯に接触させたツィターモードです。
IMG_0191

箱に収めるとこんな感じです。まだ切り替えレバーを作らなくてはなりませんが保護アクリル板に穴を開けてレバーを外に出すか、アンティークオルゴールのようにアクリル板を開閉式に改造するか悩んでいるところです。今晩、寝ながらゆっくり考えることにします。(笑)
IMG_0192
 

丸棒切断ジグ

真鍮の丸棒を一定寸法にたくさん切るためのジグです。
端材に切断する寸法の穴を何カ所か開け、必要な長さプラス1mmに階段状にカットしてあります。
(50mmだけピッタリですが最初に端材をカットする時に51mmで切る処を失敗して50mmでカットしてしまっただけです。プラス1mmは両端を旋盤で仕上げるための削り代です。)
これはφ8用ですが穴はぴったりφ8で、ゆるゆるではいけません! これは切断中にブレードの力で丸棒が回転するのを防止するのと切断中に振動で丸棒が踊るときれいにカットできないためです。
IMG_0163

使い方は所定の長さの穴に丸棒を差し込んで一端を基準面に合わせ、階段状の面に沿って切るだけです。右手は丸棒が回転しないように軽く丸棒をホールドするだけで安全、確実に切断できます。
IMG_0162

本日の成果、時の音色さんより仰せつかった50/72弁用巻上げアダプターです。
 IMG_0168
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 2018カノン二人展とコンサート
  • 2018カノン二人展とコンサート
  • 2018カノン二人展とコンサート
  • 2018カノン二人展とコンサート
  • 2017「木のかおり」展
  • 2017「木のかおり」展
  • Newディスクオルゴールの製作-7
  • Newディスクオルゴールの製作-7
  • Newディスクオルゴールの製作-7
最新コメント