毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

マニアック

薪ストーブの内部、煙突下のバッフルプレートの中央部が溶けて穴が開いていたので鉄板に取り替えることにしました。
注文していた鉄板(SPHC黒皮付9mm厚)が入荷したので早速取付ける事にしました。
古いバッフルプレートを取外そうと引っ張ると簡単に2つに割れてしまいました!!
元々は7〜8mm厚でリブの入った鉄の鋳物ですがこんなに変形しています!
 IMG_5765

元のバッフルプレートはストーブ奥の板にボルトオンされていましたが平板では無理なので側板に穴を開けて12mmのズン切りボルトを通し、奥の板とで支えるようにしました。後方に向って10°前後の傾斜が付いているので落ちて来る事はないでしょう。
IMG_5767

鉄板が無事に取り付きました。
IMG_5770

心なしか燃え方がきれいになった・・・ように思います。
炎が直接煙突に行かなくなったので熱効率も元のように多少はよくなるでしょう。
IMG_5771

今日は時の音色さんが昨年の12月に購入された栓の銘木を木取りしに来られました。
う〜ん、これはどちらもすばらしい見事な杢ですね。
左は色白の秋田小町か?と思われる程の美人です。右は少々年増ですが(笑)年輪が非常に細かく、こちらは美熟女です。
秋田小町は38cm巾、美熟女は75cmでどちらも身長じゃなかった、長さは2mです。

これらを作品のために切断するのは非常に勇気がいるんですが・・・(人事ながらワクワクします。)
時の音色さんはこの美しい杢を見て創作のインスピレーションが湧いたのでしょう。光の多いテラスの馬の上に乗せるとチョークでカットラインをスイスイ描いて行きます。
私のプレーナーは33cm巾までしか通らないので熟女の中央部に割れの入っていた部分だけを30cm巾に挽いてプレーナーを通しました。後はサンダーでゆっくり仕上げて下さい。
どんな作品になるのか今から楽しみです。
IMG_8438
 

ディスクをドライブするローラーです。
径は16mm、センターに5.1mmの孔が開けてあります。
外周は少し太鼓状に挽いてあります。
これを切り離せば3個のローラーが完成します。
 IMG_5722

回転部分のパーツが揃ってきました。
IMG_5723

ベースプレートや軸受け等の機構部品も揃ってきました。
IMG_5724

軸受けの位置を慎重に決めます。スムーズに回転するかどうかの重要なポイントです。
IMG_5726

チェストオルゴールの試作が一段落したので、ちょっと遊びで「トランメル・ギヤ」を作ってみます。
トランメルギヤは並行伝逹機構の一種と考えられますがスライダーにローラーを使うので摩擦が少なく、また駆動軸と従軸は通常、1:2の回転数となります。 

先ず従軸側のディスクを作りますがスライダーの入るスロットを60°ずらせて切るために正確な60°の台形を作ります。(最終的に円になるので正三角形を作る必要はありません。)
底辺と斜辺を基準にして円の中心を通るスロットを3本切ります。
IMG_5712

昇降盤で加工の終わったスロットの底と両サイドをサンドペーパーで滑らかにしておきます。
IMG_5708

バンドソーで円周に沿ってカットします。
IMG_5713

センターに開けた孔を利用してサンダーできれいな円に仕上げます。
IMG_5714

きれいな円に仕上げるにはいくつかの方法がありますが今回はこのスペシャルジグとサンダーを使いました。
端材の三角板に支点となる6mmの孔を開け、サンダーのテーブル上の孔に6mmのロッドで固定します。
反対側にワークの中心孔と同じ径の孔を途中まで開けてピンを差し込み、このピンにワークを差し込んで三角板を軽く押してサンダーに当てながらワークをゆっくり回します。
IMG_5715

サンダーの筋痕を#240のサンドペーパーで均して出来上がりです。
IMG_5716
 

構造の簡単なレバー式ストッパーですがクリックストップの触感にやや不満があります。
本当はボールまたは頭を丸めた丸棒とコイルスプリングでプランジャーを作ればいいのですがこの方法はどうしても機構の奥行きが必要となります。
IMG_5686


下の写真はワンショット・フィーディングのクランク部に組込んだクリックストップですが軸受けの長さが充分あるので10mmのプランジャーと柔らかいコイルスプリングでなかなかいい感触となっています。
IMG_5693

今回は充分なスペースが取れないのでレバーの軸受けに真鍮の小釘の頭を埋め込み、レバーをスプリングワッシャー付きのM3ビスで動く程度に締め込む方法にしました。
結果は操作が若干硬い割にクリック感の節度が 少し足りない感じです。
原因はスプリングワッシャーのバネ定数が強すぎるのと釘の頭とドリルで揉んだ凹の形状が微妙に合わないためかと思います。バネは適当なバネ定数の物を探せばいいのですが、凹孔はドリルを研ぎ直すか先端がR面のエンドミルを使うしかいい方法がないようです。
IMG_5690
 

今日は昼過ぎには気温が11℃まで上がりました。
先日から寒い日が続いていたのでとても暖かく感じます。
少し前から手押し鉋の刃の切れ味が鈍っていたのですが、なにしろ水を使うのが冷たいのでついつい後回しにしていた刃の研磨を意を決して行いました!
 IMG_5648

メインの刃と予備の刃、各2枚を研磨しました。
研磨盤で研いだ後#2000のダイヤモンド砥石で刃先だけを研ぎ上げます。
水分をきれいに拭き取ってCRCをスプレーして完了です。
IMG_5649

早速カンナ盤に取付けて刃高の調整を慎重に行い、試し削りです。
こんなに軽く抵抗なく削れたんですね!(寒いのでちょっとさぼり過ぎでした。・・・反省)
IMG_5651

セーフティカバーを元通り取付けて完了です。
IMG_5653

最近 i-Phone のホームボタンが陥没して少し押しにくいな?と思っていたんですが、4、5日前に画面の左側が保護ケースから飛び出しているのを発見、ケースを外してみるとなんと液晶パネルが浮いて隙間からLEDの光が見えているんです!!

これは一大事と、ネットで調べてみると、どうもバッテリーが劣化したり、過充電により、バッテリーのパッケージ(袋)にガスが溜って膨張するためにLCDパネルが押されて浮き上がるようです。
さらに調べると購入後2年以内なら無償交換(以前は3年だったらしい)してくれるようですが私のi-Phoneはすでに4年近くになりますので、すでに適用外です。

さらに調べるとバッテリー単体や専用工具付き交換キットも販売されており、自分で交換すれば費用は¥900〜¥3,000程度でできるようです。(ショップに持って行ったり待つ時間も節約できそうです。・・・なにがいやかと言って、待つ時間が一番いやなんです。)

あまり安いものもバッテリーの信頼性が不安なのとMACの機器を分解するには専用工具は絶対必要ですので信頼できそうな工具付きのキットをネットで購入しました。

 IMG_5604

今日キットが届いたので早速交換してみました。
まず、i-Phoneの電源を切り、SIMを抜き取ります。
下部コネクタの両端にあるパネルを固定している星形トルクスネジを専用工具で外します。
保護ケースの上に置いてある2本のネジがそれですがこれが実に小さくて老眼鏡の上にヘーッドルーペを着用しないとよく見えませ〜ん。
液晶パネルに吸着パッドを貼付けて慎重に引っ張りながらプラスティックのヘラやペグのような工具でパネルを少しづつこじ開けます。
IMG_5605

パネルを明けると左側2/3近くがバッテリーのスペースです。
手前のバッテリーが今回購入した物で、古い物が膨れているのがよくわかります。
バッテリーを外すにはまず、接続コネクタを抜きますがこのコネクタを固定してあるカバーは先ほどのトルクスネジよりさらに小さいプラスネジです!
後は膨れたバッテリーを外して交換すればいいのですがバッテリーは裏面に両面テープで貼付けてあるのでこれを外すのに一苦労しました。バッテリー下に敷かれている電池交換用のフイルムを引っ張りながらバッテリーの下にヘラを差し込んでこじ上げるんですが周りの機器にダメージを与えないように作業するのはけっこう骨が折れます。

それでも作業は30分程度で終了し、i-Phone-5 は無事、復活しました。めでたしめでたし!
IMG_5607

取外したバッテリーです。これはリチウムイオンポリマー電池で、内部の電解物質に電解液ではなく、ポリフッカビニリデン(フッ素樹脂の一種)等のポリマーに電解液を含ませてゲル化した物がアルミ蒸着されたラミネート容器に封入されています。
比較的安全なようですが、ガス発生による爆発等はないのでしょうか?
IMG_5609

丸棒の先に雄ねじを切る時にはダイスホルダーにダイスをセットして切りますが、私のダイスホルダーはシャンクが対辺17mmの6角形なので主軸のチャックには装着できますが芯押し台に取付けたチャックでは掴めません。
通常は写真のように主軸にセットしますが長い丸棒の先にねじ切りしたい場合があります。
主軸はφ10の穴が貫通しているので長尺物でも掴めますが芯押し台のチャックは長いものは安定して掴めません。
IMG_8537

そこで芯押し台のチャックで掴めるφ11の変換アダプターを作りました。
ダイスホルダーの内径はφ12.7なので、段付きの丸棒を作るだけですが・・・
本当はSS材がいいのですが適当な材料がなかったので真鍮のφ15材から削り出しました。
 IMG_8539

これで長い材料の先端にでも正確に雄ねじが切れるようになりました。
写真はφ3の丸棒ですが長さが30cmあり、主軸の中を貫通しています。
IMG_8536

ざっと工房の整理をしましたが年末に木のかおり展で買った「グラナデロ」なる材木がちょっと気になったので端の方を削ってみました。


グラナデロ(Granadillo)はメキシコ原産のマメ科の広葉樹で重く硬い木です。ブラジリアンローズウッドの代替品としてよく使われるらしいですがローズウッドよりも硬い感じですね。削った時の匂いはバラの薫りではないですが、それなりの芳香があります。



「グラナデラ」(Grenadilla)という名前の木もありますがこちらは別名、アフリカンブラックウッドと呼ばれるこれまたマメ科の硬い木で色は漆黒、乾燥比重は1.3ということでグラナデロよりさらに硬い木です。グラナデラはオーボエやクラリネットの木として有名です。乾燥してしまうと吸湿が非常に少なく寸法安定性がいいので管楽器には最適なんでしょう。
それにしてもややこしい名前です。


グラナデロは入手が困難なハカランダー(ブラジリアンローズウッド)の替わりにギターに使われたり、近年は洋風仏壇にもよく使われているらしいです。


href="http://yamagomori.blog.eonet.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2016/12/31/img_8458.jpg" onclick="window.open( this.href, '_blank', 'width=567,height=425,scrollbars=no,resizable=no,toolbar=no,directories=no,location=no,menubar=no,status=no,left=0,top=0' ); return false">Img_8458



IMG_8458

IMG_8458

今まで大は小を兼ねるで小さな箱の契りの溝入れも大型のジグを使っていましたがやはり少々使いにくいので小型の物を作りました。


まず、平行を出した4mmのシナベニヤのセンターに90°の線を引き、その先端から45°の墨を入れます。
片方の墨線に沿って角材を接着し、昇降盤で角材の先端をカットします。


次の工程まで平行ガイドの位置を変えずに置いておきます。


Img_8342


角材をもう一方の45°の線に合わせて接着します。
内側にはみ出た接着剤をきれいに拭き取っておきます。


Img_8343


接着剤が乾いたら昇降盤でカットします。


Img_8344


平行ガイドは前の位置のままなのでV字部分がピッタリ揃います。


Img_8346


角材のはみ出た部分を切り落とします。


Img_8347


全ての角の糸目を取り、収納時に吊るす穴を開けて出来上がりです。


面取りをするのはジグがガイドや慴動部へのひっかかりを防ぐのと使用時に怪我をせず快適に使えるようにするためで、とても重要なことです。


Img_8348


早速30弁用小箱の契り溝を加工しました。


快適、快適!


Img_8351



↑このページのトップヘ