毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

くらし

毎日、山ごもり
定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

ぜんざいパーティ

午後2時に布袋工房に集まるようにと招集命令がかかりました!
今日は無車修行中(武者修行ではありません・・念のため)のkazegさんがはるばる高槻からやって来てぜんざいを振る舞ってくれました。
そうか、今日はお鏡開き(ほんとうは明日)の日なんですね。成人の日でもあるわけですが・・・まあこの村の住人はみんな3周以上回ってますから関係ないですね!(4周の人はまだいませんよ・・笑)
こうして薪ストーブを囲んで和気あいあいといただくぜんざいはオツなものです。
おまけにぜんざいの後にはHさんが買って来てくれた大判のベルギーワッフル!・・お昼もいっぱい食べたのに・・でも2個もいただきました!
kazeguさん、布袋さん、Hさん、ありがとうございました。
IMG_3192
 

嬉しいお届けもの

昨年、山桜を製材した時のカンナ屑をWさんにお送りしましたら、この山桜で染めたスカーフを送って下さいました!
同じパターンで2枚、媒染剤の違いにより発色が異なるらしいです。
写真の色再現が今一ですが左は少し黄緑がかったおとなしい色、右はえんじ色が少し強い艶やかな色です。どちらも美しいです。
生地が重なっているので濃い色に見えますが1枚で光を通すとどちらもとても優しい色合いです。
えっ、もちろん私用ではなく娘のためにと送って下さったのですが気に入ってくれると思います。
Wさん、いつもありがとうございます。
FullSizeRender

これが元の山桜の材です。
一番手前がプレーナーを通した物、後の数枚は20年以上桟積みにしてあった材です。この汚い材をプレーナーに掛けると手前の美しい木肌が現れます。そしてその鉋屑を使って布を染めると、またとない美しい色に染め上がるんですね!
いやぁ、木って本当に偉大な生物です!
IMG_2639
 

嬉しいお届けもの♪

今日、東京のWさんからとても嬉しいお届け物がありました!!
そう、先日アルペジョーネ用の木材「カリン」の木を製材した時に出た鉋屑を一緒にお送りしたのですがその鉋屑で染められたハンドタオルとカリンのエキスを使った石鹸です!

これはハンドタオルですがとても優しいちょっとピンクがかったベージュ色に染まっています。
使用される媒染剤により、また材の性質や温度等色々な条件で微妙に発色が変わるらしいです。
IMG_2633

ちなみに元の材のカリンの色です。
このカリンは漢方薬やカリン酒に使われるバラ科のカリンではなくて東南アジア産のマメ科の大木で大変重くて硬く、香木の内の一つです。
IMG_2502

下の写真はカリンのエキスを使った石鹸(左の2つ)、右のは一緒に送っていただいた英彦山のラベンダー石鹸です。(ちょっと手違いで袋の表示が逆になっています。)
どちらもほのかないい香りが漂いますがまだカリンの方はもう少し熟成が必要らしいです。
自然の物というのはやはりある程度の時間が必要なんですね。時というのは物造りに置いては重要な一つのファクターですから何でもすぐにできるものではありません。

Wさん、タオルと石鹸、大切に使わせていただきます。
IMG_2634
 
そして以前にもいただいたダン ラ ナチュールさんの素朴でおいしいクッキー!!
秋の晴れた日の午後に工房で紅茶でも入れていただこうと思います。
IMG_2636
  

永遠の少年たち

さてさて、本日は暑くもなく、寒くもない絶好の薪拾い日和です。
予てより下見をしておいた現場にSさんの軽トラでいざ出陣!!
しかし今回は目指す丸太は軽トラがやっと通れる林道の下の斜面ばかりなんです。という事は人力で車道まで担ぎ上げなければなりません!
写真ではそんなに急傾斜に見えませんが登るのも這って上がらなければ登れないような斜面の所々に伐採した丸太が切り株を杭代わりに寝かしてあります。
しかも斜面はブッシュはあるは落葉や枯れ枝でふかふか、全く踏ん張りが利かないんです。
IMG_1239

この丸太でも20kg以上あると思いますが担いで出せるのはこのへんまで、これより重い物や長い物はロープを掛けて2〜3人掛かりで引き上げました。
IMG_1236

軽トラに満載してご満悦! と言うかみんな息切れして動けないだけ?
というような感じですが午前中3往復しました!
IMG_1366

はい、満開の梅の前で今日のメインイベント? BBQパーティです。
午前中、仕事で来られなかったHさんが持って来てくれた牛肉とSさんが用意してくれた鹿肉、そして野菜と野山名産?の巨大椎茸
IMG_1380

鹿肉です。
予想していたよりもジューシーで柔らかい、しかもクセがないんです!
何でも昨年に取れた鹿は山にドングリが豊富にあったので柔らかくておいしいらしいです。
IMG_1246

肉で満腹になった所で恒例のやきそばです。
IMG_1248

焼きそばで毎回活躍するのがこの「千吉」草刈り鎌なんですがこの絶妙な曲がり角度と見た目が非常にワイルドでして山での焼きそばでは常に愛用してます!
IMG_1249

そして食後にもう一回薪拾いを行い、軽トラ4杯分の丸太をゲットできました。
皆様、お疲れさまでした。
今日は平均年齢、約70才の永遠の少年たちのすばらしい一日でした!!
IMG_1381


 

スペシャルランチとJUSTYの改良

今日は長女の知り合いの方が工房へ午後から来られるのでお昼は娘夫婦を交えた小パーティとなりました。
メインディッシュは海老とジャガイモのクリーム煮です。マッシュルームも少し入れてみました。
これ、新聞に載っていたレシピですがとても簡単にできるんです!(1時間もかかりません)しかもおいしい!
IMG_0513

材料は海老、ジャガイモ、タマネギ、牛乳、バター、白ワイン(少々),コンソメの素、塩、胡椒、パセリ(少々)です。
寒い日はストーブで調理して食べる暖かい物が最高ですね!
IMG_0514

そして今日の作業は待ち時間の合間にできるJUSTYのネット張りでした!
これでブレーキを掛けても高く積んだ荷物が運転席や助手席に崩れ落ちて来る心配がなくなりました。
IMG_0515

秋の味覚

今日は月曜日ですが珍しくkazegさんが工房村へ来られました!(別に火曜日しか来てはいけない!という決まりはないんですが・・・笑)
で、お昼に栗ご飯を焚いてそのお相伴にあずかったわけです。
ご招待いただいた私とお向かいのSiさんは自分の昼ご飯を食べた直後でしたが問題なくおなかに収まりました!
春の豆ご飯、初夏のたけのこご飯そして秋の栗ごはん(松茸は高いので・・笑)と、やはり旬の物はおいしいですね。
IMG_0292

そして付け合わせ?に焼きソーセージとシイタケまで用意されてました。
ごちそうさまでした!
kazegさん、いつもありがとうございます。
IMG_0294
 

道路掃除

工房の建物の道路側に竹の落葉と雨で流れた土砂が混じって恐ろしいほど堆積しています。
今年はなぜか竹の枯葉の量がびっくりするほど多かったのですがこれだけの量が溜ってしまうと雨でも流れません!
いつまで経っても乾かず放置しておくと建物が腐ってくるので熊手で掻き出しました。
集めたのがこの山です!高さ30cm以上、長さは3mくらいあります。
陽の当たるところに置いてすこしづつ燃やすしか仕方がないです。
IMG_0231

1時間近く大汗をかきましたが、スッキリ、きれいになりました。
IMG_0233
 

秋の風物詩

工房村へ上る途中の竹林の脇にも1輪だけですが彼岸花が2カ所だけ咲いています。
IMG_0193

花が終わったノボロギクの種子、この白くて長い冠毛で風に乗って遠くまで飛ぶようです。
IMG_0197

今日のお昼は炭火で焼いたサンマを布袋さんにごちそうになりました!
H果樹園のすだちを搾っていただきました。秋空の下で食べる焼きたての秋刀魚は格別です!!
そして今日はkazegさんも来ていたので彼が持って来てくれたレーズンやナッツのたっぷり入ったおいしいパン(写真撮るの忘れた!)までたいらげて、おなかいっぱい!
布袋さん、kazeguさん、ありがとうございました。
IMG_0199

kazegさんが作ってくれたススキの葉のバッタ君、なかなか男前です!
IMG_0211

 

うっとうしい虫!

毎朝晴れた日と天気の良い日は自転車で工房まで通っていますが夏はちょっと憂鬱なんです。
まぁ暑いのは仕方がないとして、いちばん斜度のきつい地獄坂あたりでうるさい虫にまとわりつかれるんです。
この辺りは杉の植林で薄暗く沢筋なので湿気も多く、虫達にとっては絶好のたまり場なんでしょう。
始めはブヨかと思ってましたがそうではなく体長2mmくらいのヒゲブトコバエというハエの仲間ですからブヨのように噛んだり血を吸うわけではありませんが目をめがけて顔の周りをブンブンまとわりついて来るのでうっとうしいことこの上ないんです!
おまけに別名が「クロメマトイ」と言うらしいですが正にそのものズバリですね!
息を吹きかけても平気なので手で追い払うしか手がないわけですが、なんせしつっこい奴らですぐに戻って来たり新手の連中が群がって来たりします。道中でいちばん傾斜のきつい登りですからこれに労力を使うとさらにスピードが落ちて奴らの思うつぼなんです!
27)

ネットで調べますとやはり自転車や登山、渓流釣りの皆さんが苦労していろいろと対処方法を考えておられるようです。

ハッカの臭いが効くとの情報がありハッカ油をヘルメットや帽子の鍔に塗り付けたりハッカスプレーをシャツの肩の部分にスプレーする等工夫しておられるようです。
いろいろな対策の中でフリスクやミンティアの息を吹きかけると効果があるというのが目にとまったのでこれなら値段も安いしミンティアはよく使ってますのでまずこれを試してみようと思いました。
そして思いついたのがこのハッカ飴!!
おなじみ春日井製菓のハッカ飴、一袋¥130〜140で安いしミンティアだとすぐなくなるので急な登りで止まって補給しなければなりませんが、これなら家を出る時に一つ口に放り込んで行けばちょうど工房まで持ちそうです(笑)
IMG_0029
さっそく今朝から試してみました。
今日は昨日に比べて湿度が高く、虫どもには絶好の活動日和とみえて群がって来ましたがハッカ飴の息を吹きかけるとすぐに退散するのです!
新しい奴らがすぐに寄って来ますが手で追い払わなくてもハ〜〜とやるだけでよいのでかなり楽になりました。

当分ハッカ飴は手放せないです!! 
春日井製菓さんに感謝!
36)
 

ガスコンロの風防

毎朝、工房でこのヤカンにいっぱいお茶を沸かしますが今日の風の強い事!
バーナーの火が消えてしまいそうです。室内で湧かすと部屋の中が暑くなるので屋外で湧かすんですが今日は仕方がないので室内で湧かしました。
IMG_9485

それで早速フォールディング式の風防を作りました!
昔、山によく行った時にスエーデン製のガソリンストーブ(オプティマス8R)に合わせてこれのもっと小さい物を3mm厚の合板で作っていましたが今回はコンロに合わせて少し大きく、しかも少しファッショナブルにしてみました(笑)
内面は銀のラッカースプレー、外は工房の窓廻りに塗ったダスティグリーンの水性塗料です。
IMG_9486

折り畳むとこんなにコンパクトになります。
これで明日から風が強くても一安心!
IMG_9487

ヒンジに使ったのは3Mスコッチのダクトシールテープ(強力多用途補修テープ)です。
これは先日の集塵システム改良でダクトの接続部に使ったテープの残りですが一般的な布入りガムテープより柔軟性が良く、ポリエチレンベースのテープにポリエステルのメッシュが織り込まれているので耐久性にも優れているようです。また耐水性もあります。
ダクトのつなぎ目で段差や溝のある部分でもガムテープに比べてしなやかに対応してくれます。
色もメタリックでなかなかいいんですが値段が高いのが玉に傷です!
IMG_9489
 
プロフィール

野山のおるごーる仙...

ギャラリー
  • 真オーバルボックスの製作-12
  • 真オーバルボックスの製作-12
  • 真オーバルボックスの製作-11
  • 真オーバルボックスの製作-11
  • 真オーバルボックスの製作-11
  • 真オーバルボックスの製作-11
  • 真オーバルボックスの製作-11
  • 真オーバルボックスの製作-11
  • 契り溝加工ジグ
最新コメント